広告あり

中小企業の資金調達は、大企業と何が違う?事業計画書を作るメリットは何?

中小企業経営のヒント

中小企業は大企業と比べて、事業規模が小さく、資金調達を行うのはかなり厳しいものがあります。

本記事では、中小企業の資金調達の特徴と、大企業の資金調達の特徴をご紹介します。

大企業の資金調達の特徴

大企業は、経営的な安定性や他の企業から信頼があるので、銀行からの融資を多額に行うことができます。

また、株式を発行することで、資金調達することができます。

中小企業と比べて、その資金調達の規模はかなり大きなものになります。

株式の発行部数や銀行の融資の大きさによって、中小企業がマネのできないような資金調達を行っています。

中小企業の資金調達の特徴

中小企業の資金調達の特徴としては、資金調達先を安定して確保することが難しい点が挙げられます。

多くの中小企業の資金調達では、銀行などの融資に頼っていますが、融資を受けるのが困難になってきています。

中小企業は大企業と比べて規模も小さく信用力が乏しい場合が多いです。

中小企業の経営は赤字になってることが多く、銀行などの金融機関は融資をためらいがちです。

一方、中小企業は、国や地方公共団体などの公的機関からの支援を受けることが可能となっています。

公的機関からの支援を受けた後に、経営を安定させ、その後金融機関からの融資を受けるというパターンが増えています。

中小企業の資金調達の方法

中小企業の資金調達の方法をご紹介します。

融資

銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受けて借入金によって資金調達を行います。

多くの中小企業が行なっている資金調達の方法です。

経営権に影響しないことと、資産がない場合や投資を受けられない場合にも利用が可能です。

融資で重要なことは信頼度になります

信頼性が低いと多くの額の融資を得ることが困難であり担保が必要になる場合もあります。

審査や書類作成に時間や手間がかかり緊急の資金調達にはむきません。

補助金や助成金

経済産業省や中小企業庁などによって中小企業に向けて補助金や助成金を提供してくれる制度があります。

国などの公的機関のサポートによるので中小企業にとってはとても便利な制度です

多くの場合には返済義務もないのでぜひ利用したい制度です。

難点としては書類作成が難しく自社で書類を作成するのは困難な場合も多いです

また審査も厳しいので必ずしも審査に通るとは限りません。

増資

株式を発行することによって資金を調達する方法です

返済義務がなく担保も不要で保証人も必要ありません

投資家に株式による投資を受けるためには魅力ある授業をアピールすることとリターンを提供できることを訴える必要があります

株式の保有率によっては経営権を失うリスクがあることも承知しておくことが必要です

自己資金

中小企業の経営者自らの資金を企業に提供する方法です。

経営者が資金提供しているので経営権を維持することに関しての不安はありません

特に小規模な企業では一般的な方法と言えるでしょう

また企業が保有している資産を売却することによって資金調達する方法もあります。

クラウドファンディング

近年インターネットを活用して資金を調達するクラウドファンディングという方法もあります

一般の人から資金を提供してもらうのでプレゼン力が求められます。

クラウドファンディングでは手数料がかかる点に留意が必要です。

ファクタリング

最近では、ファクタリングという資金調達の方法が注目を浴びています。

ファクタリングというのは、売掛金をファクタリング企業に売却することによって資金調達を行います。

時間がかかる売掛金の回収を、早く回収できるようにするという、メリットがあります。

ファクタリングを行う場合には、まず、優良なファクタリング企業を選ぶことが大事です。

手数料と審査と取り扱い債券の三つの要素で、ファクタリング企業を選ぶ必要があります。

特に支払いが行われるまでのスケジュールを、きちんと把握して資金調達を行う必要があります。

金融機関や投資家から資金を調達する場合には、事業計画書を作成することが必要になります。

融資や出資には事業計画書が必要

資金を調達する方法としては、融資を受ける場合、出資を受ける場合があります。

いずれにしても、説得力がある事業計画書の作成が必須です。

事業計画書を実際に作った場合に、どのようなメリットがあるかを確認しておきましょう。

事業計画書で収益性を示す

金融機関から融資を受けて、資金を調達したいと考えた場合には、返済能力をきちんと示す必要があります。

返済能力を示さなければ、融資は実行されないでしょう。

投資家に出資をお願いする場合でも、企業の成長をきちんと説明する必要があります。

事業計画書を作成して、事業の収益性を示して、信頼を勝ち得ることができれば、融資や出資を受けることが可能になります。

事業計画書を作成することによって、市場や経営環境の変化であったり、売上の目標、利益率、そして事業の目的などを明確に伝えることができます。

実現性の高い事業計画書を作成する

事業計画を作る場合には、実現できない計画とか数値を作成するのは避けるようにしましょう。

資金調達をぜひともしたいからと言って、実現不可能な内容であれば、今後の信頼性も失ってしまいます。

融資や投資をしてくれる人たちが知りたい内容を、まとめた事業計画書を作成する必要があります。

事業内容の詳細を、きちんとまとめてある事業計画書であれば、口頭の説明よりも短い時間で伝えることができます。

それによって融資や投資の審査時間の短縮にもつながります。

upsiderの支払い.COMを中小企業の資金繰りにおすすめします。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細