広告あり

DGFT請求書カード払いは、資金ショートして苦しい時におすすめ!

DGFT

中小企業経営者の皆さん、資金繰りに困ったことはありませんか?

支払いが差し迫った請求書があるけれども、手元には十分な現金がなく、資金繰りに苦しんでいる方も多いかもしれません。

そんな時は、DGFT請求書カード払いがおすすめです!

この方法は、クレジットカードを利用して請求書の支払いを行うことができるため、現金が不足している場合でも支払いが可能です。

今回は、中小企業経営者の方々に向けて、DGFT請求書カード払いの特徴と利用事例について、分かりやすくご紹介します。

すぐ決済、後で支払い!カード一枚で、資金繰りの心配を安心に変える方法をご紹介

クレジットカードの利用価値が最大限アップする「支払い.COM」サービス概要

✅クレジットカードで請求書の即時決済が可能で、支払いは最大60日後まで延期

✅書類提出や審査や面談は不要で、セゾンカード、Mastercard、VISAなど多様なカードに対応

✅資金繰りの悩みを解消し、ビジネスに集中できるサービス、振込名義の自由な設定もプライバシーを保護


請求書をカードで決済する >

DGFT請求書カード払いが資金ショート解決策として適している理由

中小企業にとって資金繰りは、事業を継続する上で欠かせない課題です。

そんな中、DGFT請求書カード払いが注目されています。

DGFT請求書カード払いが資金ショート解決策として適している理由について、以下で詳しく解説します。

DGFT請求書カード払いのメリット

DGFT請求書カード払いは、取引先から送られてきた請求書をクレジットカードで支払うことができるサービスです。

資金繰りが厳しい中小企業にとって、DGFT請求書カード払いが適している理由は以下のようなメリットがあるためです。

現金を用意する必要がない

DGFT請求書カード払いを利用することで、現金を用意する必要がありません。

支払いに必要な資金は、クレジットカードの利用限度額内であれば、いつでも利用することができます。そ

のため、急な支払いにも柔軟に対応することができます。

手続きが簡単で迅速

DGFT請求書カード払いは、取引先から送られた請求書をスキャンまたは写真に撮ってアップロードするだけで手続きが完了します。

手続きが簡単であるため、迅速に支払いを行うことができます。

信用情報に影響しない

DGFT請求書カード払いは、サービス会社が請求書の支払いを代行するため、支払いが遅れることによる信用情報への影響がありません。

そのため、支払いトラブルを回避することができます。

以上のように、DGFT請求書カード払いは、現金を用意する必要がなく、早期債権回収が可能であり、資金ショートして苦しい時に助けとなる決済方法です。

また、サービス会社が行うリスク管理により、支払いトラブルが起こる可能性が低くなります。

さらに、カード払いによる支払いの場合、支払い期限が延びることもありません。

これにより、資金繰りがよりスムーズに行えます。

DGFT請求書カード払いは、資金ショート解決策として適している理由がいくつかありますが、利用するには注意点もあります。

例えば、利用限度額を超える金額の支払いには対応できないため、十分な枠を確保しておくことが必要です。

また、クレジットカードの利用には手数料が発生するため、支払い手数料に注意することも大切です。

しかし、これらの注意点を踏まえても、DGFT請求書カード払いは中小企業にとって非常に有効な資金繰り解決策となることがあります。

そのため、中小企業経営者が今一度、自社の資金繰りの見直しを行い、DGFT請求書カード払いを積極的に活用していくことをおすすめします。

DGFT請求書カード払いを使った資金繰りの事例

DGFT請求書カード払いは、現金を用意しなくても取引先の請求書を支払うことができるため、資金繰りに苦しむ中小企業にとって大きな助けとなる決済方法です。

以下では、実際の業種や状況に応じたDGFT請求書カード払いの事例を5つ紹介します。

資金繰りに苦しむ飲食店の事例

ある飲食店では、新型コロナウイルスの影響により客数が減少し、資金繰りに苦しむ状況に陥っていました。

そこで、取引先からの請求書をDGFT請求書カード払いで支払うことで、現金の出費を抑えることができました。

資金繰りが厳しい小売店の事例

ある小売店では、大量の在庫を抱えているため、資金繰りが厳しい状況にありました。

しかし、取引先からの請求書をDGFT請求書カード払いで支払うことで、現金の出費を最小限に抑えることができました。

資金調達に苦しむ製造業の事例

ある製造業では、製品を生産するために必要な原材料の仕入れ資金が不足している状況にありました。

そこで、取引先からの請求書をDGFT請求書カード払いで支払うことで、現金の出費を抑えながら仕入れ資金を確保することができました。

多額の請求書が重なり資金ショートに陥った事例

あるIT企業では、大口のクライアントからの請求書が重なり、一時的に資金ショートに陥っていました。

支払い期限が差し迫っており、現金を用意することが困難な状況でしたが、DGFT請求書カード払いを利用することで解決しました。

このIT企業は、DGFT請求書カード払いを利用することで、クライアントからの請求書をすぐにキャッシュバックし、現金を用意する必要がありませんでした。

また、カード決済なので、支払い期限までにお金を用意する必要もありませんでした。

さらに、サービス会社が一括払いでクライアントからの請求書をまとめて支払ってくれるため、手間や手数料も削減できました。

このように、DGFT請求書カード払いは、大口のクライアントからの多額の請求書が重なった場合でも、迅速かつスムーズな支払いを行うことができます。

資金ショートに陥った場合でも、現金を用意する必要がないため、中小企業経営者にとって非常に有効な資金繰りの解決策となります。

DGFT請求書カード払いの評判・口コミの記事はこちら

DGFT請求書カード払いのよくある質問

DGFT請求書カード払いのよくある質問を、公式サイトより引用してご紹介します。

Q誰でも利用できるのでしょうか?
Aカードをお持ちの法人のみご利用可能です。個人事業主や個人の方のご利用については現在準備中です。

Q利用できるカードの条件はありますか?
AJCB/Visa/Mastercardブランドのカードでご利用いただけます。

Qサービス利用時の事前書類提出はありますか?
A事前の書類提出は不要です。カードとカード支払いに切替えたい請求書をご用意ください。

Qサービス利用料金体系について教えて下さい
Aカード支払いに切替えた請求金額(税抜)の4%が利用手数料となります。
※振込金額が1万円以下の場合は、利用手数料は一律300円(税抜)となります。

Qカード支払いできる金額(税込)の上限や下限はありますか?
A本サービスにおける上限、下限の設定はございません。ご利用されるカードの利用限度内の範囲でご利用可能です。

Q振り込み名義人を利用者側で指定することはできますか?
Aはい、お客様専用ページにてカード支払い申請を行う際に、振り込み名義人を任意で指定することが可能です。

Qカード支払い後、振り込みはいつ実行されますか?
A10日、20日、末日から選択できます。
ただし、振り込み日が、土日・祝日の場合は、前営業日に振り込みを行います。

Q支払い対象として利用できる請求書に制限はありますか?
A日本国内の法人が発行する請求書に限られます。
海外企業や国内の個人事業主が発行した請求書ではご利用いただけません。

DGFT請求書カード払いの会社概要

DGFT請求書カード払いの会社概要をご紹介します。

社名

株式会社デジタルガレージ

所在地

設立

1995年8月17日

TEL

03-6367-1111

FAX

03-6367-1119

上場市場

東京証券取引所 プライム市場 [証券コード4819]

収益(連結)

72,955百万円(2022年3月期)

税引前利益(連結)

45,393百万円(2022年3月期)

親会社の所有者に帰属する当期利益(連結)

30,149百万円(2022年3月期)

資本合計

97,217百万円(2022年3月期)

発行済株式総数

47,482,800株(2022年3月期)

決算期日

3月31日

グループ

中小企業が資金ショートに陥る理由と対策

中小企業にとって、資金繰りは経営の基盤であり、その安定的な運営にとって欠かせない要素です。

しかし、中小企業は資金調達に対して限られた選択肢しかなく、資金ショートに陥りやすい傾向があります。

中小企業が資金ショートに陥る理由とその対策を紹介します。

原因

取引先の支払い遅延

中小企業は大手企業に比べて、取引先の支払い遅延によって資金ショートに陥る可能性が高くなっています。

大手企業との取引では、支払い期限を過ぎても支払われない場合があるため、中小企業は支払いを待つしかありません。

これが続くと、資金繰りに影響を及ぼし、業務の継続が難しくなる場合があります。

売上不振

中小企業にとって、業績不振は致命的な問題です。

売上不振が続くと、収益が減少し、資金ショートに陥る可能性が高まります。

業績不振を防ぐためには、競合優位性を確保することや、マーケティング戦略の見直しなど、多角的なアプローチが必要です。

資金調達が難しい

中小企業には、資金調達が難しいという問題があります。

銀行からの融資を受けることができない場合や、投資家からの出資を受けることができない場合、資金調達が困難になります。

その結果、事業拡大や新規事業の立ち上げができず、資金ショートに陥る可能性が高まります。

対策

受注管理を徹底する

中小企業が資金ショートに陥る原因の一つに、取引先の支払い遅延があります。

この問題を解決するためには、受注管理を徹底することが必要です。

資金計画を立てる

支払い条件をしっかりと確認し、それに合わせた資金計画を立てることも重要です。

例えば、支払期限が30日後となっている場合、30日後に支払うためには当然のことながら資金が必要となります。

このように、支払条件を無視して受注をしてしまうと、支払い期限が迫って資金不足に陥り、結果的に支払いが遅れてしまうこともあります。

そのため、受注をする前に支払条件を確認し、資金計画を立てることが必要です。

分割払いやローンを利用

また、受注金額が大きく、一度に支払えない場合は、分割払いやローンを利用することも考えられます。

ただし、分割払いやローンを利用する場合には、金利や手数料などの負担が生じることにも注意が必要です。

適切な金融商品を選択し、負担を最小限に抑えることが大切です。

融資を受ける

また、資金調達のためには、融資を受けること融資を受けるも一つの手段です。

ただし、融資を受けるには、信用力や返済能力を証明する必要があります。

そのため、資金調達を検討する場合には、事前に財務状況の整理や資金計画の立案、財務諸表の作成などが必要となります。

収支バランスを改善

また、資金ショートを回避するためには、事業の効率化や収益の増大など、収支バランスを改善する施策の実施も必要です。

例えば、無駄な経費の削減や新規顧客の獲得、商品やサービスの品質向上などが考えられます。

以上のように、資金ショートに陥る理由は様々ですが、受注や支払条件の確認、資金計画の立案、適切な金融商品の選択、事業の効率化や収益の増大など、様々な施策を実施することで資金ショートを回避することができます。

突発的なトラブルで急遽資金が必要になった
需要期の波で定期的に資金不足
金融機関の借り入れよりも早く資金を調達したい
仕入れや投資のスピードを上げたい

あらゆる請求書をカード払いで解決できる、新サービスをおススメします。

支払い.COMカード払い

セゾンカードが利用できるサービスです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短翌日(セゾンカード・UPSIDERカード)
・利用手数料 4%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード セゾンカード、Visa、Mastercard
・運営会社 株式会社UPSIDER 株式会社クレディセゾン(セゾンカード)

DGFT請求書カード払い

当サイト一押しのカード払いサービスです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短3営業日
・利用手数料 3%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード JCB/Visa/Mastercard/Diners Club
・運営会社 株式会社デジタルガレージ 株式会社JCB

ラボルカード払い

フリーランス・個人事業主限定のカード払いです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短1営業日
・利用手数料 3~3.5%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード Visa、Mastercard、JCB
・運営会社 株式会社ラボル 株式会社オリエントコーポレーション

INVOYカード払い

入出金管理サービスINVOYの「カード払い」です。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短3営業日
・利用手数料 3%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード Visa、Mastercard、JCB
・運営会社 FINUX株式会社 ライフカード株式会社

三井住友カード 請求書支払い代行サービス

三井住友カードのカード払いです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大40日間
・資金調達時間 最短5営業日
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード 国内発行のVisa、Mastercardブランドのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
・運営会社 三井住友カード株式会社 NTTコムウェア株式会社

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細