広告あり

銀行融資に頼らない!個人事業主が使える緊急資金調達方法とは?

中小企業経営のヒント

個人事業主のあなたが直面する最も重要な課題は、事業資金の調達でしょう。

しかし、銀行融資などの伝統的な方法では、審査が厳しく、個人事業主にとっては手軽に利用することができない場合があります。

そこで、今回は個人事業主の方々に向けて、銀行融資に頼らずに緊急に資金調達する方法をご紹介します。

その方法とは、「upsiserの支払い.com」です。

このサービスは、オフィスにいながら60秒で資金調達ができるオンライン完結型の資金繰り改善サービスで、担保不要で利用できます。

クレジットカードを利用して、請求書の支払いを最長60日延長できるため、急な資金需要にも対応できます。

「upsiderの支払い.COM」は、売掛金も無し、審査も無し、必要書類も無しで、急ぎの請求書の支払いをクレジットカードで、決済できる新サービスです。

 

実際の支払いは、クレジットカードの決済日まで、最大60日間先延ばしされます。

 

クレジットカードを持っていれば、すぐ利用できます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までクレジットカード決済

おすすめ記事 ⇒ upsiderの支払い.COMの評判(口コミ)はどうなの?利用者3人の体験談!

支払い.comの銀行融資にはないメリット

「upsiserの支払い.com」は、クレジットカード決済を利用して銀行振込や請求書の支払いを最長60日延長できるオンライン資金繰り改善サービスです。

銀行融資のデメリットと比較して、以下のメリットがあります。

審査がスピーディー

銀行融資は審査に時間がかかり、取引の早急性を求められる緊急の場合には向かないことがあります。

一方、「upsiserの支払い.com」は、オンライン完結型で、最短で1時間程度での利用開始が可能です。

担保不要

銀行融資は一般的に担保が必要となりますが、「upsiserの支払い.com」はクレジットカード決済を利用しているため、担保不要です。

これにより、個人事業主が担保を用意する手間やコストを省くことができます。

24時間365日の利用可能性

銀行融資は営業時間内に申し込みをしなければならないことが多いですが、「upsiserの支払い.com」は24時間365日利用することができます。

急な出費が必要な場合でも、すぐに利用できるのが魅力です。

一方、銀行融資のデメリットとしては、審査が厳しい、担保が必要である、返済期間や返済額が固定されている、申し込みや審査に時間がかかるなどが挙げられます。

これに対して、「upsiserの支払い.com」は柔軟でスピーディーな資金調達が可能であるため、個人事業主にとっては銀行融資よりも有利な選択肢といえます。

「upsiserの支払い.com」を利用する際の注意点

「upsiserの支払い.com」を利用する際に注意すべき点のご紹介です。

利用可能なクレジットカードの限度額の確認

「upsiserの支払い.com」は、クレジットカードを利用しているサービスです。

クレジットカードの利用可能な限度額が、支払い金額をカバーできるかを確認する必要があります。

返済期限を守ること

「upsiserの支払い.com」は、返済が不要なサービスですが、クレジットカードの請求日に支払いが完了していないと、クレジットカード会社からの督促が届く可能性があります。

返済期限を守り、クレジットカードの請求日には支払いが完了するように注意しましょう。

サービス手数料がかかる

「upsiserの支払い.com」を利用する際には、サービス手数料がかかります。

事前に手数料について確認し、利用する際には手数料を含めた総額を把握することが大切です。

クレジットカードが保有していない場合

「upsiserの支払い.com」は、融資ではなくクレジットカードを利用することで緊急資金調達ができるサービスです。

しかし、クレジットカードの発行には審査が必要であり、突然の緊急資金調達には向いていません。

事前にクレジットカードの発行を済ませ、利用可能な限度額を確認しておくことが大切です。

その他の注意点

「upsiserの支払い.com」を利用する場合には、以下の点にも注意が必要です。

クレジットカードの利用規約を理解し、適切に利用すること。

支払い先について正確な情報を入力すること。

インターネット上での利用には、セキュリティ対策をしっかりと行うこと。

「upsiserの支払い.com」のまとめ

「upsiserの支払い.com」は、急な資金ニーズに対応するためのオンライン完結型の資金繰り改善サービスです。

個人事業主が資金調達を必要とする際に、銀行融資と比べるとより手軽に利用できることが特徴です。

upsiserの支払い.comが個人事業主にとってどのように有用なツールであるか、そのメリットについてまとめてみました。

【メリット1:担保不要で迅速に資金調達が可能】

upsiserの支払い.comは、担保不要でオンライン上での手続きのみで、最短で60秒で資金調達が可能です。

銀行融資のように時間がかかる審査や抵当権設定が必要ないため、急な資金ニーズに対してもスムーズに対応できます。

【メリット2:柔軟な金額設定が可能】

upsiserの支払い.comでは、利用するクレジットカードの利用限度額の利用が可能です。

upsiserの法人カードであれば、細田1億円まで利用できます。

個人事業主のニーズに応じて、必要な金額を調達することができます。

【メリット3:クレジットカード決済による返済が可能】

upsiserの支払い.comは、クレジットカードを利用して返済します。

最長60日の延長支払いが可能なため、現金のやり取りがないため返済に不安を感じる必要がありません。

【メリット4:利用しやすい手続き】

upsiserの支払い.comは、オンライン上で完結するため、煩雑な手続きをする必要がありません。

また、提携しているクレジットカード会社が複数あるため、利用するクレジットカード会社を選ぶこともできます。

以上のように、upsiserの支払い.comは、急な資金ニーズに対応するための有用なツールであることがわかりましたでしょうか。

個人事業主が資金調達を検討する際には、銀行融資だけでなく、upsiserの支払い.comを活用することで、上手に資金繰りが行えます。

個人事業主が銀行融資を受けやすくする方法

個人事業主が銀行融資を受けるためには、信用度や返済能力を高めることが必要不可欠です。

以下に、個人事業主が銀行融資を受けやすくする方法をいくつか紹介します。

信用情報を正確に管理する

個人事業主は、自分自身の信用情報を正確に管理することが重要です。

クレジットスコアは、銀行が融資を判断する際に参考になります。

自己破産や過払い金請求などの過去のトラブルも、銀行の審査に影響を与えるため、正確な情報を提供することが必要です。

返済能力を高める

銀行は、融資の返済能力を確認するため、借入者の収入や貯蓄、支出などを調査します。

返済能力を高めるためには、無駄な支出を減らし、貯蓄を増やすことが必要です。

また、複数の銀行口座を持つことで、収入や支出の管理をしやすくなり、銀行側からも返済能力を高いと判断されやすくなります。

保証人を用意する

保証人は、借入者が返済できなくなった場合に、銀行が融資金を回収するために代わりに返済する人物です。

保証人を用意することで、銀行が融資に対してより安心感を持ち、審査が通りやすくなることがあります。

担保を用意する

担保として、土地や建物、株式、保険などの財産を銀行に提供することで、融資の審査に通りやすくなることがあります。

担保を提供する場合は、返済が滞った場合に担保となる財産を失うこともあるため、十分にリスクを考慮したうえで行う必要があります。

以上の方法を実践することで、個人事業主が銀行融資を受けやすくなる可能性が高まります。

しかし、銀行融資は審査に時間がかかり、返済期間も長いため、急な資金急な資金ニーズには対応しきれない場合もあります。

そのため、個人事業主が銀行融資を受けることができない場合、別の資金調達方法を検討する必要があります。

このような場合には、「upsiderの支払い.com」のような、スピーディかつ柔軟な資金調達方法が有効です。

upsiderの支払い.comは、担保不要で手続きも簡単であり、最短60秒で資金を調達することができます。

個人事業主にとって、迅速かつ確実な資金調達が必要な場合には、upsiderの支払い.comを活用することをおすすめします。

「upsiderの支払い.COM」は、売掛金も無し、審査も無し、必要書類も無しで、急ぎの請求書の支払いをクレジットカードで、決済できる新サービスです。

 

実際の支払いは、クレジットカードの決済日まで、最大60日間先延ばしされます。

 

クレジットカードを持っていれば、すぐ利用できます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までクレジットカード決済

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細