広告あり

一人で法人を設立して、会社経営をすることって出来るのか?起業の資金調達は?

中小企業経営のヒント

現在では、一人で会社経営を行うことは可能です。

個人事業主よりも法人経営にしたほうが、社会的に信用が高いというのが理由のようです。

私はその点については、少し疑問に感じています。

一人で会社経営を行うことには、メリットもデメリットもあります。

\ 審査落ちなしの資金繰り改善サービス! /
支払いドットコムの
公式サイト >


一人での会社設立

会社法が変わったことによって、以前は取締役が3人以上、監査役が一人以上という条件があったものが、現在は取締役が一人いれば法人設立ができるようになりました。

個人で事業する場合に、個人事業主というかたちだけでなく、法人として経営ということができるようになったのです。

法人化するには、株式会社や合同会社や合名会社などがあります。

どのような形にしろ会社の代表になることは可能です。

一人で会社経営をする注意点

一人で会社を起業する場合には、多数の人数で会社を経営するのとは異なった点に、留意する必要があります。

本業と運営を両立させる

一人で会社を経営する場合には、本業である営業であったり、技術的仕事であったりということがメインになります。

一人でそのようなメインの業務を進めていくのと、合わせて会社を経営していくための業務を行わなければなりません。

それらを一人で同時に並行的に行って両立させる必要があるのです。

多くの場合、一人で事業を行っているとメインの業務にかかりっきりなり、会社の運営がおろそかになってしまいます。

特に必要な資金調達であったりとか、今後の資金繰りの計画を立てることがおろそかになりがちです。

税金の支払いの準備をしたり、請求書に対する支払を行ったりといったような、細々とした作業がなかなか手につかなくなってしまいます。

このようなことは事業としてメインではありませんが、重要な作業と言えるでしょう。

役員報酬の設定

自分一人であっても法人になった場合は、会社が役員報酬が支払う形になります。役員報酬の額は、自由に設定できます。

毎月の給料として、法人の人件費として計上することができます。

法人の方の利益は減少するので、法人税は低く抑えられます。

逆に、個人の収入が高くなるので、個人の所得税が増えることになります。

個人の所得税と法人税のどちらに、多くの税金がかかるかという点をよく考慮して、バランスをとる必要があります。

社会保険への加入

文字にするという事は、一般の会社と同じように、社会保険に加入する必要があります。

ただし、役員報酬が0 円の場合とか、報酬金額が社会保険料下回る場合は、加入する必要ありません。

また、厚生年金の加入も義務付けられています。

福利厚生費も社員一人での慰安旅行などに使えないので、福利厚生費が計上できない可能性があります。

一人で会社を経営するメリット

ただ法人化したというだけでは、社会的な信用力が増すことはないでしょう。

きちんと経営が行われて、利益が出るようであれば法人化するメリットは大きいです。

きちんと利益が出ていれば、法人税金面で有利になります。

個人一人で、会社を経営するのであれば、しっかりとした事業を行って利益を上げ、社会的信用を積み上げていくことが求められます。

起業する場合の資金調達はどのように考えたら良いか?

起業するには、いくらぐらいお金がかかると思いますか?

起業するには、いくらかかり、どのくらい資金調達したらいいかを考える必要があります。

銀行から融資を受けるのであれば、どのぐらい融資を受けることが可能なのか、いつまで融資を受けられるのか、返済はどのぐらいしなければいけないのかなどいろいろ考えることがあります。

起業する場合には、どのようなどのくらいの資金が必要なのでしょうか?

起業時に発生する費用

起業するさいには、売り上げが上がっていない状態でもいろいろな費用が発生します。

起業にかかる費用としては、店舗や事務所を借りた時の保証金・家賃、水道光熱費、人件費などがかかります。

これらの費用を、売上が上がっていない状態で支払っていく必要があります。

この時期は収入がない状態で、支払いが発生するので、非常に苦しい時期かと考えられます。

この時期のために、どれだけの資金が必要になるかをきちんと考え、準備をしておく必要があります。

準備する必要がある資金

起業の時に必要となる資金としては、事業を開始するための資金と事業を運用していく資金が必要になります。

事務所店舗を借りる場合には、保証金や礼金仲介手数料などがかかります。

機器や設備を用意したり、什器備品を揃えたり、内装を改装したりする費用もかかります。

また、営業をするためのツールとして、名刺やホームページを作ったり、パンフレットチラシなどを準備します。

消耗品や内装品や事務用品なども揃える必要があるでしょう。

事業を回していくためには、扱う商品の仕入れにかかる代金や、通信費、光熱費、リース代などがかかります。

さらに、自分の生活費を用意しておくことも、計算に入れとかなければなりません。

起業時にすぐに入金はない

起業して事業を始めても、売上上がったとしても、すぐに入金がされるわけではありません。

通常ビジネスは、掛け取引になるので、売上が経ってから入金までに時間がかかります。

売上が立てなくても、家賃や給料の支払いなどは発生するので、そのための余裕の資金を準備しておく必要があります。

また、ビジネスはが安定的に成長していけばいいですが、良い時もあれば悪い時もあるので、そのためにも資金に余裕を持たせておく必要があります。

\ 審査落ちなしの資金繰り改善サービス! /
支払いドットコムの
公式サイト >