広告あり

DGFT請求書カード払いは怪しいサービスか?違法ではない?

DGFT

DGFT請求書カード払いは、怪しいサービスではありません。

実際に、デジタルガレージとJCBが共同で開発し、2022年11月よりサービスを開始しています。

DGFT請求書カード払いは、普段使っている法人カードやクレジットカードをそのまま使って、請求書の支払いを最大60日延長できる新しい資金繰り改善サービスです。

JCBグループのカード発行会社のカード会員向けのB2B決済サービスとして提供されているため、安心して利用することができます。

DGFT請求書カード払いは、中小企業経営者にとって便利な資金調達手段として、今後の普及が期待されます。

すぐ決済、後で支払い!カード一枚で、資金繰りの心配を安心に変える方法をご紹介

クレジットカードの利用価値が最大限アップする「支払い.COM」サービス概要

✅クレジットカードで請求書の即時決済が可能で、支払いは最大60日後まで延期

✅書類提出や審査や面談は不要で、セゾンカード、Mastercard、VISAなど多様なカードに対応

✅資金繰りの悩みを解消し、ビジネスに集中できるサービス、振込名義の自由な設定もプライバシーを保護


請求書をカードで決済する >

DGFT請求書カード払いの違法性について

DGFT請求書カード払いは、中小企業が資金繰りを改善するために提供されているサービスであり、違法性はありません

このサービスでは、普段使っているクレジットカードを使って請求書の支払いを最大60日延長することができます。

与信審査が不要で手軽に利用でき、決済額に応じてカードのポイントも貯まることから、資金調達の手段として注目を集めています。

このサービスは、企業間の取引に特化しており、クレジットカードを所有していれば利用することができます。

そのため、違法性はありませんが、利用にあたっては利用規約や契約内容を確認することが重要です。

また、利用には手数料がかかるので、利用前に事前に確認することが必要です。

DGFT請求書カード払いは、中小企業の資金繰り改善の手段として注目を集めています。

DGFT請求書カード払いの安全性について

DGFT請求書カード払いの安全性について詳しく解説します。

この支払い方法の信頼性、セキュリティ、そして利用者が留意すべき事項を深く掘り下げ、安心して利用できる基盤が整っているかを検証します。

1. 運営会社の信頼性

DGFT請求書カード払いは、株式会社デジタルガレージが運営しています。

デジタルガレージは、東証プライムに上場しており、通信や決済の分野で豊富な実績とノウハウを持つ企業です。

この背景から、運営会社の信頼性は非常に高く、安心してサービスを利用できることが保証されます。

デジタルガレージの信頼性について

デジタルガレージは、その長い歴史と多くの成功事例を通じて、業界内で高い評価を受けています。

上場企業としての透明性と責任を持ち、顧客の信頼を第一に考えた運営を行っています。

2. 決済システムのセキュリティ

DGFT請求書カード払いの決済システムは、株式会社DGフィナンシャルテクノロジーが運営するVeriTrans4Gを採用しています。

このシステムは、PCI DSSに準拠した高度なセキュリティ体制を備え、クレジットカード情報の盗用や不正利用を防ぐ設計になっています。

3Dセキュア 2.0による保護

加えて、DGFT請求書カード払いでは、カード情報の盗用やなりすましを防ぐために、最新の本人認証サービスである3Dセキュア 2.0を導入しています。

これにより、カード会員本人が生成するワンタイムパスワードを用いて、本人認証を行うことで、セキュリティを一層強化しています。

3. 利用者の注意事項

安全な決済を行うためには、利用者自身の注意も不可欠です。

以下に、DGFT請求書カード払いを利用する際の重要な注意点を挙げます。

請求書の正確性の確認

・取引先からの正式な請求書のみを登録し、金額や内容に誤りがないかを必ず確認してください。

支払い期限の遵守

・請求書の支払い期限は厳守し、遅延による不利益を避けるために適時の対応を心がけましょう。

総合的に判断すると、DGFT請求書カード払いの安全性は極めて高く、運営会社の信頼性、決済システムのセキュリティ、そして利用者の適切な注意によって、安心して利用できることが確認できます。

資金繰りの心配を安心に変える「支払い.COM」
無料登録はこちら >

DGFT請求書カード払いの法的根拠

DGFT請求書カード払いは、法人カードを利用して請求書の支払いを最大60日延長できる新しい資金繰り改善サービスです。

DGFT請求書カード払いは、中小企業にとって手軽で、与信審査もなく、ポイント還元も受けられるため、ファクタリングよりも手数料が安く、効率的な資金調達手段となっています。

DGFT請求書カード払いは、B2B向けのカード決済事業であり、クレジットカードやその取引データを活用した資金繰りや事業効率の改善などに資するDX・フィンテック事業領域の金融サービス群の1つです。

DGFT請求書カード払いにおける法的根拠については、クレジットカードを利用することになるため、カード発行会社が定める利用規約に従う必要があります。

また、支払い期日が延長されるため、請求書の内容や支払い期日に関する契約書など、事前に確認する必要があります。

DGFT請求書カード払いは、クレジットカードを利用して手軽に資金繰りを改善することができるため、中小企業にとっては有用なサービスです。

しかし、利用する際には、カード発行会社が定める利用規約や契約書などの内容を事前に確認することが大切です。

DGFT請求書カード払いの評判・口コミの記事はこちら

DGFT請求書カード払いのよくある質問

DGFT請求書カード払いのよくある質問を、公式サイトより引用してご紹介します。

Q誰でも利用できるのでしょうか?
Aカードをお持ちの法人のみご利用可能です。個人事業主や個人の方のご利用については現在準備中です。

Q利用できるカードの条件はありますか?
AJCB/Visa/Mastercardブランドのカードでご利用いただけます。

Qサービス利用時の事前書類提出はありますか?
A事前の書類提出は不要です。カードとカード支払いに切替えたい請求書をご用意ください。

Qサービス利用料金体系について教えて下さい
Aカード支払いに切替えた請求金額(税抜)の4%が利用手数料となります。
※振込金額が1万円以下の場合は、利用手数料は一律300円(税抜)となります。

Qカード支払いできる金額(税込)の上限や下限はありますか?
A本サービスにおける上限、下限の設定はございません。ご利用されるカードの利用限度内の範囲でご利用可能です。

Q振り込み名義人を利用者側で指定することはできますか?
Aはい、お客様専用ページにてカード支払い申請を行う際に、振り込み名義人を任意で指定することが可能です。

Qカード支払い後、振り込みはいつ実行されますか?
A10日、20日、末日から選択できます。
ただし、振り込み日が、土日・祝日の場合は、前営業日に振り込みを行います。

Q支払い対象として利用できる請求書に制限はありますか?
A日本国内の法人が発行する請求書に限られます。
海外企業や国内の個人事業主が発行した請求書ではご利用いただけません。

DGFT請求書カード払いの会社概要

DGFT請求書カード払いの会社概要をご紹介します。

社名

株式会社デジタルガレージ

所在地

設立

1995年8月17日

TEL

03-6367-1111

FAX

03-6367-1119

上場市場

東京証券取引所 プライム市場 [証券コード4819]

収益(連結)

72,955百万円(2022年3月期)

税引前利益(連結)

45,393百万円(2022年3月期)

親会社の所有者に帰属する当期利益(連結)

30,149百万円(2022年3月期)

資本合計

97,217百万円(2022年3月期)

発行済株式総数

47,482,800株(2022年3月期)

決算期日

3月31日

グループ

DGFT請求書カード払いに関する想定されるトラブル事例

産業用機械メーカーの場合

・カード支払いの手数料が高いため、支払い額が大きい場合は割高になる可能性がある。支払い前に手数料の確認が必要。

・支払い先の銀行口座をカードで払えるように切り替えた場合、誤って複数回払い込んでしまったというトラブルが起こり得る。支払い前に払込履歴を確認し、誤って複数回払い込んでしまわないように注意が必要。

小売店の場合

・カード情報を受け取る段階で、不正アクセスによる情報漏洩のリスクがあるため、セキュリティ対策を徹底する必要がある。

・カード払いに対応しているため、不正利用のリスクがある。クレジットカード会社と連携して、不正利用の早期発見・対応策を打つことが必要。

建設業の場合

・作業現場などでカード決済ができない場合があるため、支払い前にカードで払えるかどうか確認が必要。

・工事の進行に応じて支払いが行われるため、支払いが遅れた場合、作業が進まず、工期に影響が出る可能性がある。支払いの管理に注意が必要。

広告代理店の場合

・支払いが遅れた場合、広告の掲載が遅れる可能性がある。支払いの期限を把握し、管理に注意が必要。

・支払い先が複数の場合、カード払いにする際に支払先を誤ってしまう可能性がある。支払い前に支払先を確認し、誤りがないようにすることが必要。

飲食店の場合

・カード決済手数料が高いため、支払い額が大きい場合は割高になる可能性がある。支払い前に手数料の確認が必要。

・カード払いによって、飲食代金を差し引いた金額が入金されるまでに時間がかかるため、経費の管理に注意が必要。

突発的なトラブルで急遽資金が必要になった
需要期の波で定期的に資金不足
金融機関の借り入れよりも早く資金を調達したい
仕入れや投資のスピードを上げたい

あらゆる請求書をカード払いで解決できる、新サービスをおススメします。

すぐ決済、後で支払い!カード一枚で、資金繰りの心配を安心に変える方法をご紹介

クレジットカードの利用価値が最大限アップする「支払い.COM」サービス概要

✅クレジットカードで請求書の即時決済が可能で、支払いは最大60日後まで延期

✅書類提出や審査や面談は不要で、セゾンカード、Mastercard、VISAなど多様なカードに対応

✅資金繰りの悩みを解消し、ビジネスに集中できるサービス、振込名義の自由な設定もプライバシーを保護


請求書をカードで決済する >

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細