広告あり

DGFT請求書カード払いとファクタリングの比較!売掛金不要の資金繰り!

DGFT

中小企業経営者の皆さまは、支払いが差し迫った請求書がありますが、手元の現金が支払うには不足しているという悩みを抱えていることと思います。

このような時、資金調達の方法として、ファクタリングとDGFT請求書カード払いがあります。

ファクタリングは、売掛金を事前に現金化することで資金調達を行う方法です。

一方、DGFT請求書カード払いは、カード決済を利用して請求書の支払いを先延ばしにし、資金繰りを改善する方法です。

DGFT請求書カード払いの特徴は、請求書の支払い期日が迫っているときでも、手元の現金を必要とせずに支払いができる点です。

一方、ファクタリングは、現金調達が可能である反面、手数料が発生し、売掛金を事前に現金化するため、取引先からの信用を失うリスクがあります。

このように、DGFT請求書カード払いとファクタリングにはそれぞれ特徴があります。

資金調達の方法として、自社の業務内容や状況に合わせて選択することが重要です。

\請求書の支払期日を60日間先延ばし!/
✅借り入れなしで資金繰りを改善
✅利用額の3%の手数料で利用

DGFTカード払いの
公式サイト >

DGFT請求書カード払いとファクタリングの比較

DGFT請求書カード払いとファクタリングは、どちらも中小企業にとって重要な資金繰り手段です。

しかし、それぞれの特徴や利用場面によって、適した方を選ぶ必要があります。

DGFT請求書カード払いとファクタリングの比較について詳しく解説します。

DGFT請求書カード払いとは?

DGFT請求書カード払いとは、デジタルガレージとJCBが提供する法人クレジットカードを活用した決済サービスの一つです。

通常の銀行振り込みの請求書をクレジットカード払いに切り替えることで、支払い期日を先延ばしにして資金繰りの改善を図ることができます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、企業が持つ売掛金を、金融機関や専門業者に譲渡することで、現金化することができる手段です。

ファクタリングを利用することで、売掛金を早期に現金化し、資金繰りの改善を図ることができます。

利用場面の違い

DGFT請求書カード払いは、クレジットカードがあれば、手軽に利用できます。

請求書の支払い期限までに、カード決済が可能であれば、支払い期日を先延ばしすることができます。

一方で、ファクタリングは、企業の売掛金を現金化する手段です。

企業が持つ売掛金の額によって利用できる範囲が異なります。

資金調達までのスピード

DGFT請求書カード払いは、カード決済が可能であれば、即日利用可能です。

一方で、ファクタリングは、審査や手続きが必要なため、利用までに時間がかかる場合があります。

資金繰りの安定性

DGFT請求書カード払いは、クレジットカードの枠内で決済するため、その限度内であれば、比較的安定した利用が可能です。

一方で、ファクタリングは、売掛金を譲渡することによって現金化するため、譲渡する請求書の金額によっては手数料が高くなることがあります。

また、ファクタリングは事前に審査が必要であり、審査に通らない場合は利用ができません。

資金調達までのスピードに関しては、DGFT請求書カード払いはカード発行後すぐに利用が可能で、ファクタリングは審査に時間がかかるため、利用までに時間がかかる場合があります。

また、資金繰りの安定性に関しては、DGFT請求書カード払いは利用するクレジットカードの限度額が維持されている限り安定していますが、ファクタリングは譲渡した売掛金が回収されなかった場合には、資金繰りに支障をきたす可能性があります。

手数料の比較に関しては、DGFT請求書カード払いは手数料がかかります。

ファクタリングは譲渡手数料や利息など、多くの手数料がかかることがあります。

以上のように、DGFT請求書カード払いとファクタリングにはそれぞれ特徴がありますので、中小企業経営者は利用場面や目的に合わせて選択することが重要です。

DGFT請求書カード払いの評判も参考にしてください。

DGFT請求書カード払いをおススメする人とファクタリングをおススメする人

支払いが差し迫った請求書があるが、手元の現金が支払うのには不足している資金繰りに疎い中小企業経営者の皆さんにとって、どちらがより適した方法なのでしょうか。

DGFT請求書カード払いとファクタリングの違いや特徴を踏まえて、それぞれをおススメする人について解説していきます。

まずはDGFT請求書カード払いをおススメする人についてです。

DGFT請求書カード払いは、クレジットカードの枠内で決済するため、その限度内であれば、比較的安定した利用が可能です。

さらに、クレジットカードのポイント還元などのメリットもあります。

また、支払いまでのスピードも早く、請求書をカード払いに切り替えるだけで手続きが完了するため、簡単かつ迅速な対応が可能です。

さらに、手数料も一定の枠内であれば比較的安価であり、中小企業にとっても利用しやすいといえます。

一方、ファクタリングをおススメする人については、資金調達までのスピードが非常に速く、現金化ができるため、急な資金需要に対応することができます。

また、売掛金を譲渡することによって現金化するため、中小企業が融資を受けることが難しい場合にも利用ができます。

さらに、ファクタリングは、売掛金を譲渡することによって現金化するため、自社での回収作業が必要なく、管理負担が軽減されるというメリットもあります。

以上のように、DGFT請求書カード払いとファクタリングにはそれぞれ特徴があり、適した利用場面が異なります。DGFT請求書カード払いは、資金調達に対する緊急性が低く、比較的安定した利用が可能な場合におススメです。

DGFT請求書カード払いとファクタリングは、それぞれ特徴が異なり、利用場面によって選択することが重要です。

資金繰りの安定性やクレジットリスクの移行を重視する場合は、ファクタリングが適しています。

一方、手元の現金不足をクレジットカードで補うことができる場合は、DGFT請求書カード払いを検討することができます。

中小企業経営者の方は、自社の資金繰り状況や業種に合わせて、適切な資金調達方法を選択することが重要です。

DGFT請求書カード払いとファクタリングの注意点

DGFT請求書カード払いとファクタリングは、中小企業の資金繰りを支援する手段として注目されています。

しかし、それぞれの方法には注意すべき点があります。

DGFT請求書カード払いとファクタリングそれぞれの利用において注意すべき点を解説します。

DGFT請求書カード払いの注意点

利用限度額を把握する

DGFT請求書カード払いは、クレジットカードの枠内で決済するため、その限度内であれば、比較的安定した利用が可能です。

しかし、限度額を超えた場合は、融資による資金調達が必要になるため、利用限度額を把握しておくことが重要です。

利用料金を理解する

DGFT請求書カード払いには、利用料金が発生します。

費用がかかるため、正確に把握し、事前に計画的な利用が必要です。

請求書の管理に注意する

DGFT請求書カード払いでは、請求書の管理が重要です。

クレジットカードで支払うため、請求書の紛失や誤りがあると支払いができなくなる場合があります。

請求書の管理には、正確な入力と保存、支払い期日の確認が必要です。

ファクタリングの注意点

契約内容を確認する

ファクタリングには、契約内容によって様々な制約があります。

例えば、譲渡する売掛金の種類や金額、譲渡先などが制限される場合があります。

契約内容を事前に確認し、自社の事業内容に合ったファクタリング会社を選ぶことが大切です。

譲渡した売掛金が返済された場合の対応を考える

ファクタリングで譲渡した売掛金が、返済された場合、その金額を返済しなければなりません。

そのため、資金繰りに余裕を持った計画的なファクタリング利用が必要です。

信用情報に影響する可能性

また、ファクタリングでは譲渡する売掛金に応じて手数料が発生することがあります。

手数料は低くなる傾向にありますが、取引金額によってはかなり高額になることもあります。

さらに、ファクタリング業者によっては、信用情報に影響することもあるため、注意が必要です。

一方で、DGFT請求書カード払いは、カード利用枠内での決済となるため、取引金額によって手数料が発生するものの、信用情報への影響はありません。

\請求書の支払期日を60日間先延ばし!/
✅借り入れなしで資金繰りを改善
✅利用額の3%の手数料で利用

DGFTカード払いの
公式サイト >

DGFT請求書カード払いのよくある質問

DGFT請求書カード払いのよくある質問を、公式サイトより引用してご紹介します。

Q誰でも利用できるのでしょうか?
Aカードをお持ちの法人のみご利用可能です。個人事業主や個人の方のご利用については現在準備中です。

Q利用できるカードの条件はありますか?
AJCB/Visa/Mastercardブランドのカードでご利用いただけます。

Qサービス利用時の事前書類提出はありますか?
A事前の書類提出は不要です。カードとカード支払いに切替えたい請求書をご用意ください。

Qサービス利用料金体系について教えて下さい
Aカード支払いに切替えた請求金額(税抜)の4%が利用手数料となります。
※振込金額が1万円以下の場合は、利用手数料は一律300円(税抜)となります。

Qカード支払いできる金額(税込)の上限や下限はありますか?
A本サービスにおける上限、下限の設定はございません。ご利用されるカードの利用限度内の範囲でご利用可能です。

Q振り込み名義人を利用者側で指定することはできますか?
Aはい、お客様専用ページにてカード支払い申請を行う際に、振り込み名義人を任意で指定することが可能です。

Qカード支払い後、振り込みはいつ実行されますか?
A10日、20日、末日から選択できます。
ただし、振り込み日が、土日・祝日の場合は、前営業日に振り込みを行います。

Q支払い対象として利用できる請求書に制限はありますか?
A日本国内の法人が発行する請求書に限られます。
海外企業や国内の個人事業主が発行した請求書ではご利用いただけません。

DGFT請求書カード払いの会社概要

DGFT請求書カード払いの会社概要をご紹介します。

社名

株式会社デジタルガレージ

所在地

設立

1995年8月17日

TEL

03-6367-1111

FAX

03-6367-1119

上場市場

東京証券取引所 プライム市場 [証券コード4819]

収益(連結)

72,955百万円(2022年3月期)

税引前利益(連結)

45,393百万円(2022年3月期)

親会社の所有者に帰属する当期利益(連結)

30,149百万円(2022年3月期)

資本合計

97,217百万円(2022年3月期)

発行済株式総数

47,482,800株(2022年3月期)

決算期日

3月31日

グループ

中小企業におすすめの決済方法

中小企業にとって、支払い方法は重要な問題の一つです。

適切な支払い方法を選ぶことで、資金繰りをスムーズにし、企業の成長につなげることができます。

中小企業におすすめの決済方法について、DGFT請求書カード払いを中心に分かりやすく解説していきます。

まずは、DGFT請求書カード払いの特徴についておさらいしておきましょう。

DGFT請求書カード払いとは、請求書の支払いをクレジットカードで行うことができるサービスです。

これにより、手元の現金を抱えたままでも、請求書の支払いが可能になります。

また、クレジットカードのポイント還元やキャッシュバックなどのメリットもあるため、中小企業にとっては非常に魅力的な支払い方法といえます。

では、中小企業におすすめの決済方法として、DGFT請求書カード払いのメリットをまとめてみましょう。

現金を抱えたまま支払いが可能

中小企業の資金繰りは常に厳しいものです。

請求書の支払いに手元の現金が必要だとすると、経営に悪影響を与えることがあります。

しかし、DGFT請求書カード払いを利用することで、クレジットカードの枠内で支払いができるため、現金を抱えたまま支払いが可能になります。

ポイント還元やキャッシュバックなどのメリットがある

クレジットカードを利用すると、ポイント還元やキャッシュバックなどのメリットが得られることがあります。

これらのメリットは、中小企業の経費削減につながります。

支払いの自動化が可能

DGFT請求書カード払いを利用することで、支払いの自動化が可能になります。

自動化により、手作業による支払い処理の手間やミスを防ぐことができ、業務の効率化につながります。

以上のように、DGFT請求書カード払いは中小企業にと大変便利な決済方法であり、中小企業にとって資金繰りを改善するための強力なツールの1つです。

しかしながら、決済手数料や請求書管理の手間など、デメリットもあるため、適切な状況で利用することが重要です。

また、DGFT請求書カード払いだけでなく、クレジットカードや電子マネーなど、多様な決済方法があります。

中小企業経営者は自社の状況やニーズに合わせた適切な決済方法を選択することが求められます。

さらに、資金繰りに限らず、財務・会計の面でも専門家のアドバイスを活用することで、より効果的な資金管理が可能になります。

突発的なトラブルで急遽資金が必要になった
需要期の波で定期的に資金不足
金融機関の借り入れよりも早く資金を調達したい
仕入れや投資のスピードを上げたい

あらゆる請求書をカード払いで解決できる、新サービスをおススメします。

支払い.COMカード払い

セゾンカードが利用できるサービスです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短翌日(セゾンカード・UPSIDERカード)
・利用手数料 4%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード セゾンカード、Visa、Mastercard
・運営会社 株式会社UPSIDER 株式会社クレディセゾン(セゾンカード)

DGFT請求書カード払い

当サイト一押しのカード払いサービスです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短3営業日
・利用手数料 3%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード JCB/Visa/Mastercard/Diners Club
・運営会社 株式会社デジタルガレージ 株式会社JCB

ラボルカード払い

フリーランス・個人事業主限定のカード払いです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短1営業日
・利用手数料 3~3.5%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード Visa、Mastercard、JCB
・運営会社 株式会社ラボル 株式会社オリエントコーポレーション

INVOYカード払い

入出金管理サービスINVOYの「カード払い」です。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大60日間
・資金調達時間 最短3営業日
・利用手数料 3%
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード Visa、Mastercard、JCB
・運営会社 FINUX株式会社 ライフカード株式会社

三井住友カード 請求書支払い代行サービス

三井住友カードのカード払いです。
・利用限度額 カードの利用枠
・延長期間 最大40日間
・資金調達時間 最短5営業日
・審査・面談・提出書類・担保 不要
・利用カード 国内発行のVisa、Mastercardブランドのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
・運営会社 三井住友カード株式会社 NTTコムウェア株式会社