広告あり

ファクタリングは資金調達を審査なしでできる?手数料・入金日数はどう?

ファクタリング記事

ファクタリングを使って資金調達したいと考えていますよね。

できれば、審査しないで、即日に資金調達できるといいんだけど・・・・。

ファクタリング会社で、審査なしで資金を提供する会社は、まっとうな会社でないと考えたほう良いでしょう。

手続きを徹底的に合理化することによって、即日に資金を提供できる会社はありますが、審査は必要不可欠です。

ファクタリングと併せて利用すると、資金繰りがぐっと楽になる方法をご提案します。

資金繰りの心配を安心に変える「支払い.COM」サービス概要

✅請求書をクレジットカードで即決済、支払いは最大60日後まで延期可能。

✅無料登録で資金繰りの悩みから解放、いつでも利用可能。

✅指定日に代行振込。振込名義も自由に設定可能で、プライバシー保護


無料登録はこちら >

健全なファクタリング会社は審査を行う!

基本的に健全なファクタリング会社では、審査が不可欠です。

審査を行いファクタリング会社は、利用は避けた方が良いでしょう。

ファクタリングの審査では、売掛金の信用力が重要になります。

融資のように、返済能力が問われるわけではありません。

利用する会社がたとえ赤字であっても、ファクタリングサービスは提供され場合があります。

なぜなら、ファクタリング会社では、売掛金の信用力をしっかりと審査するからです。

ファクタリング会社が、売掛金の審査をしっかりしないと、売掛金の回収リスクがどれだけあるかわからなくわからないからです。

また、手数料をいくらにするかの決定も難しくなります。

ファクタリング会社は売掛金を回収しないと、損失を被ることになります。

回収の可能性が低い売掛金であれば、審査を通すことは難しくなります。

信用力の高い取引先からの売掛金であれば、資金提供の実行を行うことが可能になります。

利用者が売掛金を偽造したりするような。悪質な行為も考えられます。

そのため、利用者の信用力についてもしっかりと、審査を行います。

回収リスクの高い低いによって、手数料の水準も決まってきます。

悪徳業者の利用を避けよう!

前に記したように、健全なファクタリング会社は審査を行います。

審査を行わないファクタリング会社は、利用は避けた方が良いでしょう。

悪徳業者であって、高いリスクを請求される場合もあるかもしれません。

回収ができない場合に、買い戻しを求められるケースも考えられます。

償還請求権があるような、契約をしている場合は特に注意が必要です。

ほとんどのファクタリング会社は、償還請求権なしになっています。

償還請求権を付けると、日本では、貸金業登録になるためです。

早く現金化する方法

健全なファクタリング会社では、今まで見てきたように、審査を避けることはできません。

審査を受けるにしても、審査を効率化したりして、現金化をするまでのスピードを早めているファクタリング会社があります。

そのようなファクタリング会社を選べば、審査を受けるしても、即日の現金化も可能になるケースもあります。

審査の負担を軽くする

もし利用実績がある会社であれば、再度そこを利用すれば、審査はスムーズになります。

自社につい関する情報は把握しているので、審査は簡単になされます。

また、売掛金を審査する会社も同じであれば、よりスピーディーに対応してくれるでしょう。

オンラインで全て手続きが完了できる、ファクタリング会社を利用するのも有効な手段です。

郵送で書類を送ったり、面談をしたりと、何かと時間がかかるものです。

すべてオンラインで完結できるのであれば、審査にかかる時間が短縮されて、早期の現金化が可能になります。

提出する書類が少ないファクタリング会社も存在します。

書類を準備するには、時間や手間はかかるので、書類が簡略されているファクタリング会社を選ぶと、審査を受ける負担が軽くなります。

即日対応の会社を選ぶ

審査負担を軽くして、早期な資金調達を可能にするだけでなく、即日に対応してくれるファクタリング会社も存在します。

手数料は多少高くなるかもしれませんが、即日対応のファクタリング会社を利用する、というのも一つの選択肢になります。

3社間ファクタリングであれば、売掛先も関わってくるので、余計に時間が取られます。

スピーディーな資金調達のためには、2社間ファクタリングをおすすめします。

ファクタリングの手数料はなんで決まる?

ファクタリングの手数料について詳しく解説します。

実際のところ手数料はいくらくらいなのかな?

あまり手数料が高いと、資金繰りがよくなっても、費用負担が大変になってしまうし・・・・。

ファクタリングの手数料は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで、大きく違います。

ファクタリングの手数料とは、ファクタリング会社に、売掛金を早期に現金化してもらうためにかかる費用です。

ファクタリング会社にとっては、この手数料がサービスを提供する上での、利益に相当します。

この手数料が決まるのは、ファクタリングの取引方法、売掛金の金額、売掛先の信用力の3点から、適切な金額になります。

ファクタリングの取引方法

手数料が大きく異なるのは、ファクタリングの取引方法によります。

ファクタリングの取引方法としては、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングの2種類があります。

手数料が高くなるのは、2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が利用会社から売掛金を買い取ります。

売掛先には、売掛金の売買等の情報は伝わりません。

売掛金の回収は、利用会社がを行い、回収した金額を受けたり会社に支払うという形になります。

ファクタリング会社にとっては、買い取った売掛金の回収が行えないリスクが高くなるので、手数料が高くなります。

一般的には5%から20%に、設定されるケースがほとんどです。

3社間ファクタリングでは、手数料が2社間ファクタリングと比べると安くなります。

2社間ファクタリングと比較すると、回収できないリスクが低くなるからです。

利用者にとっては、ファクタリングを利用しているということが、取引先に知られてしまうというデメリットがあります。

回収はファクタリング会社が行なってくれるので、回収の手間が省けることと、未回収になるリスクが減少します。

売掛金の金額

売掛金の額が大きくなればなるほど、手数料も低くなります。

手数料は売掛金額のパーセンテージに、設定されている場合がほとんどなので、売掛金の額が大きければ、手数料の絶対金額が大きくなるからです。

取引の作業にかかる人件費などの費用は、売掛金額の額にかかわらずほぼ同様なので、売掛金額が高い方が手数料安く設定できます。

売掛金の回収ができないリスクは高まりますが、利益が大きくなるので手数料は低く設定されるケースが多いです。

売掛先の信用力

ファクタリング会社は、未回収の売掛金を購入して、代金を先払いするサービスを提供しています。

この売掛金が回収できなければ、利益が出なくなってしまいます。

回収リスクの高低によって、手数料が決まってくるのです。

回収できない確率の高い売掛金であれば、契約そのものがなされません。

回収できないリスクが高ければ、高いほど、手数料が高くなるのが当然と言えるでしょう。

入金日までの期間

急に資金が必要になった場合に、早く資金調達できる方法として、ファクタリングを頭に浮かべる経営者が多いのではないでしょうか。

ファクタリングの特徴として、申し込みから入金までの期間が短くて済み、急な資金調達に向いてるサービスと言えます。

融資やビジネスローンと比べて、本当に早く調達できるのか確認してみましょう。

銀行融資の入金までの期間

銀行融資は低金利で長期間利用できることと、融資を受けられる金額が大きくできることが大きな特徴です。

しかし、審査が厳しく、担保や連帯保証人も必要になります。

多くの場合、申し込みから入金までは数週間から、1ヶ月かかる場合がほとんどです。

急ぎの資金調達には、あまり向いてないと言えるでしょう。

ビジネスローンの入金までの期間

ビジネスローンの場合は、申込から入金までの期間は、即日から一週間が一般的です。

融資と比べると、急ぎの資金調達には便利ですが、金利が高くなるのに注意が必要です。

ファクタリングの入金までの期間

ファクタリングの場合は、審査対象は売掛先になります。

融資と比べると、審査はゆるく入金までの期間も短いです。

入金までの期間は、最短で即日で、長くても3日程度が一般的です。

融資を受ける場合は、担保があったり、連帯保証人が必要ので、必ずしも融資を受ける受けられない場合があります。

また、経営状況が悪化してる状況では、返済能力がないということで審査に通ることができない場合もあります。

ファクタリングであれば、自社の経営状況より、取引先の信用力が問われるので、審査は通りやすい場合があります。

融資が無理でも審査を通る場合もあります。

担保や連帯保証人などもなく、審査期間も短いので、急ぎの資金調達に適している方法と言えるでしょう。

ファクタリングと併せて利用すると、資金繰りがぐっと楽になる方法をご提案します。

資金繰りの心配を安心に変える「支払い.COM」サービス概要

✅請求書をクレジットカードで即決済、支払いは最大60日後まで延期可能。

✅無料登録で資金繰りの悩みから解放、いつでも利用可能。

✅指定日に代行振込。振込名義も自由に設定可能で、プライバシー保護


無料登録はこちら >

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細