フリーキャッシュフロー、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフローを理解しよう!

キャッシュフロー経営

フリーキャッシュフローとは、本業で得られるキャッシュである営業キャッシュフローと、投資に使った投資キャッシュフローを差し引いて計算された、余剰資金のことです。

フリーキャッシュフローは会社の価値とも言っても良いでしょう。

そのため経営成果の判断をする指標として用いられる場合もあります。

フリーキャッシュフローは、余剰資金のため会社が自由に使える資金です。

そのため事業拡大や、借入の返済など自由に使うことができるので、フリーキャッシュフローの使い方によって、経営手腕の良し悪しが問われます。

フリーキャッシュフローの算出方法

一般的なフリーキャッシュフローの計算方法は、下記の式になります。

フリーキャッシュフロー=(営業キャッシュフロー) ー (投資キャッシュフロー)

営業キャッシュフローは、本業の営業活動から生み出されたお金であり、投資キャッシュフローは将来に向けての準備にあたる事業活動のお金です。

一般的な企業経営では、営業キャッシュフローはプラス、投資キャッシュフローはマイナスになっています。

フリーキャッシュフローの使い道

フリーキャッシュフローは、その名前のとおり企業が自由に使えるお金です。

新規事業へのの投資資金とか、借り入れ金の返済、株主への分配等に使うことができます。

その企業が、どれだけの価値あるかを示すものとも言えます。

フリーキャッシュフローと呼ばれるとおり、事業拡大することや新規事業などに投資するための資金に使われます。

将来へ向けての成長のための資金と言ってよいでしょう。

企業が稼いだ儲けから、株主に関連するための株主分配としても利用されます。

資本主義では、企業は株主から資本を提供してもらって事業展開していきます。

事業を行った利益は、株主に還元することが必要となっているのです。

キャッシュフローから事業継続に必要な資金を確保したうえで、株主に分配する必要があります。

財務キャッシュフローとして計算される、銀行からの融資についての借入金の返済に充てることも可能です。

フリーキャッシュフローが、年間返済額よりも大きくなっていれば、融資したお金を返済しながら、手持ち資金を増やしていくことが可能となります 。

キャッシュフローがプラスとマイナスの意味

フリーキャッシュフローがプラスであるということは、経営上様々な用途に現金を使える状況にあるということです。

銀行からの融資を受けて、資金調達する必要もないので思い切った経営を行うことも可能となります。

借入金を返済することもできます。

その場合は財務の健全性を高めて、企業の安定と企業価値の向上にも繋がります。

キャッシュフローがマイナスであったり少ない時には、手元資金が少ないということになります。

銀行から借り入れをしたりしていくしていかなければならず、リスクが高い経営状況と言えます。

一時的に大きな設備投資を行ことで、フリーキャッシュフローが少なくなっている場合もあります。

その場合は投資によって、将来的にプラスになる可能性があります。

キャッシュフローのマイナスが、実際のところどうなっているか実態を把握する必要があるでしょう。

フリーキャッシュフローを拡大するための方法

フリーキャッシュフローを拡大していくための方法として、いくつかのことが挙げられます。

営業キャッシュフローのプラス化の方策としては、売掛金の早期回収、不良在庫の減少、税金を少なくするなどがあります。

投資キャッシュフローのプラスに関しては設備投資の精査するなどがあります。

フリーキャッシュフロー大きければ大きいほどよいとは限りません。

結論とすると、営業キャッシュフローと投資キャッシュフローのバランスを上手にとっていくことが望まれます。

将来的にフリーキャッシュフローが、継続的に生み出される経営を行っていくことが求められます。

企業活動と投資について

企業が成長していく時には、投資を欠かすことができません。

その際に注目するキャッシュフローのポイントは、投資キャッシュフローです。

投資キャッシュフローの変化状況を的確に、把握することが求められます。

自社を成長させたいのであれば、投資が不可欠です。

投資が難しいのは、投資したからと言って必ず、リターンが得られるとは限らないことです。

しかし、リターンが出るように計画を立て、実行していくことが企業を成長させる上では、非常に大切になります。

経営をしていく上では、この投資が計画とどれだけずれているかということを、確実に把握する必要あります。

投資に回せる資金がどのくらいあって、どのぐらいの余裕を持って投資をしていくかというのは、キャッシュフローから判断することができます。

投資を行う場合には、営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローのキャッシュフローの中で投資キャッシュフローに着目して、投資キャッシュフローがどのように変化するのか、把握する必要があります。

また、その変化原因も突き止めておくことも大事になります。

投資キャッシュフローと営業キャッシュフロー・財務キャッシュフローの関係

投資キャッシュフローの変化だけを把握するだけではなく、営業キャッシュフローと財務キャッシュフローの二つのキャッシュフローの項目と関連してキャッシュフローの動きを把握する必要があります。

企業が成長して投資が拡大拡大してる時には、投資キャッシュフローはマイナスになる傾向を示します。

投資キャッシュフローがマイナスになっている時には、財務キャッシュフロー・営業キャッシュフローからの資金流入があります。

営業キャッシュと財務キャッシュフローが、経営にどの程度の影響を与えるのかというのを確認する必要があります。

このように、営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの三つの観点からキャッシュフローを確認することが重要です。

また、合わせて損益計算書や貸借対象表などとの比較も確認する必要があります。

資金が不足している場合の投資

企業が成長してる時に、投資をしたくても資金が不足していて、投資ができない場合もあります。

投資をする際に資金が足りなくて、借金を重ねてしまうと、財務キャッシュフローが増えて営業キャッシュフローのプラス分だけでは財務キャッシュフローのマイナス分を補なえなくなってしまう可能性もあります。

売掛債権などを早めに回収する方法などを検討して、営業キャッシュフローの改善に努める必要があります。

営業キャッシュフローとは何か?

営業利益がプラスになっているのに、営業キャッシュフローがマイナスになってる企業があります。

なんで営業キャッシュフローがマイナスになるか知ってますか。

営業キャッシュフローがプラスになるものとマイナスになる事業活動があります。

プラスになるものとしては、商品の販売であり、マイナスになるものは仕入原価だったり、販売に関わる経費だってあったり、人件費などです。

このように、営業に関わるキャッシュの動きを表すのが、営業キャッシュフローです。

営業キャッシュフロー計算書を作るには、直接法と間接法の2つの方法があります。

直説法は、それぞれの入金や支払いについて、取引ごとにキャッシュの動きを集計していきます。

間接法では、損益計算書上の税引前当期利益に減価償却を調整して、キャッシュフローを計算します。

直接法は、取引ごとのキャッシュフローを確認していくので、かなり手間がかかります。

間接法では取引ごとのキャッシュフローは確認できません。

多くの場合は、間接法でキャッシュフロー計算書を作成します。

営業キャッシュフローがマイナスになる原因

営業キャッシュフローがマイナスになる原因として考えられる項目としては、売掛金、在庫、買掛金、の他の流動資産、その他の流動負債、それぞれの増減についてです。

その他の流動資産と、その他の流動負債については、営業外の取引になるので、営業上のキャッシュフローのマイナスになる原因としては考慮しません。

営業キャッシュフローがマイナスになる原因としては、売掛金と在庫と買掛金の3つが影響していると考えられます。

営業キャッシュフローがマイナスになる場合は、売掛金については前期より増加しているということになります。

売掛金を回収する金額が減ったので、キャッシュフローが悪化してると言えます。

また、買掛金で見れば、買掛金がマイナスになっている場合が、営業キャッシュフローが悪化してると言えます。

支払うキャッシュが増加したことを表しています。

在庫金額も増加してる場合には、営業キャッシュフローがマイナスになるというふうに考えられます。

営業キャッシュフローのマイナスになった原因として、この3点のうちの特にどこに問題があるかを確認する必要があります。

売掛金である場合には、売掛金の回収を進め早めることは必要です。

また、在庫に関しては在庫の圧縮をすることによって、在庫を減らしていくことが求められます。

買掛金に関しては、できるだけ支払いを遅くすることによって、キャッシュを増やしていくことが、営業キャッシュフローを改善につながります。

upsiderの支払い.COMの利用も、フリーキャッシュフローを生み出す一つの手段と言えます!

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までカード決済

無料登録しておけばいつでも利用できます!
支払い.com公式サイト
無料登録しておけばいつでも利用できます!
支払い.com
タイトルとURLをコピーしました