広告あり

ラボルカード払いはいわゆる資金調達や融資や出資と何が違うの?

Labolカード払い

ラボルカード払いと資金調達、融資、出資の違いを説明します。

ラボルカード払いは、手元に現金がなくてもカードを利用することで請求書の支払いを先延ばしすることができる便利なサービスです。

一方、資金調達とは企業や個人が資金を調達することで、事業の拡大や投資などを行うことを指します。

融資は、銀行や金融機関からお金を借りることで、返済期間や金利を設定された条件の下、利用することができます。

出資は、投資家からお金を調達することで、株式や出資金の返済などが必要となります。

すぐ決済、後で支払い!カード一枚で、資金繰りの心配を安心に変える方法をご紹介

クレジットカードの利用価値が最大限アップする「支払い.COM」サービス概要

✅クレジットカードで請求書の即時決済が可能で、支払いは最大60日後まで延期

✅書類提出や審査や面談は不要で、セゾンカード、Mastercard、VISAなど多様なカードに対応

✅資金繰りの悩みを解消し、ビジネスに集中できるサービス、振込名義の自由な設定もプライバシーを保護


請求書をカードで決済する >

ラボルカード払いは融資と何が違う?

ラボルは、個人事業主やフリーランス向けに資金繰り支援を行うために、「ラボルカード払い」というサービスを提供しています。

このサービスは、クレジットカードを利用して、支払いを先延ばしすることができます。

つまり、現金が不足している場合でも、クレジットカードで支払いを行うことで、支払いを滞らせずに済ませることができます。

一方、融資とは、金融機関から一定の金額を借り入れることで、返済期間や金利などが決められています。

また、融資を受けるには、審査や担保などが必要となる場合があります。

つまり、ラボルカード払いは、融資とは異なり、支払いを先延ばしすることで、短期的な資金繰りに対応することができます。

ラボルカード払いは出資とは何が違う!

ラボルカード払いは、クレジットカードを使って支払いを先延ばしすることができるサービスです。

一方、出資は、資金を出資者に提供してもらい、その対価として企業に出資することを指します。

つまり、ラボルカード払いは借入金ではなく、自己資金を使って支払いを延ばすことができるサービスであり、出資とは異なります。

また、ラボルカード払いはフリーランスや個人事業主向けの資金繰り支援サービスであり、出資は資金調達の一つの手段であるため、その対象者や目的も異なります。

以上のように、ラボルカード払いと出資は根本的に異なるサービスであり、その違いを理解して上手に活用することが大切です。

ラボルカード払いとクラウドファンディングの違いは何?

ラボルカード払いとクラウドファンディングは、それぞれ異なる資金調達手段です。

ラボルカード払いは、既に発生している請求書をカードで支払うことで、支払いの先延ばしを行うことができます。

一方、クラウドファンディングは、インターネットを通じて多数の人々から小口資金を調達する方法であり、商品やサービスの開発・製造費用を調達することができます。

個人事業主やフリーランスにとって、ラボルカード払いは既に発生している支払いを後回しにできるため、手元の現金が不足している場合に有用な手段です。

一方、クラウドファンディングは、商品やサービスの開発・製造費用を調達するための手段であり、事業のスタートアップに有効な手段です。

ただし、多数の人々から支援を得るためには、商品やサービスのアイデアやコンセプトが魅力的である必要があります。

ラボルカード払いとファクタリングの違いは何?

「ラボルカード払い」と「ファクタリング」は、共通して個人事業主やフリーランス向けの資金繰りを支援するサービスであり、目的は同じですが、根本的な仕組みには違いがあります。

「ラボルカード払い」は、請求書の支払いをクレジットカードで行い、支払いを後払いにすることができます。

手元に現金がない場合でも、支払いが差し迫っている請求書に対応することができ、資金繰りの改善に役立ちます。

一方、「ファクタリング」は、請求書を提出することで、請求書に記載された金額から手数料を差し引いた金額を即座に受け取ることができます。

請求書の支払い期日に関わらず、すぐに現金を手に入れることができます。

つまり、「ラボルカード払い」は、現金不足で支払いが困難な場合に役立つのに対し、「ファクタリング」は、現金を即座に手に入れることができ、資金繰りを改善することができます。

ラボルカード払いのよくある質問!

ラボルカード払いのよくある質問を、公式サイトより引用してご紹介します。

Q登録時に必要な情報は何ですか?
Aご利用者様の情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス等)のご記載、ご本人確認書(免許証やマイナンバーカード等)のお写真のアップロードが必要となります。

Q何の支払いが先延ばしできますか?
A家賃や経費、オンラインショッピングのお支払いなどあらゆる銀行振込でのお支払いにご利用頂けます。
※お申込みご本人様宛、個人宛、借金の返済等金融機関へのお振込みにはご利用頂けません。

Qオンラインショッピングの支払い先延ばし方法を教えてください。
A①オンラインショッピングでの購入時、お支払い方法で銀行振り込みを選択してください。
②ラボルの「カード払い」で、支払内容が分かるメールや画面のスクリーンショットのアップロード&購入代金と振込先情報を入力
③ラボルにて立替払いを行います。→支払期限の延長完了です。

Q家賃の支払い先延ばし方法を教えてください。
A①家賃のお支払い方法でを銀行振り込みを選択してください。
②ラボルの「カード払い」で、家賃の金額が分かるメールや書類のアップロード&家賃の金額と振込先情報を入力
③ラボルにて立替払いを行います。→支払期限の延長完了です。

Q経費の支払い先延ばし方法を教えてください。
A①経費の支払先から請求書を受領してください。
②ラボルの「カード払い」で、金額が分かる請求書のアップロード&請求金額と振込先情報を入力してください。
③ラボルにて立替払いを行います。→支払期限の延長完了です。

Q申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?
A申請をいただいてから、営業時間内であれば最短60分で審査が完了します。
審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。

Q土日祝日に入金されますか?
A土日祝日も審査・入金が可能です。
※追加審査が生じた場合など入金ができない場合もありますがご容赦くださいませ。

Q「ラボルカード払い」を利用するために必要なエビデンス書類について教えてください。
A支払い内容が確認できるもの(請求書や支払案内のメールなど)のみご提出をお願いしております。
※ラボルのご利用実績がない場合は、初回に限りフリーランス又は法人の活動を証明する書類(確定申告書や契約書、開業届など)が必要となります。

Q支払先に利用が知られることはありますか?
A利用が知られることはありません。
当社から支払先への振り込みは、あなたの名前などあなたが指定した振込依頼人名にて行います。
また当社から支払先に連絡をすることはございません。

Qいくらの支払いから利用できますか?
A1万円から申請することができます。

Qカード払いの支払期日はいつになりますか?
Aご利用のカードの支払日に引き落としがされます。
ラボル宛に直接お振込み頂く必要はございません。

Q借入れやローンの審査に影響は出ないですか?
A銀行やクレジットカードの審査とは異なり、信用情報機関に照会されることはない為、影響はありません。

Q手数料はいくらかかりますか?
Aご利用のカードブランドによって異なります。
申請額に対し、Visa・Mastercard®は3%、JCBは3.5%が発生いたします。

ラボルカード払いサービスを提供する会社概要

ラボルカード払いサービスを提供する会社概要をご紹介します。

会社名
株式会社ラボル
設立 2021年12月1日
所在地 〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号
世田谷ビジネススクエア タワー 24階
資本金 5,000万円(2021年12月現在)
代表者 代表取締役 吉田 教充
事業内容 ファクタリング事業
メディア事業

個人事業主やフリーランスが資金調達するときの留意点!

個人事業主やフリーランスの方がビジネスを運営する上で、急な出費や収入不足といった様々な資金繰りの問題が発生することがあります。

こうした場合、銀行からの融資を受けたり、ビジネスパートナーや投資家からの出資を受けたりすることで、資金調達を行うことができます。

しかしながら、個人事業主やフリーランスの場合、融資を受けることが難しかったり、出資を受けることができなかったりする場合があります。

そこで、クラウドファンディングやファクタリングなど、新しい資金調達方法が注目されています。

クラウドファンディングは、多くの人から少額の出資を募り、その資金を集めてビジネスを展開する方法です。

クラウドファンディングのメリットは、誰でも出資することができることや、プロジェクトが注目を集めることで新たなビジネスチャンスを生み出すことができることです。

しかし、一方で成功するにはアピール力が必要であることや、出資者に対するリターンを用意しなければならないことがあるため、手間や労力がかかるというデメリットもあります。

一方、ファクタリングは、未払いの請求書を売却することで、即座に現金を手に入れることができる方法です。

ファクタリングのメリットは、手軽に現金を手に入れることができることや、クレジットカードのように簡単に請求書を売却することができることです。

しかしながら、一方で手数料が高いことや、売却した請求書が債務不履行となった場合には責任を負わなければならないことがあるため、注意が必要です。

以上のように、クラウドファンディングやファクタリングは、個人事業主やフリーランスが資金調達を行う上で有効な手段であり、メリットやデメリットがあることを知っておくことが大切です。

また、どちらの方法を選択する場合でも、以下の留意点を押さえておくことが重要です。

資金調達の目的を明確にすること

借入の目的が明確であれば、どのような方法で借り入れをするべきかがわかります。

資金調達の目的が何なのか、具体的な金額や期間などを明確にすることが重要です。

利用するサービスの特徴を比較すること

クラウドファンディングやファクタリングにはそれぞれ特徴があります。

手数料や利率、審査の厳しさ、返済期間などを比較し、自分に合ったサービスを選ぶことが重要です。

信頼性の高いサービスを選ぶこと

クラウドファンディングやファクタリングには、信頼性の高いサービスとそうでないサービスがあります。

利用するサービスの評判や口コミ、運営会社の信頼性を調べることが重要です。

借り入れによるリスクを把握すること

借り入れによっては返済ができない場合、返済期限が過ぎると金利が高くなる場合があります。

借り入れによるリスクを把握し、返済計画を立てることが重要です。

以上の点に留意しながら、自分に合った資金調達方法を選び、借り過ぎには注意し、健全な事業発展を目指しましょう。

すぐ決済、後で支払い!カード一枚で、資金繰りの心配を安心に変える方法をご紹介

クレジットカードの利用価値が最大限アップする「支払い.COM」サービス概要

✅クレジットカードで請求書の即時決済が可能で、支払いは最大60日後まで延期

✅書類提出や審査や面談は不要で、セゾンカード、Mastercard、VISAなど多様なカードに対応

✅資金繰りの悩みを解消し、ビジネスに集中できるサービス、振込名義の自由な設定もプライバシーを保護


請求書をカードで決済する >

中小企業経営者はこちらを参照してください ⇒  upsiderの支払い.COMの評判(口コミ)はどうなの?利用者3人の体験談!

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細