広告あり

DGFT請求書カード払いはクレジットカード利用で現金不足でも安心!支払い猶予が可能

DGFT

中小企業を経営していると、請求書の支払いに苦労することがあります。

特に現金不足の場合、支払いが滞ってしまい、信用が失われてしまうこともあります。

しかし、DGFTの請求書カード払いを利用することで、そんな心配は必要ありません。

今回の記事では、DGFT請求書カード払いの特徴について詳しく解説していきます。

DGFT請求書カード払いは、クレジットカードを利用して請求書の支払いを行うことができるサービスです。

現金不足の場合でも、クレジットカードを利用することで支払いが可能になります。

\請求書の支払期日を60日間先延ばし!/
✅借り入れなしで資金繰りを改善
✅利用額の3%の手数料で利用

DGFTカード払いの
公式サイト >

クレジットカードを利用して現金不足でも支払いが可能になる理由

中小企業を経営していると、支払い期限が迫っている請求書が届くことがあります。

しかし、手元に現金が不足しているときは、その支払いに苦労することもあるでしょう。

そこで、DGFTの請求書カード払いを利用することで、現金不足の心配をせずに支払いを行うことができます。

DGFT請求書カード払いがクレジットカードを利用して現金不足でも支払いが可能になる理由について詳しく解説していきます。

DGFT請求書カード払いは、クレジットカードを利用して請求書の支払いを行うことができるサービスです。

中小企業経営者にとって、現金不足による支払いの遅延は、大きな問題となります。

しかし、DGFT請求書カード払いを利用することで、クレジットカードを使って請求書の支払いを行うことができ、現金不足でも支払いが可能になります。

DGFT請求書カード払いを利用することで、手続きが簡単で使いやすく、複数の請求書を一括して支払うことができます。

また、DGFT請求書カード払いは、セキュリティ面でも安心して利用することができます。

クレジットカード情報は暗号化され、安全に管理されています。

さらに、支払い履歴も確認できるため、請求書の管理もより効率的に行うことができます。

DGFT請求書カード払いの利用にあたっては、利用限度額に注意する必要があります。利用限度額を超えた場合、支払いができなくなることがあります。

また、クレジットカードの利用に伴う手数料なども、事前に確認しておく必要があります。

DGFT請求書カード払いを利用することで、中小企業経営者は現金不足の心配をせずに、請求書の支払いを行うことができます。

支払い期限に追われた時でも、クレジットカードを利用すれば現金を用意する手間を省くことができます。

DGFT請求書カード払いは、手続きが簡単で使いやすいことも大きなメリットの一つです。

クレジットカード情報を登録するだけで、支払いが完了します。

また、複数の請求書を一括して支払うこともできます。これにより、請求書の管理も簡単になります。

さらに、DGFT請求書カード払いを利用することで、支払い履歴も確認することができます。

支払い履歴の確認により、請求書の管理が効率化されます。

また、クレジットカード情報の安全性も確保されているため、セキュリティ面でも安心して利用することができます。

DGFT請求書カード払いは、中小企業経営者にとって現金不足による支払いの滞りを解消する方法の一つです。

手続きが簡単で使いやすく、セキュリティも万全であるため、支払いに苦労している経営者にとっては大変有用なツールとなるでしょう。

DGFT請求書カード払いを活用して、経営の負担を軽減してください。

支払い猶予が可能で経営に余裕がない中小企業にも対応できるメリット

中小企業経営者にとって、請求書の支払いには常に苦労が伴います。

支払い期限が迫っている中、手元に現金がない場合は、経営に大きな負担がかかることになります。

そこで、DGFT請求書カード払いが支払い猶予が可能で経営に余裕がない中小企業にも対応できるメリットについて詳しく解説します。

DGFT請求書カード払いは、クレジットカードを利用して請求書の支払いを行うことができるサービスです。

支払い期限が迫っている中、手元に現金が不足している場合でも、クレジットカードを利用して支払いが可能になります。

DGFT請求書カード払いでは支払い猶予ができるため、経営に余裕がない中小企業にも対応できるようになっています。

支払い猶予期間中は、その分だけ経営に余裕が生まれます。

支払い猶予期間中は、現金を用意する必要がないため、経営に負担をかけることが少なくなります。

これにより、経営者はより効率的に業務に取り組むことができます。

さらに、DGFT請求書カード払いでは、手続きが簡単で使いやすいというメリットもあります。

クレジットカード情報を登録するだけで、支払いが完了します。

また、複数の請求書を一括して支払うこともできます。

これにより、請求書の管理も簡単になります。

DGFT請求書カード払いは、支払い期限が迫った中小企業経営者にとって、現金不足による支払いの滞りを解消する方法として非常に有用です。

特に支払いを引き延ばしできるため、経営に余裕がない中でも、支払いが可能になります。

これにより、経営者は現金を用意する手間を省くことができ、経営に集中することができます。

また、DGFT請求書カード払いのセキュリティも高いため、安心して利用することができます。

クレジットカード情報は暗号化され、安全に管理されています。

さらに、支払い履歴も確認できるため、請求書の管理もより効率的に行うことができます。

しかし、DGFT請求書カード払いを利用する際には、利用限度額に注意する必要があります。

利用限度額を超えた場合、支払いができなくなることがあります。

また、クレジットカードの利用に伴う手数料なども、事前に確認しておく必要があります。

DGFT請求書カード払いは、中小企業経営者にとって現金不足による支払いの遅延や経営の負担を軽減するためのツールとして、大変有用なサービスです。

支払い猶予ができるため、経営に余裕がない場合でも安心して利用することができます。

また、手続きが簡単で使いやすく、セキュリティも万全であるため、多くの経営者に利用されています。

DGFT請求書カード払いを活用して、経営の負担を軽減してください。

今後の中小企業経営におけるDGFT請求書カード払いの活用の可能性

中小企業経営者にとって、請求書の支払いは常に負担となっています。

しかし、DGFT請求書カード払いを利用することで、現金不足による支払いの滞りを解消することができます。

今後、DGFT請求書カード払いの活用がますます増えることが予想されます。

まず、DGFT請求書カード払いは、手続きが簡単で使いやすいことが大きなメリットです。

クレジットカード情報を登録するだけで支払いが完了します。

また、複数の請求書を一括して支払うこともできるため、請求書の管理も簡単になります。

さらに、支払い猶予ができるため、支払いに余裕がない場合でも安心して利用することができます。

このようなメリットから、今後はDGFT請求書カード払いの利用がますます増えることが予想されます。

特に、現在の時代においては、キャッシュレス決済が推進されており、クレジットカードの利用が増えています。

そのため、DGFT請求書カード払いも、より一層の利用拡大が期待されます。

また、DGFT請求書カード払いを利用することで、支払い履歴も確認することができます。

支払い履歴の確認により、請求書の管理が効率化されます。

また、支払い猶予期間中は、その分だけ経営に余裕が生まれます。

これにより、経営者はより効率的に業務に取り組むことができます。

DGFT請求書カード払いは、中小企業経営者にとって現金不足による支払いの遅延や経営の負担を軽減するためのツールとして、大変有用なサービスです。

今後も、キャッシュレス決済の普及や経営効率化の取り組みなどに伴い、DGFT請求書カード払いの利用がますます増えることが期待されます。

DGFT請求書カード払いの評判・口コミの記事はこちら

DGFT請求書カード払いのよくある質問

DGFT請求書カード払いのよくある質問を、公式サイトより引用してご紹介します。

Q誰でも利用できるのでしょうか?
Aカードをお持ちの法人のみご利用可能です。個人事業主や個人の方のご利用については現在準備中です。

Q利用できるカードの条件はありますか?
AJCB/Visa/Mastercardブランドのカードでご利用いただけます。

Qサービス利用時の事前書類提出はありますか?
A事前の書類提出は不要です。カードとカード支払いに切替えたい請求書をご用意ください。

Qサービス利用料金体系について教えて下さい
Aカード支払いに切替えた請求金額(税抜)の4%が利用手数料となります。
※振込金額が1万円以下の場合は、利用手数料は一律300円(税抜)となります。

Qカード支払いできる金額(税込)の上限や下限はありますか?
A本サービスにおける上限、下限の設定はございません。ご利用されるカードの利用限度内の範囲でご利用可能です。

Q振り込み名義人を利用者側で指定することはできますか?
Aはい、お客様専用ページにてカード支払い申請を行う際に、振り込み名義人を任意で指定することが可能です。

Qカード支払い後、振り込みはいつ実行されますか?
A10日、20日、末日から選択できます。
ただし、振り込み日が、土日・祝日の場合は、前営業日に振り込みを行います。

Q支払い対象として利用できる請求書に制限はありますか?
A日本国内の法人が発行する請求書に限られます。
海外企業や国内の個人事業主が発行した請求書ではご利用いただけません。

DGFT請求書カード払いの会社概要

DGFT請求書カード払いの会社概要をご紹介します。

社名

株式会社デジタルガレージ

所在地

設立

1995年8月17日

TEL

03-6367-1111

FAX

03-6367-1119

上場市場

東京証券取引所 プライム市場 [証券コード4819]

収益(連結)

72,955百万円(2022年3月期)

税引前利益(連結)

45,393百万円(2022年3月期)

親会社の所有者に帰属する当期利益(連結)

30,149百万円(2022年3月期)

資本合計

97,217百万円(2022年3月期)

発行済株式総数

47,482,800株(2022年3月期)

決算期日

3月31日

グループ

 

突発的なトラブルで急遽資金が必要になった
需要期の波で定期的に資金不足
金融機関の借り入れよりも早く資金を調達したい
仕入れや投資のスピードを上げたい

あらゆる請求書をカード払いで解決できる、新サービスをおススメします。

支払い.COMカード払い

セゾンカードが利用できるサービスです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短翌日(セゾンカード・UPSIDERカード)
・利用手数料 4%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード セゾンカード、Visa、Mastercard
・運営会社 株式会社UPSIDER 株式会社クレディセゾン(セゾンカード)

DGFT請求書カード払い

当サイト一押しのカード払いサービスです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短3営業日
・利用手数料 3%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード JCB/Visa/Mastercard/Diners Club
・運営会社 株式会社デジタルガレージ 株式会社JCB

ラボルカード払い

フリーランス・個人事業主限定のカード払いです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短1営業日
・利用手数料 3~3.5%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード Visa、Mastercard、JCB
・運営会社 株式会社ラボル 株式会社オリエントコーポレーション

INVOYカード払い

入出金管理サービスINVOYの「カード払い」です。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短3営業日
・利用手数料 3%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード Visa、Mastercard、JCB
・運営会社 FINUX株式会社 ライフカード株式会社

三井住友カード 請求書支払い代行サービス

三井住友カードのカード払いです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大40日間
・資金調達時間 最短5営業日
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード 国内発行のVisa、Mastercardブランドのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
・運営会社 三井住友カード株式会社 NTTコムウェア株式会社