広告あり

銀行融資の審査に通らない!中小企業経営者が知るべ代替手段とは?

中小企業経営のヒント

中小企業経営者の方々にとって、支払いが差し迫った請求書を手元に持ち、銀行融資の審査に通らない場合、資金繰りの問題が生じます。

そのような場合に、支払い.comというオンライン決済サービスが代替手段として提案されます。

支払い.comは、クレジットカード決済を利用して銀行振込や請求書の支払いを最長60日延長できるサービスです。

このサービスを利用することで、中小企業経営者の方々は、現金不足に悩まされずに、支払いを繰り延べることができます。

また、支払い.comは登録料や年会費が無料であり、コストパフォーマンスが非常に高いサービスです。

さらに、利用登録することで、一旦支払い.comが銀行振込先や請求書の支払い相手に対して、請求書の代金を支払うことができます。

そのため、現金が不足している場合でも、支払い.comを利用することで、即座に請求書の代金を支払うことができます。

「upsiderの支払い.COM」は、売掛金も無し、審査も無し、必要書類も無しで、急ぎの請求書の支払いをクレジットカードで、決済できる新サービスです。

 

実際の支払いは、クレジットカードの決済日まで、最大60日間先延ばしされます。

 

クレジットカードを持っていれば、すぐ利用できます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までクレジットカード決済

おすすめ記事 ⇒ upsiderの支払い.COMの評判(口コミ)はどうなの?利用者3人の体験談!

銀行融資の審査に通らない!代替手段としての「支払い.com」の特徴!

中小企業経営者のあなた、急な出費が重なったり、支払いが差し迫った場合、手元の現金が不足している場合には、銀行融資を受けることが求められます。

銀行融資には審査が必要で、なかなか受けられないという方も多いかと思います。

そこで、「支払い.com」を代替手段として提案します。

「支払い.com」とは、クレジットカードを利用して銀行振込や請求書の支払いを最長60日延長できるサービスです。

利用者は、保有しているクレジットカードを登録することで、一旦「支払い.com」が支払い先に対して支払いを行い、後日クレジットカードから引き落とされる仕組みとなっています。

以下、支払い.comの特徴を紹介します。

審査が不要で簡単に利用できる

支払いが差し迫った場合にも対応可能

最長60日までの支払い延長が可能

振込手数料が無料

利用するクレジットカードは自由に選択可能

口座振替にも対応

安全性が高い

「支払い.com」を利用することで、手元に現金がなくても支払いができ、また、審査が不要で利用が簡単であるため、銀行融資に対しての代替手段としても優れていると言えます。

是非、中小企業経営者のあなたも、このサービスを活用して資金繰りを円滑に行ってみてはいかがでしょうか。

銀行融資の審査に通らない!代替手段としての「支払い.com」のメリット!

中小企業経営者であるあなたが、支払いが差し迫った請求書があり、手元の現金が支払うのには不足しているという状況で、銀行融資の審査に通らない場合の代替手段として、「支払い.com」を活用するメリットについてご紹介します。

「支払い.com」は、クレジットカード決済を利用して銀行振込や請求書の支払いを最長60日延長できるサービスです。

具体的には、保有しているクレジットカードを利用登録することで、一旦「支払い.com」が銀行振込先や請求書の支払い相手に対して支払いを行い、その後、あなたは「支払い.com」に対して支払いを行うことができます。

この仕組みを活用することで、資金繰りの改善や現金の確保が可能となります。

「支払い.com」のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

簡単な手続きで利用可能

クレジットカードを利用登録するだけで、手続きが完了します。

また、アプリやウェブサイトから簡単に利用履歴を確認することもできます。

最長60日間の支払い延長が可能

通常の銀行振込では即時に支払いが発生しますが、「支払い.com」を利用することで、最長60日間の支払い延長が可能となります。

これにより、資金繰りの改善が期待できます。

利用限度額が設定されているため、過度な借り入れを防止できる

「支払い.com」の利用限度額が設定されているため、過度な借り入れを防止することができます。

以上が、「支払い.com」を代替手段として利用する際のメリットです。

銀行融資に通らなかった場合でも、このような代替手段を活用すれば、差し迫った請求書の支払いにも対処できます。

銀行融資の審査に通らない時の代替手段を選ぶポイント!

銀行融資の審査に通らなかった場合、代替手段を選ぶ必要があります。

しかし、代替手段を選ぶにあたっては、適切な判断が必要となります。

この記事では、銀行融資の審査に通らない時の代替手段を選ぶ際に重要なポイントを紹介します。

融資の必要性を再確認する

まずは、融資が本当に必要なのか再確認しましょう。

資金調達方法は様々ありますが、借金が増えることによって経営を圧迫してしまう可能性があります。

もし、融資が必要であると判断した場合は、代替手段を検討しましょう。

代替手段の種類を確認する

代替手段には、クラウドファンディング、個人投資家からの出資、ファクタリング、事業者向けの融資などがあります。

自社の事情に合った代替手段を選ぶ必要があります。

利用する際の条件を確認する

代替手段を利用する際には、必ず利用条件を確認しましょう。

金利や返済期間、返済方法、保証人の有無など、各代替手段によって条件が異なります。

条件を確認することで、返済に関するリスクを抑えることができます。

対象業種や規模を確認する

代替手段は、対象業種や企業の規模によって利用できるものが異なります。

自社の事情に合った代替手段を選ぶために、対象業種や規模を確認することが重要です。

経営計画書を準備する

代替手段を利用する際には、経営計画書を準備することが求められる場合があります。

代替手段によっては、計画書を提出しなければならない場合もあります。

計画書を準備することで、返済に関するリスクを抑えることができます。

銀行融資の審査に通らない理由と対策!

中小企業経営者の方々が融資を受ける場合、銀行の審査に通らないケースがあります。

その理由と対策について、以下に詳しく解説します。

銀行融資に通らない理由

信用情報に問題がある

銀行融資の審査には、信用情報が大きく関わっています。

過去に債務不履行や滞納などの問題があると、審査に通りにくくなります。

収益性が不足している

銀行は、融資したお金を返済してもらうことが目的です。

そのため、企業の収益性が十分でないと、返済ができないと判断され、審査に落ちることがあります。

担保が不十分

銀行は、融資したお金を返済してもらうために、担保が必要です。

担保が不十分である場合、融資を受けることができないことがあります。

銀行融資に通らない場合の対策

信用情報を確認し、問題がある場合は改善する

信用情報に問題がある場合は、信用情報機関に問い合わせて確認することが大切です。

問題がある場合は、早めに対処し、信用情報を改善するようにしましょう。

収益性を向上させる

銀行融資に通るためには、企業の収益性を向上させることが大切です。

具体的には、販売戦略の見直しや業務効率化など、収益性向上につながる施策を考えましょう。

担保を増やす

担保が不十分である場合は、担保を増やすことが必要です。

担保を増やすことで、銀行からの融資を受けやすくなります。

以上が、銀行融資に通らない理由と対策についての解説です。

自社の状況に合わせて、適切な対策を取りましょう。

「upsiderの支払い.COM」は、売掛金も無し、審査も無し、必要書類も無しで、急ぎの請求書の支払いをクレジットカードで、決済できる新サービスです。

 

実際の支払いは、クレジットカードの決済日まで、最大60日間先延ばしされます。

 

クレジットカードを持っていれば、すぐ利用できます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までクレジットカード決済

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細