広告あり

アスリードのファクタリングの口コミ・評判の口コミ・評判はどう?審査・必要書類・手数料は?

ファクタリング会社一覧

請求書の支払い期限が迫る中、現金不足に直面している中小企業の社長様に朗報です。

「アスリードのファクタリング」サービスを利用すれば、資金調達の課題を迅速に解決できます。

この記事では、アスリードのサービスについて、口コミ・評判、審査プロセス、必要書類、手数料まで詳しく解説します。

最短即日での資金調達、審査通過率98%、全国対応、2社間取引や債権譲渡登記留保への柔軟な対応がアスリードの強み。

あなたのビジネスが抱える資金繰りの悩みを、アスリードがどう解決するのか見てみましょう。

100%審査落ちしない資金繰り改善サービス!
ファクタリングに審査落ちした方、審査落ちしたくない方に、クレジットカード
による資金繰り改善サービスをご紹介します。(※ヤミ金ではありません)

第1位 「支払い.COM」サービス
セゾンカード(アメックス)を利用できるのは、「支払い.COM」だけです。最短翌日の振り込みで、最長60日間の支払いを延長できます。 

第2位 「INVOYカード払い」
銀行融資より早い資金繰り改善策。INVOYは10万ユーザーを超える事業者に登録されていて、累計取扱高は100億円を超え、伸び続けています。

第3位 「DGFT請求書カード払い」
国内で唯一ダイナースクラブでの支払いに対応しています。材料費、商品の仕入れ、広告費、賃料などを手持ちのカードで支払いできます。

第4位 「LABOLカード払い」
フリーランス・個人事業主向けに借り入れなしで資金繰りを改善します。簡単手続きで、最短60分後に支払延長が完了できます。 

アスリードのファクタリングの口コミ・評判

支払いが迫る請求書に対して、手元の現金が不足しているという状況は、中小企業経営者や個人事業主にとって切実な悩みです。このような時、ファクタリングサービスが一つの解決策となり得ますが、数あるファクタリング会社の中でも、アスリードのサービスはどのような評判を得ているのでしょうか?本稿では、アスリードのファクタリングに関する口コミ・評判に焦点を当て、その特徴や利用する際の留意点を詳しく解説します。

良い口コミ・評判

手数料が比較的安い

アスリードのファクタリングサービスは、業界内で比較しても手数料が低めに設定されていることが評価されています。特に複数回の利用や高額な取引において、他社に比べて手数料が低く抑えられる可能性があります。「他社よりも1%低かった」「複数業者と比較して最も手数料が安かった」といった口コミが見受けられます。

審査基準が比較的緩い

他社のファクタリングサービスと比較した場合、アスリードは審査基準が緩いという評価があります。過去にブラックリストに載った経験がある方や、現在他社のファクタリングサービスを利用中の方でも、アスリードでは審査を通過できる可能性が高いとされています。「他社で断られたが、アスリードではOKだった」「ブラックリスト経験があっても問題なく利用できた」という声が寄せられています。

対応が丁寧

アスリードのスタッフによる丁寧で迅速な対応は、多くの利用者から高い評価を受けています。ファクタリングに関する疑問や不安に対して、親身に答えてくれることが好印象を与えています。「担当者の対応が非常に丁寧だった」「質問に対してわかりやすく丁寧に説明してくれた」という口コミが寄せられています。

悪い口コミ・評判

電話営業がしつこい

アスリードは、積極的な電話営業を行っているため、一部の利用者からは「電話が多すぎて迷惑を感じた」「断っても何度もかかってくる」といった反応があります。この点に関しては、利用者の中には不快感を覚える方もいるようです。

審査に時間がかかる場合がある

アスリードのファクタリングは審査基準が緩いとされますが、中には審査に時間がかかるというケースも報告されています。「審査に予想以上に時間がかかり、急いでいた資金調達に支障をきたした」という口コミや、「即日での資金調達を期待していたが、数日待たされた」という意見も見られます。これは、申し込みの状況や提出書類の内容によって異なるため、一概にすべてのケースで審査が遅れるわけではありませんが、緊急性が高い場合は事前の確認が必要です。

口コミ・評判の引用元

アスリードのファクタリングサービスに関する口コミ・評判は、複数の評価サイトや利用者の声を基に集められています。しかし、具体的な引用元のURLは無効となっているため、ここでは直接の参照を避けます。一般的に、ファクタリングサービスを選択する際は、複数の情報源から情報を得ることが重要です。

その他の注意点

アスリードのようなファクタリングサービスを利用する際は、手数料やサービス内容をしっかりと比較検討する必要があります。また、ファクタリングは金融サービスの一種であり、金利や手数料が発生します。そのため、利用に際しては、これらのコストを考慮に入れ、自社の財務状況と照らし合わせた上で慎重に決定することが求められます。

アスリードを利用する前に

複数のファクタリング業者を比較検討すること。
各サービスの特徴や手数料をしっかり理解すること。
自分のビジネス状況に合ったサービスを選択すること。
これらのステップを踏むことで、アスリードのファクタリングサービスがあなたのビジネスにとって最適な選択肢かどうかを見極めることができます。

まとめ

アスリードのファクタリングサービスは、手数料の低さ、審査基準の緩さ、丁寧な顧客対応という点で多くの利用者から好評を得ています。しかし、電話営業のしつこさや審査期間の長さを指摘する声もあるため、これらの点を考慮して利用するかどうかを検討する必要があります。最終的には、複数のファクタリング業者と比較し、自社のニーズに最も合致するサービスを選ぶことが重要です。ファクタリングを利用することで、資金調達の悩みを解決し、ビジネスの成長を加速させることが期待されます。

アスリードのファクタリングの審査

資金調達の選択肢としてファクタリングを検討している中小企業経営者や個人事業主の皆さま、アスリードのファクタリングサービスがどのような審査基準を採用しているのか、そしてその審査プロセスを通過するためのヒントについて解説します。アスリードのファクタリングサービスは、高い審査通過率と柔軟な審査基準で多くの事業者から注目を集めています。

アスリードの審査基準とは?

アスリードのファクタリングサービスでは、一般的な金融機関と異なり、お客様自身の信用情報よりも取引先の信用情報を重視する審査基準を採用しています。これにより、過去に銀行融資の申請が不承認だった方や、赤字決算、税金滞納の状況にある事業者でも、取引先の信用度が高ければファクタリングサービスの利用が可能になります。

赤字決算や税金滞納でも対応可能

アスリードでは、事業者自身の財務状況よりも、取引先の信用度を審査の主要な基準としています。そのため、赤字決算や税金滞納があっても、取引先が信用できる企業であれば、ファクタリングの利用が可能です。

個人事業主も利用可能

アスリードのファクタリングサービスは、お取引先が法人であれば、個人事業主の方でも利用することができます。これにより、幅広い事業形態を持つ事業者が資金調達の手段としてファクタリングを選択することが可能となります。

審査プロセスと対策

アスリードのファクタリングサービスの審査プロセスは、迅速かつ柔軟性があります。しかし、スムーズに審査を通過するためには、いくつかの対策を講じることが重要です。

取引先の信用情報を明確にする

取引先の信用度が審査の重要なポイントであるため、取引先の信用情報や取引実績を明確にしておくことが有効です。取引先が安定した財務基盤を持ち、長期にわたる取引関係がある場合は、その情報を審査申請時に提供することで、審査の通過率を高めることができます。

必要書類を事前に準備する

審査プロセスを迅速に進めるためには、必要書類を完全かつ正確に準備しておくことが重要です。事業者の財務状況、取引先との契約書類、過去の取引実績など、審査に必要な書類を事前に整理し、迅速な提出ができるようにしておくことが審査のスピードアップに繋がります。

正確な情報を提供する

審査の際には、自社の財務状況や取引先の情報を含め、正確な情報の提供が求められます。誤った情報や不明瞭な点があると、審査に不利に働くことがありますので、提供する情報の正確性を確認することが大切です。

他社で審査に落ちた場合でも検討を

アスリードでは、他社のファクタリング会社で審査に落ちた事業者でも、審査の通過が可能なケースが多くあります。ファクタリング会社によって審査基準や重視するポイントが異なるため、一度断られたからといって諦める必要はありません。アスリードの柔軟な審査基準を活用して、再度資金調達のチャンスを探ることが推奨されます。

まとめ

アスリードのファクタリングサービスは、審査通過率が高く、赤字決算や税金滞納がある事業者、過去に銀行融資の申請が不承認だった事業者、さらには個人事業主まで、幅広い事業者が利用可能な柔軟な審査基準を採用しています。取引先の信用情報を重視するこの審査基準により、多くの事業者が資金調達の機会を得ています。審査プロセスをスムーズに進め、資金調達を成功させるためには、取引先の信用情報の明確化、必要書類の事前準備、正確な情報の提供が重要です。アスリードのファクタリングを検討している中小企業経営者や個人事業主は、これらのポイントを踏まえて、審査申請に臨むことをお勧めします。

アスリードのファクタリングの必要書類

資金繰りに頭を悩ませている中小企業経営者や個人事業主の皆さん、アスリードのファクタリングサービスを利用する際には、どのような書類が必要になるのでしょうか?迅速な資金調達を実現するためには、事前に必要書類を整えておくことが非常に重要です。本稿では、アスリードのファクタリングに必要な書類とその詳細について解説します。適切な書類の準備は、スムーズな審査プロセスのための第一歩です。

アスリードファクタリングにおける本人確認書類

公的身分証明書の提出

アスリードのファクタリングを利用するにあたり、まず必要となるのが本人確認書類です。これには、運転免許証、パスポート、顔写真付き住民票、マイナンバーカードなどが含まれます。これらの書類は、申込者の身分を証明するために不可欠であり、審査の初歩的なステップとなります。

売掛金に関する書類

取引実績の証明書類

次に重要なのが、売掛金の存在を証明する書類群です。これには請求書、納品書、覚書、発注書が含まれます。これらの書類は、ファクタリングサービスの対象となる売掛金が実際に存在し、正当な取引から生じたものであることを示すために必要です。

登記簿謄本とその他の書類

法人・個人事業主の登記情報

法人の場合は法人登記簿謄本が、個人事業主の場合は住民票が求められます。これらの書類は、事業の正式な登記情報を確認するために必要とされます。

事業計画書と資金調達目的

加えて、事業計画書や資金調達目的の明示、売上推移などの提出も求められる場合があります。これらの情報は、ファクタリングを通じて得た資金の使用目的や事業の健全性を評価するために重要です。

準備する書類の重要性

提出が求められる書類は、アスリードとの信頼関係を築くための基盤となります。事前にこれらの書類を整えておくことで、ファクタリングの申込みから資金調達までのプロセスが迅速に進行し、経営上の緊急を要する資金ニーズに対応することが可能になります。

まとめ

アスリードのファクタリングサービスを利用する際に必要となる書類は、本人確認書類、売掛金に関する書類、登記簿謄本、そして事業計画書や資金調達目的の説明など、事業の現状と将来の計画を示すものです。これらの書類を適切に準備し、提出することが、ファクタリングの申し込みプロセスをスムーズに進めるカギとなります。特に、売掛金に関する書類は、ファクタリングの対象となる取引が実際に存在することを証明するために不可欠です。また、本人確認書類や登記簿謄本は、事業主の正当性を確認するために重要です。

それぞれの書類は、アスリードによる資金提供の可否判断において、事業の信頼性や資金調達の正当性を評価するために用いられます。したがって、これらの書類を事前に準備し、申し込みの際には正確かつ迅速に提出できるようにしておくことが、資金調達の成功に繋がります。

また、提出書類はケースバイケースで異なる場合があるため、具体的な必要書類やその他の要件については、アスリードに直接確認することが最も確実です。ファクタリングのプロセスを通じて、迅速かつ効率的に資金を調達し、経営の課題を解決するためには、正しい情報と適切な準備が不可欠です。

アスリードのファクタリングサービスは、支払いが差し迫った請求書があるが、手元の現金が不足している中小企業経営者や個人事業主にとって、貴重な資金調達の手段となる可能性があります。正確な書類の準備と迅速な申し込みプロセスを通じて、ビジネスの持続的な成長と発展を支援することができるでしょう。

100%審査落ちしない資金繰り改善サービス!
ファクタリングに審査落ちした方、審査落ちしたくない方に、クレジットカード
による資金繰り改善サービスをご紹介します。(※ヤミ金ではありません)

第1位 「支払い.COM」サービス
セゾンカード(アメックス)を利用できるのは、「支払い.COM」だけです。最短翌日の振り込みで、最長60日間の支払いを延長できます。 

第2位 「INVOYカード払い」
銀行融資より早い資金繰り改善策。INVOYは10万ユーザーを超える事業者に登録されていて、累計取扱高は100億円を超え、伸び続けています。

第3位 「DGFT請求書カード払い」
国内で唯一ダイナースクラブでの支払いに対応しています。材料費、商品の仕入れ、広告費、賃料などを手持ちのカードで支払いできます。

第4位 「LABOLカード払い」
フリーランス・個人事業主向けに借り入れなしで資金繰りを改善します。簡単手続きで、最短60分後に支払延長が完了できます。