広告あり

ファクタリングのメリットと活用方法!2社間と3社間の違いは何?

ファクタリング記事

ファクタリングの仕組みは、保有している売掛金をファクタリング会社に、償還請求権なしで売却することによって、売掛金の支払いの期日前に資金調達ができることです。

売掛金を期日前に現金化することができるので、資金繰りを改善させるのにとても有効な手段といえます。

ファクタリングで資金繰りするメリット

ファクタリングで、資金繰りをする上でのメリットをご紹介します。

融資と比べたメリット

ファクタリングでは、銀行から融資を受けるのと比べると、審査がかなり緩くなっています。

担保や保証人の設定も必要ありません。

自社の返済能力を問われるのではなく、売掛先の信用力が問われます。

また、売掛先企業が倒産して売掛金の回収が不可能になったとしても、その代金はファクタリング会社が負担します。

償還請求権がないので、資金調達ができることと、リスクマネージメントの2点のメリットがあります。

また、貸借対照表上の負債を増加させることもありません。

経済産業省も推奨する有効性

経済産業省も売掛金を活用する資金調達については、正当な手段であると認めています。

不動産を担保にするばかりではなく、売掛金を担保にする資金調達も推進しようとしています。

安定した経営を行っていく上では、手元に余裕資金を持つことも大事であり、売掛金の流動化もその一つの方法として有効性が認められています。

中小企業にとって有効

中小企業は、資金調達に銀行からの融資を受けにくい状況にあります。

銀行からお金を借りたくても、審査が厳しくて融資が通らない場合が多いのです。

ファクタリングの審査は、自社の返済能力というよりは、取引先の売掛金の信用力が問われます。

経営状況が思わしくない中小企業にとっても、売掛金があれば融資と比較して資金調達はしやすいです。

ファクタリングであれば、融資と違って負債になることもないので、返済の負担はかかりません。

ファクタリングは、売掛金を売却することによって、資金を調達することができる仕組みです。

ファクタリングを活用するメリット

最近では、中小企業の資金調達として多く利用されるようになってきています。

ファクタリングは資金調達以外の目的でも、利用できるサービスです。

資金調達以外でどのように利用できるかを理解しましょう。

資金繰りの改善に活用する

売掛金を売却して現金化する目的の多くが、資金調達に当てることです。

売掛金を回収期日前に代金を回収することによって、必要な資金を生み出すことができます。

このような資金調達をする場合だけではなく、売掛金が多くなりすぎてしまっている場合とか、代金回収までの期間がとても長い場合に、資金繰りが悪化することがあります。

そのような場合に。売掛金を売却することによって。売掛金を減らしたり、回収期間を短縮することによって、資金繰りの改善をはかることができます。

リスク減少に活用する

売掛金を保有している場合に、売掛金の回収が未回収になるリスクがあります。

売掛金をファクタリング会社に売却することによって、未回収になるリスクがなくなります。

もし取引先が倒産したり、売掛金がの支払いを遅延した場合でも、ファクタリングであればファクタリング会社が、未回収の負担を負うことになります。

自社の貸し倒れのリスクが、減少することになります。

与信管理に活用する

ファクタリングを利用する場合の審査では、融資と異なって自社の返済能力ではなく、売掛先の信用力が問われることになります。

ファクタリングを利用する場合には、信用力の高い売掛金を保有していることが必要です。

ファクタリング会社が、売掛金の買い取りを拒否したりする場合であれば、売掛先のの信用力がかなり低いと見ることができます。

ファクタリング会社を利用しようとすることによって、売掛先の信用力を確認する与信管理ができることになります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングのサービスには、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、手数料や取引の流れなどが違っています。

どちらを利用するか迷う場合もあるかと思います。

2社間と3社間ファクタリングについて違いを整理しました。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、ファクタリングを利用する会社と、ファクタリング会社の2社で契約を結びます。

売掛先は全く関わらず、売掛金の存在確認についても、書類だけで済ませます。

売掛先の信用調査によって、取引が進められます 。

売掛先は一切関わらずに、利用会社とファクタリング会社で契約を勧めるので、資金調達までのスピードが速いことが挙げられます。

極端な場合であれば、即日入金ということもあります。

売掛金が期日を迎えて、売掛先が代金を支払う先は、ファクタリングサービスを利用した会社になります。

そして利用会社から、ファクタリング会社に売掛代金が支払う形となります。

そのためファクタリング会社が、入金された資金を利用してしまうこともあり得ます。

ファクタリング会社のリスクが大きいので、2社間ファクタリングの場合は3社間ファクタリングと比べて、手数料も高めになっています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングでは、ファクタリングを利用する会社と、ファクタリング会社と売掛先の3社間で契約が行われます。

売掛先にも売掛金が、ファクタリング会社に売却されるということを、通知することになります。

3社間の取引の場合は、契約が済んだ後は、ファクタリング会社と売掛先との取引になります。

売掛先から売掛金の支払いは、ファクタリング会社に直接行われます。

ファクタリング会社は。直接売掛先から売掛金を回収できるので、リスクが少なくなります。

そのぶん、手数料が、2社間ファクタリングと比べると安くなります。

2社間ファクタリングのメリットとデメリット

2社間のファクタリングの場合は、売掛先に売掛金の売却が通知されないので、ファクタリング利用会社は、資金繰りの悪化を取引先に知られることはありません。

売掛先からの入金が、ファクタリング用会社に入るのでフ、ァクタリング会社にリスクが発生するので、手数料が高くなる場合があります。

3社間ファクタリングのメリットとデメリット

3社間ファクタリングの場合は、売掛先に対して確認をしたり、承認を取る必要があるので、契約までの時間がかかります。

急な資金調達には難しい場合があります。

また、売掛先に売掛金の売却を知られてしまうので、経営状況などの信用不安を引き起こす場合もあります。

ファクタリング会社は、リスクがすくなkなるので、手数料が2社間ファクタリングと比べると安く設定されるます。

「事業資金のミカタ」を利用すれば、ファクタリング会社を比較する手間が省けます!

 

「事業資金のミカタ」を利用すれば、ファクタリング会社選択の悩みを解消してくれます!

\ 条件の良いファクタリング会社はここ! /

事業資金のミカタの公式サイトはこちら!

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細