広告あり

DGFT請求書カード払いで先延ばしできる?現金不足でも最大60日間

DGFT

DGFT請求書カード払いは、現金不足で支払いが差し迫った請求書に対して、最大60日間の支払い延期を可能にする決済方法です。

この記事では、DGFT請求書カード払いによる支払い延期のメリットや注意点について解説します。

DGFT請求書カード払いで支払い期限を先延ばしできる理由は、サービス会社が支払いを代行するためです。

サービス会社が請求書の支払いを行い、代わりに利用者に請求することで、現金不足による支払い遅延や債務不履行のリスクを回避できます。

また、カード払いによって、現金を用意する手間や時間を省くことができるため、経理業務の効率化にもつながります。

DGFT請求書カード払いは、現金不足で支払いが差し迫った請求書に対して、最大60日間の支払い延期を可能にする決済方法です。

中小企業経営者は、資金繰りの解決策として、DGFT請求書カード払いの利用を検討してみることをおすすめします。

\ あらゆる請求書の支払期日を最大60日間先延ばし /

DGFTカード払いのカンタン無料登録はこちら!

DGFT請求書カード払いで支払いを先延ばしできる理由

DGFT請求書カード払いは、資金ショートに陥ってしまった中小企業にとって、支払い先に先延ばしをお願いすることなく、スムーズな支払いができる選択肢として注目されています。

DGFT請求書カード払いで支払いを先延ばしできる理由について詳しく解説します。

サービス会社が代わりに支払ってくれる

DGFT請求書カード払いでは、請求書をサービス会社が代わりに支払ってくれます。

そのため、支払い期限に追われることなく、クレジットカード会社が設定する最大60日間の支払い猶予期間を活用して、自社の資金繰りを調整することができます。

現金不足をカバーすることができる

現金が不足している場合、請求書の支払いを現金で行うことができなくなってしまいますが、

DGFT請求書カード払いを利用することで、現金不足をカバーすることができます。

カード払いであれば、支払いに必要な現金を用意する必要がなく、資金繰りに苦しんでいる中小企業にとっては非常に有益な手段となります。

振込手数料や振替手数料が不要

請求書を支払う際には、振込手数料や振替手数料が発生することがありますが、DGFT請求書カード払いを利用することで、これらの手数料を回避することができます。

手数料を削減することで、より効率的な資金管理が可能になります。

以上のように、DGFT請求書カード払いは支払い先に先延ばしをお願いするこ支払先に対して先延ばしをお願いする場合、信頼関係が重要となります。

支払い先にとっても、現金が必要な時にすぐに入手できるため、支払期限に遅れることがなくなります。

つまり、DGFT請求書カード払いは、取引先との信頼関係を維持しつつ、支払い先にもメリットがあるため、支払いを先延ばしするための一つの手段として有効です。

DGFT請求書カード払いの評判も参考になると思います。

DGFT請求書カード払いの最大60日間の利用方法

DGFT請求書カード払いは、中小企業経営者にとって資金繰りにおいて非常に有用なツールの一つです。

なぜなら、現金不足による支払いトラブルを回避することができるだけでなく、最大60日間の支払い猶予があるため、追加の資金調達が必要なく、経営の継続性を確保できるからです。

では、DGFT請求書カード払いの最大60日間の利用方法について、詳しく見ていきましょう。

この60日間は、資金繰りが厳しい場合に支払い先に対して、請求書の支払いを最大60日間まで先延ばしすることができる期間となります。

DGFT請求書カード払いを利用して、支払い期限を60日間まで先延ばしすることができます。

ただし、注意点としては、DGFT請求書カード払いは、手数料が発生するため、利用時には手数料についても確認する必要がある点です。

以上のように、DGFT請求書カード払いを利用することで、最大60日間の支払い猶予を得ること

ができます。

しかし、その利用方法にはいくつかの注意点があります。

まず、支払い猶予を得るためには、利用者側がサービス会社に支払いを依頼する必要があります。

つまり、自動的に支払いが延期されるわけではありません。

支払い期限が迫っている場合は、早めにカード会社に連絡して手続きを行うことが重要です。

また、支払い猶予が利用できるのは、あくまでも「最大60日間」という限定された期間のみです。

支払い期限を厳守することが大切です。

さらに、支払い猶予を利用する場合には、手数料が発生します。

以上のように、最大60日間の支払い猶予を利用することは、中小企業の資金繰りには非常に有効な手段です。

しかし、利用する際には注意点をしっかりと把握して、賢く利用するようにしましょう。

DGFT請求書カード払いを活用した資金繰りの事例(利用シーン)

中小企業にとって、資金繰りは重要な問題です。

支払い期限が差し迫った請求書がある場合、手元に現金がなく、支払いに苦しむことがあります。

そこで、DGFT請求書カード払いを活用して、資金繰りをスムーズにする事例を紹介します。

医療機関

ある医療機関では、医療機器の購入に多額の資金が必要で、資金繰りに苦しんでいました。

そこで、DGFT請求書カード払いを利用して、支払い期限を最大60日間延ばすことができました。

その間に得られた収益で、資金繰りを回すことができました。

建設業

ある建設業では、資金繰りに苦しんでいました。

特に、建設中の工事に必要な原材料の仕入れや職人の給与支払いなどで現金が不足し、支払い期限が迫った請求書に対応することが困難になっていました。

そこで、DGFT請求書カード払いを利用することで、支払い猶予期間を得ることを検討しました。

建設業では、工事の進行に応じて支払いが行われるため、支払いのタイミングが不確定要素となります。

そのため、建設業のような現場での支払いは、予算管理が難しく、現金繰りの負担が大きいという特徴があります。

そこで、DGFT請求書カード払いの利用を検討しました。

ある工事について、仕入先から請求書が届き、支払い期限が迫っている状況でした。

しかし、建設業では、工事の進行に応じて支払いが行われるため、支払いタイミングが不確定要素となり、現金の調達が困難でした。

そこで、DGFT請求書カード払いを利用することで、最大60日間の支払い猶予期間を得ることができました。

人材派遣業

ある人材派遣業では、大口のクライアントからの請求書が多数発生し、資金繰りに苦しんでいました。

しかも、支払期限が近い請求書が重なっていたため、現金不足が深刻化していました。そこで、DGFT請求書カード払いを活用することで、最大60日間の支払い猶予を得ることができ、現金繰りの改善に成功しました。

また、カード払いなので現金管理の手間も省け、経理作業の効率化にもつながりました。

不動産業

ある不動産業では、多くの物件を所有しており、それぞれに関連する請求書が発生していました。

資金繰りに苦しんでいたため、DGFT請求書カード払いを利用することで、最大60日間の支払い猶予を得ることができ、現金繰りの改善につながりました。

また、カード払いなので、請求書の管理も一元化でき、経理作業の効率化にもつながりました。

DGFT請求書カード払いのよくある質問!

DGFT請求書カード払いのよくある質問を、公式サイトより引用してご紹介します。

Q誰でも利用できるのでしょうか?
Aカードをお持ちの法人のみご利用可能です。個人事業主や個人の方のご利用については現在準備中です。

Q利用できるカードの条件はありますか?
AJCB/Visa/Mastercardブランドのカードでご利用いただけます。

Qサービス利用時の事前書類提出はありますか?
A事前の書類提出は不要です。カードとカード支払いに切替えたい請求書をご用意ください。

Qサービス利用料金体系について教えて下さい
Aカード支払いに切替えた請求金額(税抜)の4%が利用手数料となります。
※振込金額が1万円以下の場合は、利用手数料は一律300円(税抜)となります。

Qカード支払いできる金額(税込)の上限や下限はありますか?
A本サービスにおける上限、下限の設定はございません。ご利用されるカードの利用限度内の範囲でご利用可能です。

Q振り込み名義人を利用者側で指定することはできますか?
Aはい、お客様専用ページにてカード支払い申請を行う際に、振り込み名義人を任意で指定することが可能です。

Qカード支払い後、振り込みはいつ実行されますか?
A10日、20日、末日から選択できます。
ただし、振り込み日が、土日・祝日の場合は、前営業日に振り込みを行います。

Q支払い対象として利用できる請求書に制限はありますか?
A日本国内の法人が発行する請求書に限られます。
海外企業や国内の個人事業主が発行した請求書ではご利用いただけません。

DGFT請求書カード払いの会社概要!

DGFT請求書カード払いの会社概要をご紹介します。

社名

株式会社デジタルガレージ

所在地

設立

1995年8月17日

TEL

03-6367-1111

FAX

03-6367-1119

上場市場

東京証券取引所 プライム市場 [証券コード4819]

収益(連結)

72,955百万円(2022年3月期)

税引前利益(連結)

45,393百万円(2022年3月期)

親会社の所有者に帰属する当期利益(連結)

30,149百万円(2022年3月期)

資本合計

97,217百万円(2022年3月期)

発行済株式総数

47,482,800株(2022年3月期)

決算期日

3月31日

グループ

中小企業経営者が支払いトラブルを回避する方法

中小企業経営者にとって、支払いトラブルは避けられない課題の一つです。

特に、手元の現金が支払いに十分でない場合は、支払いを延期するか、支払い能力があるかどうかを検討する必要があります。

しかし、支払いトラブルは企業イメージや信用に大きな影響を与えるため、事前の対策が必要です。

中小企業経営者が支払いトラブルを回避する方法について紹介します。

支払いトラブルとは

支払いトラブルとは、請求書の支払期限を過ぎた場合や、支払能力がなく支払いが遅れる場合に発生します。

遅延損害金の請求や裁判に発展することもあり、企業にとって深刻な問題となります。

また、支払いトラブルが発生すると、取引先から信用を失い、今後の取引にも影響を及ぼすことがあります。

支払いトラブルの原因と対策

支払いトラブルの原因は、以下のようなものがあります。

資金繰りの悪化
請求書の確認不足
請求書の不備
経営者の怠慢

これらの原因を解消するためには、以下のような対策があります。

資金繰りの改善

資金繰りが悪化している場合には、早急な改善が必要です。

融資や創意工夫による資金調達、売掛金の早期回収など、様々な方法があります。

請求書の確認

請求書の支払期限や金額を確認し、支払いに必要な書類が揃っているか確認することが重要です。

特に、支払い先の口座番号や支払い方法を誤ることのないよう事前に確認することが重要です。

また、支払いが差し迫っている場合は、支払い期限を先延ばしすることができる場合があります。

取引先とのコミュニケーションを大切にし、支払いトラブルを未然に防ぐように努めることが求められます。

請求書の管理にも注意

さらに、支払いトラブルを回避するためには、請求書の管理にも注意が必要です。

請求書は正確かつ適切に作成され、紛失や誤送付を防止するために適切な保管場所に保管されるべきです。

また、請求書の状況に合わせた適切なフォローアップを行い、支払いトラブルを未然に防ぐことができます。

さらに、資金繰りを改善するためには、受注の段階での支払い条件の交渉や、請求書発行後の早期債権回収なども重要です。

資金繰りに関する情報収集や、専門家のアドバイスを活用することも、支払いトラブルを回避するために有効な手段となります。

以上のように、中小企業経営者が支払いトラブルを回避するためには、請求書や支払いに関する情報の正確な管理と、適切なフォローアップ、さらには資金繰りの改善策を考えることが必要です。

取引先とのコミュニケーションを重視し、支払いトラブルを未然に防ぐよう努めましょう。

突発的なトラブルで急遽資金が必要になった
需要期の波で定期的に資金不足
金融機関の借り入れよりも早く資金を調達したい
仕入れや投資のスピードを上げたい

あらゆる請求書をカード払いで解決できる、新サービスをおススメします。

支払い.COMカード払い

セゾンカードが利用できるサービスです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短翌日(セゾンカード・UPSIDERカード)
・利用手数料 4%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード セゾンカード、Visa、Mastercard
・運営会社 株式会社UPSIDER 株式会社クレディセゾン(セゾンカード)

DGFT請求書カード払い

当サイト一押しのカード払いサービスです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短3営業日
・利用手数料 3%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード JCB/Visa/Mastercard/Diners Club
・運営会社 株式会社デジタルガレージ 株式会社JCB

ラボルカード払い

フリーランス・個人事業主限定のカード払いです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短1営業日
・利用手数料 3~3.5%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード Visa、Mastercard、JCB
・運営会社 株式会社ラボル 株式会社オリエントコーポレーション

INVOYカード払い

入出金管理サービスINVOYの「カード払い」です。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短3営業日
・利用手数料 3%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード Visa、Mastercard、JCB
・運営会社 FINUX株式会社 ライフカード株式会社

三井住友カード 請求書支払い代行サービス

三井住友カードのカード払いです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大40日間
・資金調達時間 最短5営業日
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード 国内発行のVisa、Mastercardブランドのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
・運営会社 三井住友カード株式会社 NTTコムウェア株式会社