広告あり

ファクタリングで違法な悪徳業者のトラブルにあわないために!怪しい資金調達?

ファクタリング記事

中小企業が資金調達する方法として、ファクタリング会社を利用するケースが増えているのではないでしょうか。

ファクタリングを利用しようと思った時に、どこの会社を依頼すればいいのか迷う人も多いと思います。

とても多くのファクタリング会社が存在しているので、迷う経営者も多いと思います。

その中で悪徳業者に依頼してしまって、トラブルになるケースもあります。

多くのファクタリング会社は、優良企業と言えるますが、中に悪徳業者が混ざっています。

悪徳業者にあってトラブルにならないには、どのような点に注意したらよいでしょうか。

ファクタリングは、スピーディーに資金調達できるのがとても魅力ですが、ファクタリング会社は非常に多いので、一覧とかランキングを見ても、実際にどこが優良業者なのかが分からないのではないでしょうか 。

悪徳業者に合わないためのの注意点

悪徳業者に合わないためのの注意点を、整理してご紹介します。

面接を避ける業者に注意する!

ファクタリングを利用する時に、審査が甘くて利用しやすいところがいいかと考えがちです。

面談を行わないで、必要な書類も非常に少なくて済ませるようなケースは、悪徳業者である可能性が高いです。

確かにスピーディーに契約できて、便利は便利なのですが、特別な理由もないのに面談を行わないというのは、不自然と感じても良いと思います。

優良会社であっても、手続きをスピード化するために、面談を行わないケースもあります。

その場合は、面談は行いませんが、書類の審査であったりとか、ヒアリングを丁寧に行うなど、案件の詳細について確認をしっかり行います。

提出する書類ですも少なくて、電話だけで済ませようとする業者は、悪徳業者の可能性がありますので注意が必要です。

ホームページの情報が正しい確認する!

多くのファクタリング会社が、ホームページで自社の紹介を行っています。

その中には、住所であったり連絡先がや事業内容が、記載されています。

優良会社であれば、これらの住所や連絡先が正しいものになっています。

悪徳業者の場合は、レンタルオフィスであったりする可能性もあります。

ホームページに載っている情報が、本当に正しいか住所や電話番号について、検索してみて確認をするしておいた方がいいでしょう。

口座名と会社名が違っていない確認する!

悪徳業者の場合、自社の口座が開設できないで。個人名であったり他の事業者の名称で送金口座を指定する場合があります。

一般的に、口座名義と会社名が異なる場合は、注意が必要です。

またネット銀行では、簡単に口座開設ができるので、メインバンクがネット銀行の場合も注意をする必要があります。

ファクタリング会社を選ぶ場合には、事前に口コミであったりとか。ネット上での評判などの情報をいろいろ検索してみて、信頼のおける業者を選ぶようにしましょう。

ファクタリングは違法ではない!

ファクタリングを利用して、売掛金を早期に回収したいと考えていますよね。

ファクタリングそのものは違法でないのは分かっているけれど、違法な会社があるのが心配ではないですか?

ファクタリングサービスを利用する際に、違法な業者に引っかからないためには、ファクタリングの一括サービスを利用するのが間違いないです。

一括サービスの利用は、完全無料で合法な会社だけを紹介してくれるので安心です。

ネットから必要情報を入力すれば、あなたの会社の状況に最適な、ファクタリング会社を提案してくれます。

ファクタリング一括比較「事業資金のミカタ」は、きちんと審査したうえで、違法性のない会社とだけ提携しています!

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社に買ってもらって、売掛金を早期に現金化して資金調達をするサービスです。

法律的には全く問題がなく、合法なサービスです。

ただし、新しいサービスでもあり、悪徳業者も出てきていて、違法を行う悪徳業者もいます。

そのような違法性のあるファクタリング会社を、選ばないための方法をご紹介します。

違法業者に気づく方法!

違法な業者としての可能性がある場合は、償還請求権がある場合、手数料が異常に高い場合、債権譲渡契約でない場合、が挙げられます。

償還請求権がある場合

償還請求権とは、売掛金が回収できなかった場合に、その売掛金の買い戻しをファクタリング会社が、利用会社に請求できる権利のことです。

ファクタリングのサービスでは、売掛金が未回収になった場合でも、ファクタリング会社が責任を負うのが一般的です。

償還請求権があると、回収が出いなくなった場合には、利用会社に責任を負うことになります。

ファクタリング会社と契約する際には、償還請求権がないことを確認しましょう。

償還請求権がある場合には、そのファクタリング会社は悪徳業者としての可能性もあるので、契約することはおすすめしません。

手数料が異常に高い場合

手数料があまりにも高い場合には、注意しましょう。

ファクタリングでは、融資の利息などと異なって、手数料に関して法的規制がないので、手数料が異常に高かったとしても違法ではありません。

ただ、悪徳業者としての可能性は高いと考えてよいでしょう。

20%を超すような手数料であれば、注意が必要です。

一社だけで決めてしまうのではなく、複数のファクタリング会社と比較して、手数料の異常に高いファクタリング業者とは、取り契約しないように注意しましょう。

債権譲渡契約でない場合

契約書に明確に債権譲渡契約であるということが、書かれていない場合は注意が必要です。

ファクタリング契約は、金銭消費貸借契約ではなく、債権譲渡契約になります。

契約の中身が債権譲渡契約になっているかを、しっかりと確認する必要があります。

ファクタリングは怪しい資金調達ではない!

あなたはファクタリングを利用して資金調達をしてみようと思っていますよね。

ただ、ファクタリングって、何か怪しい資金調達の方じゃないかと。疑っていませんか?

実はファクタリングは、売掛金を使った資金調達の方法で、経済産業省も推奨しているぐらいおすすめの資金調達方法です。

特に中小企業には、おすすめの資金調達方法と言えます。

なぜファクタリングが怪しいと思われていると思いますか?

それはファクタリングを利用する手数料が、かなり高額になるということがあります。

銀行融資やビジネスローンと比べても、高めに設定されているからです。

ファクタリングのサービスで多く利用されているのは、2社間ファクタリングというものです。

2社間ファクタリングでは、利用する会社とファクタリング業者の間で。契約を結びます。

売掛先が関係しないので、ファクタリング会社が売掛金を回収できないリスクが割と高いです。

そのため、手数料を高めに設定するということになります。

特に、20%を超えるような手数料のファクタリング会社もありますが、そのような時には、貸金業者の利息よりもかなり大きくなるので、ファクタリングは怪しいビジネスと思われてしまうのです。

ファクタリングの手数料が高くなる理由

ファクタリングの手数料が高くなるのは、契約に売掛先が含まれていないからです。

そのため、売掛金の回収リスクが大きくなるのが、ひとつの理由です。

売掛先からの入金にあっては、ファクタリング会社の口座に振り込まれるのではなく、ファクタリングを利用している会社に振り込まれるます。

ファクタリングを利用してる会社は、売掛金が入金された売掛金の代金を、ファクタリング会社に渡す必要があります。

ファクタリング会社が、自社の資金として売掛金を使ってしまったりするリスクもあります。

売掛先が業績が悪くなったりして、売掛金が支払わない可能性もあります。

それらのリスクによって、ファクタリングの会社のファクタリング手数料は高くなっています。

手数料は若干高めなので、怪しいと思われるかもしれませんが、基本的にはファクタリングというビジネスは、資金繰りにとても役に立つサービスです。

特に、信用力の低い中小企業にとっては、売掛金を利用した資金調達方法として、とても有効なサービスと言えるでしょう。

\ 審査落ちなしの資金繰り改善サービス! /

✅請求書払いをカードで最長60日間先のばし。
✅必要なのは手持ちのカードだけ。審査も書類も必要なし。

支払いドットコムの
公式サイト >