広告あり

資金ショートで苦しむ中小企業経営者へ!即効性のある資金調達法とは?

中小企業経営のヒント

資金ショートで苦しむ中小企業経営者のあなた、資金繰りにお困りではありませんか?

経営に必要な資金が足りず、業務に支障をきたしている方も多いかと思います。

しかし、銀行融資には審査に時間がかかり、返済期間も長いため、急な資金ニーズには向かない場合があります。

そこで、今回は即効性のある資金調達法をご紹介します。

それが、upsiderの支払い.comです。

銀行融資とは異なる特徴を持つ支払い.comの使い方を詳しく解説し、資金調達の悩みを解消するお手伝いをいたします。

「upsiderの支払い.COM」は、売掛金も無し、審査も無し、必要書類も無しで、急ぎの請求書の支払いをクレジットカードで、決済できる新サービスです。

 

実際の支払いは、クレジットカードの決済日まで、最大60日間先延ばしされます。

 

クレジットカードを持っていれば、すぐ利用できます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までクレジットカード決済

おすすめ記事 ⇒ upsiderの支払い.COMの評判(口コミ)はどうなの?利用者3人の体験談!

支払い.comが資金繰りショートを解決できる理由!

中小企業経営者のあなた、資金繰りの苦労は続いていますか?

日々の経営に追われる中で、予期せぬ出費や入金の遅延などで現金不足に陥ることはよくある話です。

そんな時、銀行融資を利用することができれば解決できるかもしれませんが、審査に時間がかかり、返済期間も長いというデメリットがあります。

そこで、今回は「upsiserの支払い.com」をご紹介します。

本記事では、支払い.comが資金繰りショートを解決できる理由について解説します。

申請から資金調達までのスピードが早い

支払い.comの申請手続きは、オンラインで完結できるため、手間がかかりません。

しかも、最短60秒での審査結果通知と、最短1営業日での資金調達が可能です。

資金繰りの切羽詰まった状況でも、すばやく請求書の支払いが可能になります。

担保や保証人不要で手軽に利用できる

支払い.comは、銀行融資と異なり、担保や保証人が必要ありません。

また、過去の信用情報や収入証明書などの提出も不要です。

個人事業主であっても、利用しやすいサービスです。

返済が不要でキャッシュフローの改善につながる

支払い.comでは、クレジットカードで決済するため、返済期間や返済額の心配がありません。

借入ではないので返済に追われることなく、キャッシュフローの改善につながるため、経営の安定につながります。

全国どこでも利用可能

支払い.comは、全国どこでも利用できます。

オフィスや自宅からでも、スマートフォンやパソコンを通じて簡単に申し込みができ、審査結果もスピーディです。

そのため、急な資金ニーズに対応することができます。

また、クレディセゾンとの共同事業という安心感もあり、中小企業の資金繰り改善に最適なサービスと言えます。

さらに、銀行融資とは異なり返済が不要であり、リスクの低い資金調達方法となります。

これらの特徴から、支払い.comは中小企業経営者にとって有用なツールであることが分かります。

資金繰りショートしないための支払い.comの利用方法

支払い.comは、​オンライン完結型の資金繰り改善サービスであり、​クレジットカードで全ての銀行振込を延長することができます。

UPSIDERカードまたはセゾンカードを利用して、​前営業日正午までに振込を行うことができます。

支払い.comを利用することで、​請求書払いをカードで先延ばしにすることができ、​最長60日余裕をプラスすることができます。

また、​口座振込の支払いもカード決済で行うことができます。

支払い.comの利用方法は、​最短60秒で簡単に行うことができます。

利用方法は以下の通りです

1. UPSIDERカードまたはセゾンカードを用意する

2. 支払い.comのウェブサイトにアクセスする

3. 振込先の情報を入力する

4. カードで支払いを行う

支払い.comは、​UPSIDERとクレディセゾンの共同事業であり、​あらゆる銀行振込のお支払いをクレジットカードで決済できます。

支払い先に、​支払い.comの利用が知られることはありません。

資金ショートで苦しむ中小企業経営者の悩みと解決方法

資金ショートは、中小企業経営者が抱える大きな悩みの1つです。

営業資金や事業拡大のための資金調達が必要になる場合があり、銀行融資を受けることができない場合は、別の方法で資金を調達する必要があります。

ここでは、資金ショートで苦しむ中小企業経営者の悩みと、その解決方法をまとめて紹介します。

【悩み1】銀行融資が受けられない

多くの中小企業経営者は、銀行融資が受けられないという問題を抱えています。

銀行は借り入れに対する担保や保証人を求めるため、資金ショートで苦しんでいる中小企業経営者には、融資が難しい状況にあります。

【解決方法】
銀行融資が受けられない場合は、別の資金調達方法を検討する必要があります。

代表的な方法としては、クラウドファンディングやオンライン融資、そして「upsiserの支払い.com」があります。

これらは、担保や保証人を必要とせず、比較的簡単に資金調達ができるという特徴があります。

【悩み2】借入金利が高い

銀行融資以外の資金調達方法では、借入金利が高い場合があります。

特に、オンライン融資などでは、金利が高めに設定されていることが多いため、返済が苦しくなってしまう場合があります。

【解決方法】
金利が高めに設定されている場合は、複数の資金調達方法を比較して、最も適した方法を選ぶことが大切です。

また、返済計画を立てる際には、返済期間や金利などをしっかりと把握し、計画的に返済を進めることが重要です。

【悩み3】返済期限が短い

急な資金調達が必要な場合、短期間で返済しなければならない場合があります。

このような場合、返済期限が短い場合、中小企業経営者にとっては返済の負担が大きくなり、資金繰りがますます厳しくなります。

このような場合には、返済期間が長く、返済額も少なく設定されているクレジットカードやキャッシングなどのサービスが選択肢の一つとして考えられます。

ただし、利用金額に応じて高い利息が発生することがあるため、利用にあたっては事前に計画的な返済方法を考慮し、借り入れ額を抑えるように心掛けることが大切です。

また、クラウドファンディングやオンラインレンディングなど、新しい資金調達方法も登場しています。

これらのサービスを利用する際にも、事前に利用規約や利息率などをしっかりと確認し、リスク管理を徹底することが必要です。

さまざまな資金繰りショートの解決方法

中小企業経営者のあなた、資金繰りで悩んでいませんか?

急な出費があったり、お客様からの入金が遅れたりと、経営には様々な問題がつきものです。

そこで、中小企業経営者に向いている資金繰りショートの解決方法を紹介します。

資金繰りショートとは?

資金繰りショートとは、企業が運転資金を必要とする時期に、必要な金額を手元に確保できない状態を指します。

つまり、企業が今すぐ必要なお金が足りずに支払いができなくなってしまう状態です。

資金繰りショートを解決する方法

銀行融資

銀行融資は、多くの中小企業にとって最も一般的な資金調達手段です。

しかし、審査に時間がかかり、借りられる金額に制限があるため、急な資金ニーズには向いていません。

融資保証協会の利用

融資保証協会は、中小企業向けに融資保証サービスを提供しています。

金融機関から融資を受ける際に、保証協会が一定額まで保証を行うことで、融資の審査が通りやすくなります。

「upsiserの支払い.com」を利用する

「upsiserの支払い.com」は、個人事業主や中小企業向けの緊急資金調達サービスです。

クレジットカードで支払いを決済できるので、急な資金ニーズにも対応できます。

売掛金ファクタリング

売掛金ファクタリングは、売掛金をあらかじめ現金化することで、資金繰りを改善する方法です。

融資よりも審査時間が短く、売掛金の回収期限を設定することで、返済スケジュールを調整できます。

資金繰りショートの原因としては、売上減少や不渡り、借入金の返済などがあります。

代表的な解決方法としては、借入金の見直しや銀行融資の活用があり、本サイトで紹介している「upsiserの支払い.com」を利用する方法もあります。

「upsiserの支払い.com」は、迅速で柔軟な資金調達が可能で、個人事業主にとっても利用しやすい特徴があります。

ただし、利用にあたっては利用料がかかることや、返済期限が短いことに注意が必要です。

資金繰りショートに陥った場合は、深刻な問題であるため、早期に対策を講じることが必要です。

適切な対策を取り、事業を継続するためにも、資金繰りには常に気を配ることが大切です。

 

「upsiderの支払い.COM」は、売掛金も無し、審査も無し、必要書類も無しで、急ぎの請求書の支払いをクレジットカードで、決済できる新サービスです。

 

実際の支払いは、クレジットカードの決済日まで、最大60日間先延ばしされます。

 

クレジットカードを持っていれば、すぐ利用できます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までクレジットカード決済