広告あり

「融資が受けやすい銀行」を探す前に!中小企業が使える新しい資金調達法とは?

中小企業経営のヒント

中小企業経営者にとって、支払いが差し迫った請求書に対処することは、日常茶飯事の問題です。

しかし、時には手元に現金がなく、支払いに追われることがあります。

このような状況に陥った場合、多くの企業経営者は銀行からの融資を頼る傾向があります。

しかし、融資を受けることは容易ではありません。

銀行は、貸出リスクを最小限に抑えるために、厳しい審査基準を設けています。

そのため、中小企業経営者にとって融資を受けることは、非常に困難な場合があります。

そこで、今回は「融資が受けやすい銀行」を探す前に、中小企業が使える新しい資金調達法についてご紹介します。

この方法は、銀行融資よりも容易に利用でき、支払いに追われる状況でも素早く対処することができます。

その方法が、upsiderの支払い.comという新サービスです

差し迫った請求書の支払いをクレジットカードで決済することができます。

 

「upsiderの支払い.COM」は、売掛金も無し、審査も無し、必要書類も無しで、急ぎの請求書の支払いをクレジットカードで、決済できる新サービスです。

 

実際の支払いは、クレジットカードの決済日まで、最大60日間先延ばしされます。

 

クレジットカードを持っていれば、すぐ利用できます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までクレジットカード決済

おすすめ記事 ⇒ upsiderの支払い.COMの評判(口コミ)はどうなの?利用者3人の体験談!

「融資が受けやすい銀行」を探す前に知るべき支払い.comの特徴

請求書の支払いが差し迫っている中小企業経営者の方々にとって、現金のない資金繰りは大きな問題です。

そんな中で、銀行からの融資を受けるためには、自社の信用力を高める必要があります。

この際、クレジットカード決済を活用する「支払い.com」のサービスを知っておくことは、大きなアドバンテージとなります。

支払い.comの特徴をまとめると以下の通りです。

クレジットカード決済を活用して銀行振込や請求書の支払いが可能

銀行振込先や請求書の支払い相手に対して最長60日延長できる

事前の審査不要で利用登録ができる

利用手数料が定額で、コスト削減につながる

決済金額の集計や管理が簡単にできる

支払い.comを利用することで、自社の信用力を高めることができる

支払い.comを利用することで、支払いを遅らせることを回避できるため自社信用力の向上に繋がります。

また、手数料が定額であるため、コスト削減にもつながります。

今後支払いが差し迫った際には、支払い.comを活用してみることをおすすめします。

支払い.comの活用方法とメリット

中小企業経営者のあなた、支払いが差し迫った請求書を受け取った際に、現金がなくても大丈夫です。

それは「支払い.com」を利用すれば、クレジットカード決済で銀行振込や請求書の支払いを最長60日延長できるからです。

「支払い.com」の活用方法とそのメリットについてご紹介します。

支払い.comの活用方法

支払い.comの活用方法は、以下の通りです。

1.クレジットカード登録

「支払い.com」の利用には、クレジットカードの登録が必要です。

クレジットカードの情報を登録することで、クレジットカード決済が可能になります。

2.請求書のアップロード

請求書をアップロードすることで、支払い.comが代わりに請求書の支払いを行います。

支払い.comは最長60日まで請求書の支払いを延長することができます。

3.支払いの確認

支払い.comから支払い完了の通知が届くので、確認してください。

また、支払い完了後には、クレジットカードでの支払いが行われますので、カード明細を確認しましょう。

支払い.comのメリット

支払い.comを利用することで、以下のようなメリットがあります。

現金の用意が不要

支払い.comを利用することで、現金の用意が不要になります。

クレジットカード決済で請求書の支払いが可能になるため、事前に銀行振込をする必要がありません。

最長60日間の延長が可能

支払い.comを利用することで、請求書の支払い期限を最長60日間まで延長することができます。

経営資金の調達に役立ちます。

手続きが簡単

支払い.comの手続きは、クレジットカードの登録と請求書のアップロードのみで完了します。

煩雑な手続きが必要ありません。

インターネット環境があれば、いつでもどこでも手続きを行うことができますので、時間や場所に縛られることなく、迅速に支払いを行うことができます。

銀行からの融資が不要

銀行からの融資を受けることなく、資金調達に苦しんでいる中小企業経営者でも、支払いに追われることなく、事業を安定的に運営することができます。

銀行からの融資を受ける前に、支払い.comを活用することで、資金繰りをより円滑に行うことができます。

以上のように、支払い.comは中小企業経営者にとって有用なサービスであり、資金調達に苦しんでいる場合でも、柔軟に支払いに対応することができます。

「融資が受けやすい銀行」に頼る前に知っておきたいこととは?

中小企業経営者のあなた、支払いが差し迫った請求書があっても、手元に現金がない場合は、慌てずに対策を考えましょう。

融資が受けやすい銀行を探す前に、以下のことを知っておくことで、現金調達の方法を見つけることができます。

資金調達の種類を知る

融資以外にも、クラウドファンディングやサブスクリプション型ビジネス、事業者間融資など、様々な資金調達方法があります。

自社の事業状況や目的に応じて、適切な資金調達方法を選択しましょう。

ビジネスプランを作成する

銀行や投資家は、投資先の事業が成功する可能性が高いと判断した場合に、資金を提供する傾向があります。

そのため、魅力的なビジネスプランを作成し、説明力を高めることが重要です。

信用力を高める

資金提供者にとって、融資先の信用力は非常に重要です。

過去の貸し借り履歴や支払い遅延など、自社の信用力を高めるよう努めましょう。

ファイナンシャルプランを策定する

ビジネスプランと並行して、資金繰りの見通しを策定することが大切です。

自社の現状を正確に把握し、必要な資金量を見積もることが必要です。

資金調達の手順を把握する

各種資金調達方法には、申請手順や審査基準などがあります。

それぞれの手順を把握し、効率的な申請を行いましょう。

資金提供者のニーズを把握する

銀行や投資家は、自社が投資することで何を得るのか、何を求めているのかを把握しています。

そのため、自社のビジネスプランやニーズに合わせて、資金提供者を選べる必要があります。

ただし、中小企業にとっては、融資を受ける際には多くの条件を満たす必要があり、そのための準備が必要です。

中小企業は、融資を受ける際には複数の資金提供者を比較することが重要です。

銀行や投資家によって、融資金利や償還条件が異なるため、複数の資金提供者を比較することで、より良い条件で資金調達を行うことができます。

融資が受けやすい銀行を探すことの問題点

資金調達の必要性が生じた場合、多くの中小企業経営者は、銀行からの融資を受けることを考えます。

銀行融資は、利用しやすく手軽であり、多くの場合、低金利で借り入れることができます。

しかし、銀行融資が必ずしも最善の選択肢であるとは限りません。

融資が受けやすい銀行を探すことには、いくつかの問題点があるためです。

審査基準が厳しい

銀行は、貸し出し先にリスクを負わせたくないため、審査基準が非常に厳しいことがあります。

銀行の審査基準に合わない場合、融資を受けることができない可能性があります。

審査に時間がかかる

銀行の融資審査には時間がかかります。

特に、資金調達が急ぎの場合、銀行からの融資を待つことができない可能性があります。

貸し出し限度額が決まっている

銀行からの融資は、貸し出し限度額が決まっています。

必要な資金が銀行の貸し出し限度額を上回る場合、複数の銀行から融資を受ける必要があります。

その場合、返済のタイミングや金利について複数の銀行と調整する必要が生じます。

金利が高い場合がある

銀行融資の金利は、企業の信用力や財務状況によって異なります。

特に、中小企業にとっては、金利が高くなることがあります。

以上のように、融資が受けやすい銀行を探すことには、いくつかの問題点があります。

中小企業経営者は、銀行融資に限らず、多様な資金調達方法を検討し、自社のニーズに合った資金調達を行うことが重要です。

 

「upsiderの支払い.COM」は、売掛金も無し、審査も無し、必要書類も無しで、急ぎの請求書の支払いをクレジットカードで、決済できる新サービスです。

 

実際の支払いは、クレジットカードの決済日まで、最大60日間先延ばしされます。

 

クレジットカードを持っていれば、すぐ利用できます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までクレジットカード決済

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細