広告あり

UPSIDER法人カードのポイント使い道で損する人が続出?本当の理由とは

upsider法人カード

初めまして、経営コンサルファームの元コンサルティング室長(中小企業診断士)の萩原です。

このサイトでは、資金繰り改善の知って得する情報をご紹介します。

UPSIDER法人カードのポイント制度、魅力的ですよね?

でも、実はその使い方を間違えると、大きな損をしてしまうことがあるんです。

本記事では、多くの人が陥るポイント利用の落とし穴と、賢い使い道を詳しく解説します。

✅何枚でも発行無料・枚数無制限
✅独自の審査で限度額が最大10億円
✅電子帳簿保存法・インボイス制度対応

\新規上場企業の20%以上が利用!/
UPSIDER法人カードの
公式サイト >

  1. UPSIDER法人カードのポイントを正しく使わないと損をする理由とは?
    1. ポイントの有効期限を過ぎて損をするケース
    2. ポイントの効果的な使い方を知らないと損をするケース
    3. ポイントの会計処理を誤ると損をするケース
    4. ポイントを効率的に貯める方法を知らないと損をするケース
    5. 失敗例から学ぶ: ポイント利用の落とし穴
    6. ポイントを無駄にしないためのチェックリスト
    7. ポイントを賢く使ってビジネスを成功させよう
  2. 成功事例に学ぶ:UPSIDERカードの賢い使い方
    1. 資金繰りに役立った|株式会社ココナラ
    2. 1ポイント1円でわかりやすい|株式会社Voicy
    3. UPSIDERカードのポイント還元を最大限に活用しよう
  3. 経費削減に役立つUPSIDERカードのポイントの使い道
    1. UPSIDERカードとは
    2. ポイントの使い道
    3. ポイント利用の具体例
    4. ポイント活用の注意点
    5. このセクションのまとめ
  4. 従業員満足度向上:福利厚生としてのUPSIDERカードのポイント活用
    1. UPSIDERカードのポイントプログラムとは
    2. 福利厚生としてのポイント活用方法
    3. UPSIDERカードのポイント活用のメリット
    4. ポイント活用の成功事例
    5. このセクションのまとめ
  5. UPSIDERカードのポイントを効率的に貯める方法
    1. UPSIDERカードの基本情報
    2. ポイントを効率的に貯めるための基本戦略
    3. 特定の支出カテゴリーでポイントを最大化する方法
    4. ポイント管理のコツと注意点
    5. このセクションのまとめ
  6. ポイント還元率の高い法人カードを選ぶコツ
    1. 法人カードのポイント還元率とは
    2. ポイント還元率の高い法人カードを選ぶコツ
    3. 具体的な法人カードの選び方
    4. ポイント還元率の高い法人カードの利用メリット
    5. このセクションのまとめ

UPSIDER法人カードのポイントを正しく使わないと損をする理由とは?

法人カードのポイントは、コスト削減や会社運営の効率化を実現できる貴重な資源です。

しかし、その使い方を間違えると大きな損失を招く可能性があります。

UPSIDER法人カードのポイントを賢く利用するための基本的な考え方と具体的な方法について詳しく解説します。

正しいポイント利用法を学び、最大限のメリットを享受しましょう。

ポイントの有効期限を過ぎて損をするケース

法人カードのポイントは多くの場合、有効期限が設定されています。

有効期限を過ぎるとポイントは失効してしまい、せっかく貯めたポイントが無駄になります。

特に、ビジネスでの決済額が大きい法人カードでは、失効するポイントの額も大きくなるため、注意が必要です。

ポイントの管理方法

ポイントの有効期限を把握し、定期的にポイントの残高を確認することが重要です。

UPSIDERカードでは、ポイントの有効期限を確認できる機能が提供されているため、これを活用しましょう。

失効前に使うべきポイントの使い道

ポイントの有効期限が近づいたら、オフィス用品の購入や出張費に充てるなど、具体的な使い道を早めに計画しましょう。

計画的にポイントを使うことで、無駄を防ぐことができます。

ポイントの効果的な使い方を知らないと損をするケース

ポイントをただ使うだけでは、最大のメリットを享受することはできません。

効果的な使い方を知らないと、ポイントの価値を十分に引き出せない場合があります。

経費削減に役立つ使い道

ポイントをオフィス用品の購入や宿泊費、航空券の支払いに充てることで、実質的な経費削減が可能です。

これにより、現金の支出を抑え、コスト効率を高めることができます。

福利厚生としての活用

ポイントを利用して、従業員に金券や商品券を提供することで、福利厚生の一環として従業員満足度を向上させることができます。

これは、従業員のモチベーションを高める効果もあります。

ポイントの会計処理を誤ると損をするケース

ポイントを利用した際の会計処理が正しく行われないと、経理上のトラブルが発生する可能性があります。

ポイントを経費として正しく仕訳することは、企業の財務管理において非常に重要です。

全額ポイントで支払う場合の仕訳方法

全額をポイントで支払った場合、その分の経費をどのように仕訳するかを理解しておく必要があります。

正確な仕訳方法を学び、トラブルを防ぎましょう。

一部をポイントで支払う場合の仕訳方法

一部をポイントで支払い、残りを現金やクレジットカードで支払う場合も、適切な仕訳が求められます。

この場合の具体的な会計処理方法を解説します。

ポイントを効率的に貯める方法を知らないと損をするケース

効率的にポイントを貯めるための戦略を知らないと、貯まるべきポイントを逃してしまう可能性があります。

賢くポイントを貯めるためには、いくつかのコツがあります。

支払いを法人カードに一本化する

全てのビジネス支払いをUPSIDER法人カードに一本化することで、ポイントを効率的に貯めることができます。

これにより、貯まるポイントの量が大幅に増加します。

キャンペーンを活用する

ポイントキャンペーンを定期的にチェックし、キャンペーン期間中に集中的に利用することで、通常よりも多くのポイントを獲得することができます。

失敗例から学ぶ: ポイント利用の落とし穴

ポイント利用の失敗例を紹介し、同じ過ちを繰り返さないための対策を学びましょう。

これにより、リスクを回避し、効果的なポイント利用を実現します。

具体的な失敗例とその対策

ポイントを無駄にしてしまった企業の具体例と、その失敗を防ぐための具体的な対策を紹介します。

ポイントを無駄にしないためのチェックリスト

ポイントを無駄にしないために、定期的に確認すべき事項をリストアップします。

このチェックリストを活用することで、ポイントの有効利用を徹底できます。

チェックリストの具体例

有効期限の確認やポイント残高の管理、効果的な使い道の計画など、具体的なチェックポイントを紹介します。

ポイントを賢く使ってビジネスを成功させよう

法人カードのポイントを正しく利用することで、コスト削減や業務効率化を実現し、ビジネスを成功に導くことができます。

UPSIDER法人カードのポイントを最大限に活用し、賢くビジネスを進めていきましょう。

以上のように、UPSIDER法人カードのポイントを正しく使わないと損をする理由と、その対策について詳しく解説しました。

ポイント還元は良いけれど、アップサイダー法人カードが使えないという心配は不要です。

ポイントを賢く活用して、会社運営をより効率的に進めるための参考にしていただければ幸いです。

✅何枚でも発行無料・枚数無制限

\独自の審査で限度額が最大10億円!/
UPSIDER法人カードの
公式サイト >

成功事例に学ぶ:UPSIDERカードの賢い使い方

法人カードの選定は、企業経営において重要な決断のひとつです。

UPSIDERカードはその高還元率と使いやすさから、多くの企業で採用されています。

UPSIDERカードを導入し、ポイント還元のメリットを最大限に活用している「株式会社ココナラ」と「株式会社Voicy」の事例を紹介します。(参照:https://up-sider.com/media/card/110/)

これらの事例から、どのようにUPSIDERカードを賢く使うかを学び、あなたのビジネスにも役立ててください。

資金繰りに役立った|株式会社ココナラ

株式会社ココナラは、「一人ひとりが『自分のストーリー』を生きていく世の中をつくる」というビジョンを掲げ、知識・スキル・経験を売り買いするスキルマーケット「ココナラ」や、「ココナラ法律相談」などの事業を展開しています。

同社はUPSIDERカードの導入により、大きな経済的効果を得ています。

日常業務でのポイント活用

ココナラでは、日常のさまざまな支払いにUPSIDERカードを利用しています。

その結果、貯まったポイントは大きな額となり、これをオフィス用品の購入や出張費に充てることで、経費削減を実現しています。

コスト削減の連鎖効果

ポイント還元によるコスト削減をきっかけに、会社全体で削減できる支出項目を見直す動きが始まりました。

これにより、さらにコスト最適化が進み、経費管理が一層効率化されました。

経営戦略への貢献

UPSIDERカードによるポイント還元は、単なる経費削減にとどまりません。

コスト削減の結果として生じた余剰資金を、新規事業の開発やマーケティング活動に投入することで、企業成長の加速にも貢献しています。

1ポイント1円でわかりやすい|株式会社Voicy

株式会社Voicyは、日本のボイステック業界をリードするスタートアップ企業です。

同社が提供する音声プラットフォーム「Voicy」は、165万人を超える会員登録者数を誇り、多くのクリエイターやリスナーに利用されています。

Voicyもまた、UPSIDERカードの導入により大きな効果を上げています。

シンプルでわかりやすいポイント還元

VoicyがUPSIDERカードを選んだ決め手は、「1ポイント=1円」というシンプルでわかりやすいポイント還元システムです。

この明確な仕組みにより、経理処理が簡便になり、経費管理がスムーズに行われています。

時間と手間の削減

UPSIDERカードの導入により、従来の煩雑な経費処理が大幅に簡素化されました。

「当たり前だと思っていた手間と時間がなくなった」との声もあり、経営資源の有効活用が進んでいます。

コスト削減と成長の両立

Voicyは、UPSIDERカードで獲得したポイントをさまざまな支出に利用することで、コスト削減を実現しています。

削減したコストを新たな事業展開や技術開発に投入し、企業の成長を加速させています。

UPSIDERカードのポイント還元を最大限に活用しよう

UPSIDERカードのポイント還元は、単なる経費削減にとどまらず、企業の成長にも貢献する強力なツールです。

今回紹介したココナラとVoicyの事例から学べるように、ポイントの賢い使い方を理解し、あなたのビジネスにも活かしてみてください。

ポイントの管理と利用を計画的に行い、経費削減と企業成長を両立させることで、ビジネスの成功に繋げることができます。

ぜひ、UPSIDERカードを賢く活用し、経営の効率化と持続的な成長を目指しましょう。

✅何枚でも発行無料・枚数無制限

\独自の審査で限度額が最大10億円!/
UPSIDER法人カードの
公式サイト >

経費削減に役立つUPSIDERカードのポイントの使い道

法人事業主にとって、経費削減は常に重要な課題です。

UPSIDERカードは、そのポイントプログラムを活用することで、効果的に経費を削減する手段を提供しています。

UPSIDERカードのポイントの具体的な使い道を紹介し、どのようにして経費削減に役立てるかを解説します。

UPSIDERカードとは

基本情報

UPSIDERカードは、法人事業主向けに設計されたクレジットカードで、利用に応じてポイントが貯まる仕組みになっています。

このポイントは、さまざまな形で利用することができ、経費削減に直結する効果があります。

ポイントの獲得方法

ポイントは、カード利用額に応じて自動的に貯まります。

例えば、オフィス用品の購入や出張費の支払いなど、日常のビジネス経費をUPSIDERカードで支払うことで効率よくポイントを貯めることができます。

ポイントの使い道

1. オフィス用品の購入

貯まったポイントをオフィス用品の購入に充てることで、直接的な経費削減が可能です。

プリンターのインクや用紙、デスク用品など、日常的に必要な物品をポイントで購入すれば、その分の現金支出を抑えることができます。

2. ビジネスサービスの利用

ポイントをビジネスサービスに利用することもできます。

例えば、クラウドサービスの利用料や、オンライン広告の費用をポイントで支払うことができる場合があります。

これにより、重要なビジネスツールを実質的に無料で利用することができます。

3. 出張費のカバー

出張時の宿泊費や交通費をポイントでカバーすることで、出張コストを削減できます。航空券やホテルの予約にポイントを使えば、その分の経費を節約することができます。

4. 社員福利厚生

貯まったポイントを社員の福利厚生に利用することも可能です。

例えば、社員向けのギフトカードや、レストランでの食事券などに交換し、モチベーションアップに繋げることができます。

5. パートナー企業との取引

UPSIDERカードのポイントは、提携しているパートナー企業との取引にも利用できます。

これにより、より良い条件での取引が可能となり、経費削減だけでなくビジネスチャンスの拡大にも繋がります。

ポイント利用の具体例

ケース1:オフィス用品の節約

ある中小企業では、年間で約50万円のオフィス用品を購入しています。

UPSIDERカードを利用することで、これらの支払いで貯まったポイントを次年度のオフィス用品購入に充て、約10万円の経費削減に成功しました。

ケース2:クラウドサービスの費用削減

IT企業では、毎月のクラウドサービス利用料が約20万円かかっています。

ポイントを利用してこの費用の一部をカバーすることで、年間で約24万円のコスト削減を実現しました。

ポイント活用の注意点

ポイントの有効期限

ポイントには有効期限があります。期限内にポイントを使い切るために、定期的にポイント残高を確認し、計画的に利用することが重要です。

ポイントの交換条件

ポイントの交換条件や利用可能なサービスは定期的に見直されることがあります。

最新の情報を常にチェックし、最適なタイミングでポイントを利用することが大切です。

このセクションのまとめ

UPSIDERカードのポイントプログラムを上手に活用することで、法人事業主はさまざまな経費を削減することができます。

オフィス用品の購入やビジネスサービスの利用、出張費のカバーなど、幅広い使い道を有効に活用して、効率的な経費管理を実現しましょう。

この記事を参考に、UPSIDERカードのポイントを最大限に活用し、経費削減に役立ててください。

✅何枚でも発行無料・枚数無制限

\独自の審査で限度額が最大10億円!/
UPSIDER法人カードの
公式サイト >

従業員満足度向上:福利厚生としてのUPSIDERカードのポイント活用

従業員満足度の向上は、企業の成功に直結します。

UPSIDERカードのポイントを福利厚生として活用することで、従業員のモチベーションを高め、企業全体のパフォーマンスを向上させることができます。

UPSIDERカードのポイントを福利厚生に役立てる方法と、その効果について詳しく解説します。

UPSIDERカードのポイントプログラムとは

基本情報

UPSIDERカードは、法人事業主向けに設計されたクレジットカードで、利用に応じてポイントが貯まる仕組みになっています。

このポイントは、企業の経費削減や従業員の福利厚生に利用することができ、多様な使い道が魅力です。

ポイントの獲得方法

ポイントは、カード利用額に応じて自動的に貯まります。

オフィス用品の購入や出張費の支払いなど、日常のビジネス経費をUPSIDERカードで支払うことで効率よくポイントを貯めることができます。

福利厚生としてのポイント活用方法

1. ギフトカードや商品券に交換

貯まったポイントをギフトカードや商品券に交換することで、従業員に贈ることができます。

これにより、従業員は自分の好きな商品やサービスを選ぶことができ、満足度が高まります。

2. 社員旅行やイベントの費用に充当

ポイントを利用して、社員旅行や社内イベントの費用を補助することができます。

これにより、企業の負担を軽減しつつ、従業員同士の親睦を深めることができます。

3. 健康管理やフィットネス関連の利用

ポイントをフィットネスクラブの会費や健康診断の費用に充てることで、従業員の健康管理を支援することができます。

健康な従業員は、仕事のパフォーマンスも向上します。

4. 教育・研修費用のサポート

従業員のスキルアップやキャリア開発を支援するために、ポイントを教育・研修費用に充当することも可能です。

これにより、従業員の成長を促進し、企業の競争力を高めることができます。

5. 日常の福利厚生費用に利用

ポイントを使って、カフェテリアプランの充実や、オフィス内での軽食や飲み物の提供に充てることができます。

これにより、従業員のリラックスや快適な環境作りに役立ちます。

UPSIDERカードのポイント活用のメリット

従業員のモチベーション向上

ポイントを活用した福利厚生は、従業員にとって直接的な利益となり、モチベーションの向上につながります。

これにより、従業員の仕事に対する意欲が高まり、生産性が向上します。

企業のコスト削減

ポイントを福利厚生に利用することで、企業は現金支出を抑えることができます。

これにより、経費削減が実現し、財務状況の改善にも寄与します。

従業員の定着率向上

充実した福利厚生は、従業員の満足度を高め、企業へのロイヤリティを強化します。

これにより、優秀な人材の定着率が向上し、離職率の低下が期待できます。

ポイント活用の成功事例

ケース1:ギフトカードで従業員満足度向上

ある中小企業では、貯まったポイントをギフトカードに交換し、従業員に配布することで、従業員満足度の向上を実現しました。

これにより、社員の仕事への意欲が高まり、業績も向上しました。

ケース2:社員旅行の費用をポイントでカバー

別の企業では、社員旅行の費用をポイントで補助することで、旅行費用の削減と社員の親睦を深めることができました。

結果として、社内のコミュニケーションが円滑になり、チームワークが強化されました。

このセクションのまとめ

UPSIDERカードのポイントを福利厚生として活用することで、従業員満足度を向上させ、企業のパフォーマンスを向上させることができます。

ギフトカードや社員旅行、健康管理、教育・研修など、さまざまな使い道を検討し、効果的にポイントを活用しましょう。

この記事を参考に、UPSIDERカードのポイントを最大限に活用して、従業員満足度の向上を目指してください。

✅何枚でも発行無料・枚数無制限

\独自の審査で限度額が最大10億円!/
UPSIDER法人カードの
公式サイト >

UPSIDERカードのポイントを効率的に貯める方法

法人事業主にとって、UPSIDERカードは経費管理の効率化だけでなく、ポイントを貯めることで様々なメリットを享受できます。

UPSIDERカードのポイントを効率的に貯める方法について詳しく解説します。

ポイントを効果的に活用するための具体的な戦略を学び、ビジネスのコスト削減と付加価値の向上を目指しましょう。

UPSIDERカードの基本情報

カードの特徴とメリット

UPSIDERカードは、法人事業主向けに特化したクレジットカードで、利用に応じてポイントが貯まる仕組みが特徴です。

低金利や高いポイント還元率が魅力であり、経費の管理を効率化するツールとして利用されています。

ポイント還元率の仕組み

ポイント還元率は、利用額に応じて異なります。

一般的には1%〜2%の還元率が適用されますが、特定のキャンペーンや提携先での利用により、更に高い還元率が適用されることもあります。

ポイントを効率的に貯めるための基本戦略

1. 毎日のビジネス経費をカードで支払う

オフィス用品、広告費、出張費など、日常のビジネス経費をUPSIDERカードで支払うことで、効率的にポイントを貯めることができます。

小額な支出でも積み重ねることで、大きなポイントに繋がります。

2. 定期支出をカードにまとめる

インターネットや電話の利用料金、サブスクリプションサービスの支払いをUPSIDERカードにまとめることで、毎月安定してポイントを貯めることができます。

これにより、ポイント獲得が自動化され、効率が向上します。

3. キャンペーンを活用する

UPSIDERカードでは定期的にポイントアップキャンペーンが実施されています。

これらのキャンペーンを活用することで、通常よりも高い還元率でポイントを貯めることができます。

最新のキャンペーン情報を定期的にチェックしましょう。

特定の支出カテゴリーでポイントを最大化する方法

1. オフィス用品の購入

オフィス用品を購入する際には、UPSIDERカードを利用することで、ポイントを効率的に貯めることができます。

特に、大量に購入する場合や高額な備品を購入する場合には、大きなポイント還元が期待できます。

2. 交通費と出張費

交通費や出張費をUPSIDERカードで支払うことで、大きなポイントを貯めることができます。

航空券やホテルの予約、レンタカーの支払いなど、出張関連の経費をカードで一括管理することがおすすめです。

3. 広告費とマーケティング費用

広告費やマーケティング費用をUPSIDERカードで支払うことで、ポイントを効率的に貯めることができます。

特に、オンライン広告の費用は高額になりがちなため、大きなポイント還元が期待できます。

ポイント管理のコツと注意点

ポイントの有効期限に注意する

ポイントには有効期限があります。

貯まったポイントを有効期限内に活用するために、定期的にポイント残高を確認し、計画的に利用することが重要です。

ポイント交換のタイミングを見極める

ポイントを最大限に活用するためには、交換のタイミングを見極めることが重要です。

特定のキャンペーン期間中に交換することで、よりお得にポイントを利用することができます。

ポイント獲得の詳細条件を確認する

ポイント獲得の詳細条件や特定の利用条件を確認することで、ポイントを効率的に貯めることができます。

例えば、特定の店舗やオンラインショップでの利用が還元率アップの対象となる場合があります。

このセクションのまとめ

UPSIDERカードのポイントを効率的に貯めるためには、日常のビジネス経費をカードで支払い、キャンペーンを活用し、特定の支出カテゴリーに重点を置くことが重要です。

また、ポイントの有効期限や交換タイミングにも注意を払い、計画的にポイントを管理しましょう。

この記事を参考にして、UPSIDERカードのポイントを最大限に活用し、ビジネスのコスト削減と付加価値の向上を目指してください。

✅何枚でも発行無料・枚数無制限

\独自の審査で限度額が最大10億円!/
UPSIDER法人カードの
公式サイト >

ポイント還元率の高い法人カードを選ぶコツ

法人カードは、企業の経費管理を効率化し、ポイント還元を通じて経費削減にも役立ちます。

しかし、さまざまなカードの中からどのカードを選ぶべきか迷うことも多いでしょう。

ポイント還元率の高い法人カードを選ぶためのコツを詳しく解説します。

法人カードのポイント還元率とは

ポイント還元率の基本

ポイント還元率とは、カード利用金額に対してどれだけのポイントが付与されるかを示す指標です。

例えば、還元率1%の場合、100円の利用ごとに1ポイントが付与されます。

還元率が高いほど、多くのポイントが貯まりやすくなります。

法人カードのポイント還元率の特徴

法人カードのポイント還元率は、一般的に個人向けカードよりも高めに設定されていることが多いです。

特定のカテゴリーでの利用に対して還元率が優遇されることもあり、企業の経費支出に対するメリットが大きいです。

ポイント還元率の高い法人カードを選ぶコツ

1. 自社の支出パターンを分析する

法人カードを選ぶ際には、まず自社の経費支出パターンを分析することが重要です。

どのカテゴリーでの支出が多いかを把握し、そのカテゴリーで還元率が高いカードを選びましょう。

2. 特定のカテゴリーでの還元率を確認する

法人カードの中には、特定のカテゴリー(例えば、オフィス用品、交通費、広告費など)での利用に対して高い還元率を提供するものがあります。

自社の主要な支出カテゴリーに応じたカードを選ぶことで、ポイント還元を最大化できます。

3. ボーナスポイントやキャンペーンを活用する

多くの法人カードは、ボーナスポイントや期間限定のキャンペーンを実施しています。

これらの機会を活用することで、通常よりも多くのポイントを獲得することができます。

カード発行時や特定の利用条件を満たした際のボーナスポイントについてもチェックしましょう。

4. 年会費とのバランスを考慮する

高還元率の法人カードには、年会費が高めに設定されているものもあります。

還元率だけでなく、年会費とのバランスも考慮して選ぶことが重要です。

年会費がポイント還元によるメリットを上回るようなカードを選ぶと良いでしょう。

具体的な法人カードの選び方

1. 利用実績に基づいたシミュレーションを行う

過去の利用実績に基づき、各法人カードの還元率をシミュレーションしてみましょう。

具体的な支出金額に対するポイント獲得数を比較することで、自社に最適なカードを選ぶことができます。

2. 複数のカードを比較検討する

複数の法人カードの還元率、年会費、特典などを比較検討することが大切です。

インターネットの比較サイトや口コミを参考にすることで、より適切なカード選びが可能になります。

3. カード会社の信頼性を確認する

カード会社の信頼性も重要な要素です。

顧客サービスの質や、セキュリティ対策の充実度などを確認し、安心して利用できるカード会社を選びましょう。

ポイント還元率の高い法人カードの利用メリット

経費削減効果

高還元率の法人カードを利用することで、貯まったポイントを経費削減に役立てることができます。

例えば、ポイントをオフィス用品や出張費の支払いに充てることで、現金支出を抑えることができます。

キャッシュフローの改善

法人カードを利用することで、支払い期限が延長されるため、キャッシュフローの改善にも繋がります。

これにより、資金繰りが安定し、企業の財務状況が健全化します。

福利厚生の充実

貯まったポイントを従業員の福利厚生に活用することも可能です。

ギフトカードや商品券、社員旅行の費用にポイントを充てることで、従業員満足度の向上に繋がります。

このセクションのまとめ

ポイント還元率の高い法人カードを選ぶためには、自社の支出パターンを把握し、特定のカテゴリーで高還元率を提供するカードを選ぶことが重要です。

ボーナスポイントやキャンペーンの活用、年会費とのバランスも考慮しながら、複数のカードを比較検討しましょう。

適切な法人カードを選び、経費削減やキャッシュフローの改善、福利厚生の充実を図ることで、企業の成長をサポートすることができます。

✅何枚でも発行無料・枚数無制限
✅独自の審査で限度額が最大10億円
✅電子帳簿保存法・インボイス制度対応

\新規上場企業の20%以上が利用!/
UPSIDER法人カードの
公式サイト >