広告あり

中小企業の7割が、赤字で経営しているって本当 ?黒字化するにはどうする?債務超過も解消!

中小企業経営のヒント

中小企業は、日本全体の企業の99%以上を占めています。

そして、そのうちの7割が赤字で経営しているのは本当です。

また、中小企業に雇用されてる人は、約3200万人と言われています。

日本の経済を支えているのが、特に雇用の面から中小企業であることは明らかです。

ただ、その7割が赤字になっているということで、多くの人が不安を感じるというのもうなづけます。

中小企業が赤字な理由

多く紹介されるデータでは、中小企業の7割超が赤字というのは事実のようです。

この7割という数字は、海外企業と比べてもかなり高くなってます。

中小企業が赤字になるのは、一つは利益率が低いこと。

経営能力や経営資源が乏しいこと。

中小企業に対する支援が足りていないこと。

が挙げられるでしょう。

どちらかと言うと、日本国内では大企業が優遇されていて、中小企業がに対する支援が不足しているように感じている、中小企業経営者が多いのではないでしょうか。

赤字経営は苦しい

企業が赤字になっている場合、事業を進めていく上で銀行などから融資を受けて資金を調達するケースが多いと思われます。

一時的にも資金繰りがうまくいったとしても、赤字が続いていくと借入金の利子の返済も難しくなってきます。

売上が上がったとしても、人件費や営業の経費を使った残りの多くで、借入金の利子の返済をするという状況に追い込まれている企業も多いでしょう。

業務改善を図ることによって、このような状況からは早く脱却する必要があります。

赤字でも雇用維持が必要

赤字であっても、中小企業が事業を継続していかなくてはならないのは、雇用を維持することが大事だからです。

約3200万人という中小企業に勤める人たちの、生活を考えるのであれば、雇用維持が求められるのです。

補助金や金融機関等の返済猶予などを行うことによって、なんとかして赤字でも経営していくことが必要になります。

日本経済が停滞する中 、コロナウィルスの感染拡大などの影響もあって、赤字企業が増加が考えられます。

このような厳しい中で、いかに雇用を維持するかが、非常に重要な課題となっています。

赤字から脱却して黒字化が望まれる

中小企業の雇用を守ることはとても重要ですが、中小企業経営においては、やはり黒字化を実現する必要があります。

企業経営は、赤字だからといってすぐに倒産に追い込まれるわけではないですが、赤字の状態が長期間続くと、キャッシュフローが回らなくなるならなくなり、倒産に結びつく可能性が高まります。

中小企業としても、キャッシュフローを改善するためにも、早期の黒字化を図る経営が求められます。

経営が赤字のままでは、非常に厳しい状況が続きます。

赤字から抜け出すためにはチャレンジが必要!

なんとか黒字化したいと、考えている経営者が多いのではないでしょうか。

しかし、黒字化するために何をしたらいいのか、具体的な対応策が明確に分かっていない、経営者も多いと思います。

対応策がはっきりしないままだと、赤字が続き倒産になってしまう可能性もあります。

黒字のために何が必要か検討してみます。

赤字が続いてるということは、その経営方法では黒字化が難しいということではないでしょうか。

現状と同じ方法や考え方で、経営を続けていたとしても、黒時化は難しいと思われます。

会社の組織風土を変化させたり、企業文化を変えるというのはそう簡単なことではありません。

ただ、チャレンジをしないで伝統だけを重んじていたのでは、赤字から大きく黒字への転換というのは望めないでしょう。

たとえ、困難であっても今までのやり方を変えて、新しいやり方へ変化していくことが必要です。

そのためには、経営者はそのもそうですが、社員にもチャレンジ精神というものを持たせて、企業が一丸となって変革していくことが求められます。

外部環境の変化に期待しすぎない!

着目すべき項目をピックアップして、うまくいくまでやりぬくことが中小企業としては大事なやり方です。

経営が赤字になっている場合、経営者はこのままではダメだというのは常に感じていることだと思います。

ただ、外部環境が良くなって、例えば景気が回復するなどで業績が良くなると考えるのは危険です。

確かにそのような楽観的なマインドも大切です。

楽観しすぎるとことによって、赤字がさらに増えてしまうケースもあり得ます。

楽観的な気持ちを持ちながらでも、厳しく環境に適応する経営をしていくことが望まれます。

キャッシュフローにも着目しましょう!

企業経営は利益を出すことが目的です。

赤字だからといって、すぐに倒産に結びつくものではありません。

倒産するのは、キャッシュが回らなくなってしまうからです。

利益と共にキャッシュフローについても、高い意識を持つことが経営者には求められます。

ただ、赤字がずっと続く場合は、経営が傾いてしまうことに繋がります。

キャッシュフローも意識しながら、赤字を黒字化するというのが一番の課題として意識しておく必要があります。

危機感を持って経営を進めましょう!

黒字化をしたいのであれば、現状の赤字化から脱出するために、危機感を持つことが求められます。

危機感があれば、変化を恐れないあるいは失敗を怖がらずに、新たばチャレンジができるのではないでしょうか。

まずは変革に向けての第一歩を踏み出すことから、チャレンジしていきましょう。

債務超過を解消する必要があるか?

経済環境が厳しい中、債務超過に陥る中小企業が増えています。

債務超過は、できるだけ早く、解消させることが望ましいです。

今どのようなことが実践できるか解説していきます。

債務超過は純資産よりも負債が余ってる状態です。

その状態では、会社を清算して資産の全てを売却しても、返済できない借入金が残る可能性が高いです。

債務超過を解消しないと、どのようなことが起こるかと言うと、一番は倒産する可能性が高いです。

また、銀行からの借り入れも難しいですし、銀行から借入金の早期回収を求められる場合もあります。

取引先からの信用も失ってしまいます。

この状況ような状況を解消するために、債務超過の状態を早期に解消する必要があります。

債務超過を解消する方法

役員からの借入金を、資本金に振り返る

会社が役員からお金を借りているような状況では、資本金に振り返ることによって債務超過の削減になります。

借入金であると利子支払いが必要です。

役員とっては会社に対する影響力を強めることができます。

確かに貸し付けていたものが、返済してもらえなくなる可能性は高いです。

債務超過のままでは、企業倒産もありえ、貸してあるお金は戻る可能性は低いです。

使っていない資産を売却する

使っていない資産は売却して、現金化することによって、借入金の返済を行います。

債務超過分を低減させることができます。

また総資産も全体で圧縮できることにつながります。

利益が出る経営を行う

経営を行っていく上で、経常利益がマイナスのままでは、債務超過が改善されません・

利益が出る経営体質に変革する必要があります。

経営の基本である売上の増加と、原価やコスト削減を丁寧に進めていくことが必要です。

資金のショートを避ける

債務超過の解消は非常に重要です。

債務超過を解消してる際にも、資金がショートしないように注意する必要があります。

資金がショートして、キャッシュフローが不足すれば倒産に至ってしまいます。

赤字経営でも債務超過であっても、それが即座に倒産ということには結びついていません。

倒産を防ぐために、キャッシュフローには十分注意した上で、経営を進めていく必要があります。

upsiderの支払い.COMは、支払いを遅らせることができます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

 

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細