広告あり

INVOYカード請求で入金サイクルを加速!3営業日以内に入金の秘密

INVOYカード払い

これから導入を検討しているクレジットカード決済、急な資金繰りニーズ、請求・入金管理の業務効率化を追求している事業者様へ、この記事はピッタリの解決策を提示します。

すぐに利用でき、カンタンにカード決済を導入し、3営業日以内に入金まで可能になるINVOYカード請求。

その革新的な特徴と利用方法を深堀りし、その秘められた力を明らかにします。

そして、あなたのビジネスにどのように活用すれば最大の効果が期待できるか、具体的な戦略とヒントも提供します。

ビジネスの世界で一歩リードしたいあなたに、INVOYカード請求がどのように取引先のカード払いニーズに対応し、迅速な入金を可能にするかを解き明かします。

INVOYカード請求:特徴とメリット

ビジネス環境は日々変化し、取引先や顧客から新たなニーズに対応する必要があります。

特に資金繰りや請求・入金管理は、ビジネスを円滑に進める上で重要な要素です。

スピーディーなカード決済導入と高速入金を可能にする「INVOYカード請求」の特徴とメリットについて詳しく解説します。

即日利用可能なカード決済の導入

カード決済付き請求書の発行

INVOYカード請求の最大の特徴は、面倒な手続きなしにカード決済を導入できることです。

請求書を発行してメールやリンクで送るだけで、取引先はその場でカード決済が可能になります。

これにより、カード決済を導入したいと考えている事業者でも、すぐに対応できます。

すぐに利用できるメリット

取引先からカード決済の対応を求められて困っている事業者や、新規取引先で与信が心配な事業者にとって、INVOYカード請求は強力な解決策となります。

カード決済付き請求書を発行するだけで、あらゆるカード払いニーズに対応できるからです。

入金サイクルの高速化

期限日より早い支払いの実現

INVOYカード請求のもう一つの特徴は、その高速な入金サイクルです。

実際に、INVOYの決済では68%が期限日より早い支払いとなっており、資金繰りに悩む事業者にとっては大きなメリットとなります。

3営業日以内の入金

さらに、取引先が決済後、3営業日以内にINVOYから事業者に支払いが実行されます。

これは一時的な資金繰りニーズが発生した事業者にとって、非常に有用な特長と言えるでしょう。

費用対効果の高さ

手数料は支払額の3%のみ

INVOYカード請求の利用には初期費用や月額費用が一切不要で、手数料は支払額の3%のみとなります。

この低コストでの導入は、特に新規でカード決済を導入しようと考えている事業者にとって大きな魅力となるでしょう。

請求・入金管理の効率化

簡単な管理方法

INVOYカード請求では、取引先がカード決済後、支払い結果をメールでお知らせします。

また、請求書の入金ステータスを確認できます。

これにより、請求・入金管理の業務効率化を図りたい事業者にも有効です。

今日のビジネス環境では、取引先や顧客のニーズに対応するスピードと効率が求められます。

INVOYカード請求なら、これらの課題を一度に解決できるでしょう。

一度導入すれば、そのメリットを実感できること間違いありません。

入金サイクルを加速!INVOYカード請求の役割

 

入金サイクルの早期化やクレジットカード決済の導入を考えている事業者の皆さん、『INVOYカード請求』の名前を聞いたことはありますか?

INVOYカード請求は、事業者向けの決済サービスで、入金サイクルの効率化や一時的な資金繰りニーズの解消に役立つ、画期的なサービスです。

その特徴と役割について詳しく解説していきます。

 

INVOYカード請求とは

INVOYカード請求は、クレジットカード決済が未導入の事業者でも、取引先がクレジットカードで支払いをすることを可能にするサービスです。

これにより、入金サイクルの早期化や請求・入金管理の効率化が図れます。

カード決済の簡単導入

一般的にクレジットカード決済を導入するためには、手間と時間がかかる加盟店審査を通過する必要があります。

しかし、INVOYカード請求ならば、そのような面倒な手続きは不要です。

取引先がカードで支払うことができる請求書を即日発行し、メールかリンクで送るだけ。

これであなたの事業もすぐにカード決済に対応できます。

早い入金

INVOYカード請求を利用すれば、取引先が決済した3営業日以内に入金が確定します。

これにより、入金サイクルが早まり、資金繰りに余裕が生まれます。

また、統計によれば、決済の68%が期限日よりも早い支払いとなるため、取引先による遅延入金のリスクも軽減できます。

INVOYカード請求の手数料

サービスの利用料金は、支払額の3%のみ。初期費用や月額費用は一切かかりません。

これは、手数料を請求額から差し引く形で行われ、追加の支払いは不要です。

管理の手軽さ

INVOYカード請求を利用すれば、取引先の支払い状況もリアルタイムで確認可能です。

取引先がカード決済を行うと、その結果がメールで通知されます。

また、請求書の入金ステータスも確認することができ、一元的に管理できます。

こんなお悩みも解決

INVOYカード請求は、以下のような事業者のお悩みを解決します。

カード払い対応の要望に応えたい

取引先からカード払い対応を求められているが、なかなか導入に踏み切れない。

そんな事業者にとって、INVOYカード請求は最適な解決策です。

新規取引先での与信が心配

新規取引先との取引では、与信面でのリスクが心配。

そんな場合でも、カード決済を導入することで、取引リスクを軽減することができます。

このセクションのまとめ

INVOYカード請求は、カード決済の簡単な導入と、早期入金を可能にすることで、事業者の資金繰りを強力にサポートします。

低手数料で始められることや、簡単な管理機能も魅力。一度試してみてはいかがでしょうか。

3営業日以内に入金が可能な理由

INVOYカード請求のプロセスとその効率性

カード決済の導入と運用

まず、理解を深めるためにINVOYカード請求の導入から運用までのプロセスについて簡単に説明します。

未導入の事業者がカード決済を導入する場合、INVOYでは手続きを非常にシンプルにしています。

導入自体は非常に容易で、請求書を発行し、メールやリンクで送るだけで、取引先に対してカード決済付きの請求書を発行することができます。

そして、取引先がカードで支払いを選択すると、3営業日以内にINVOYから事業者に支払いが実行されます。

カード請求に対応することのメリット

カード決済を導入すると、取引先からの支払いがスムーズになり、支払いが不安な取引や新規取引先での与信確保も容易になります。

これは、取引先がカードで支払うことを選択した場合、事業者が待つことなく、3営業日以内に資金を得ることができるからです。

3営業日以内に入金が可能な背後にあるシステム

効率的な決済プロセス

INVOYのカード請求システムは、クレジットカード決済の効率性を最大限に活用しています。

クレジットカード決済は、一般的な銀行振込に比べて決済が迅速に行われ、銀行業務日に依存しないという特性があります。

そのため、取引先がカードで支払いを選択すれば、即時に決済が行われます。

迅速な資金移動

クレジットカード決済が行われた後、INVOYは迅速に事業者の口座へと資金を移動します。

ここでもクレジットカード決済の効率性が活きており、取引先からの入金を早期に確保できます。

入金サイクルを効率化し、資金繰りを改善する

早期入金のメリット

3営業日以内の早期入金は、事業者にとって多大なメリットをもたらします。

特に一時的な資金繰りニーズが発生した場合や、入金サイクルを早めたい事業者にとっては、即時性が重要となるためです。

業務効率化とコスト削減

また、INVOYのカード請求システムを利用することで、請求・入金管理の業務効率化も図ることができます。

手続きがシンプルであることから、専門的な知識や人材を必要とせずに運用することが可能で、その結果、人件費やシステム導入コストを抑えることができます。

これらがINVOYカード請求の3営業日以内の入金を可能にする理由となります。

スムーズな決済体験と効率的な入金プロセスによって、事業者はより迅速かつ確実に資金繰りを行うことができます。

INVOYカード請求の導入:ステップバイステップガイド

クレジットカード決済の導入について考えていますか?

入金サイクルを早めたいと思っていますか?

その場合、INVOYカード請求の導入はその解決策になる可能性があります。

INVOYカード請求の導入方法とそれがどのようにあなたのビジネスにメリットをもたらすのかを詳しく説明します。

INVOYカード請求とは何か?

INVOYカード請求は、クレジットカード決済の導入を簡単かつ迅速に行うことができるサービスです。

事業者が発行した請求書にカード決済機能を追加し、取引先に請求書を即時に提供することができます。

さらに、取引先のカード決済後、3営業日以内にINVOYから事業者に支払いが実行され、入金サイクルの短縮を実現します。

INVOYカード請求の導入ステップ

Step 1: 入金口座の登録

まず、あなたの事業で使用する入金口座をINVOYに登録します。

これは初回のみの設定で、その後は同じ口座を利用します。

Step 2: カード請求をONにする

次に、INVOYの利用規約に同意し、カード請求機能をONにします。

これにより、あなたが発行する請求書にカード決済機能が追加されます。

Step 3: 請求書を発行する

INVOY上で請求書を作成し、メールを送信するか共有リンクで取引先に送ります。

取引先はこの請求書をもとにカード決済を行うことができます。

取引先が請求書を受け取った後のステップ

Step 1: 請求書を受け取る

取引先は、あなたから送られた請求書を受け取ります。

受け取った請求書には、「カードで支払う」ボタンが表示されています。

Step 2: カードで支払う

取引先は、カード情報など必要な情報を入力し、カードで請求書の支払いを行います。

Step 3: メールで確認する

取引先が決済を完了すると、INVOYが内容を確認します。

その後、3営業日以内に指定の口座に振込みが行われます。

この状況はメールにて事業者に通知されます。

これらのステップを経ることで、あなたの事業はカード決済の導入がスムーズに進行し、入金サイクルが短縮される可能性があります。

その結果、一時的な資金繰りニーズが解消され、請求・入金管理の業務効率化も図れるでしょう。

INVOYカード請求を導入しよう

カード決済を導入したいあなた、INVOYカード請求はその解決策となる可能性があります。

カード決済付き請求書の発行は今すぐ始められます。

これにより、より多くの顧客に対応し、ビジネスの成長を加速させましょう。

一時的な資金繰りニーズを解消!INVOYカード請求の活用方法

カード決済を未導入の事業者、入金サイクルを早めたい事業者、一時的な資金繰りニーズが発生した事業者、また請求・入金管理の業務効率化を図りたい事業者に向けて、INVOYカード請求の活用方法を紹介します。

面倒な手続き不要でカード払いニーズに対応

INVOYカード請求は、複雑な手続きなしで簡単にクレジットカード払いに対応できます。

即日発行可能

取引先がカード決済できる請求書を即日発行できるので、急な資金繰りニーズにも対応可能です。

これにより、一時的な資金繰り問題を解消することができます。

簡単な操作でカード決済を導入

請求書を作成し、メールや共有リンクで送るだけで取引先がカードで支払うことができます。

これにより、クレジットカード決済を導入したい事業者にとって手軽に導入できるソリューションです。

入金が早く、手数料も安い

INVOYカード請求を活用すれば、取引のスムーズな進行と効率的な資金繰りが可能となります。

早期入金を実現

INVOYカード請求により、取引先がカードで請求書を支払うと、その決済後3営業日以内に入金が行われます。

これにより、資金繰りを早め、事業運営の安定化を図ることができます。

手数料は請求額の3%のみ

INVOYカード請求の手数料は、請求額の3%のみ。初期費用や月額費用は不要です。

これにより、手数料負担を抑えながら、クレジットカード決済を導入することができます。

管理もラクラク

INVOYカード請求は、取引の管理も簡単に行うことができます。

支払状況の通知機能

取引先がカード決済した後、その結果がメールで通知されます。

また、請求書の入金ステータスも確認することができます。

これにより、請求・入金管理の業務効率化が図れます。

カード決済の導入や一時的な資金繰りニーズ、請求・入金管理の効率化など、多くの事業者が抱える課題をINVOYカード請求は解決します。

ぜひ一度、その機能を試してみてください。

あなたのビジネスにINVOYカード請求を導入するためのアクションプラン

INVOYカード請求とは何か?

INVOYカード請求は、手間のかかる手続きを一切必要とせず、事業者がカンタンにカード払いニーズに対応できる仕組みです。

これにより、ビジネス取引においてスピーディーにカード決済を導入することが可能となります。

請求書を発行し、メールかリンクで送るだけで、カード決済付きの請求書を利用できます。

INVOYカード請求の導入手順

アカウント作成

まず、INVOYカード請求を利用するためには、INVOYのウェブサイトにアクセスしてアカウントを作成する必要があります。

アカウント作成は無料で、面倒な手続きもないので安心です。

請求書の発行

アカウント作成後、次に請求書を作成します。

取引先に対する商品やサービスの内容、金額を入力し、カード決済付き請求書を作成します。

作成した請求書はメールやリンクで取引先に送信します。

取引先の決済待ち

送信した請求書を取引先が確認し、カードでの決済を選択します。

取引先が決済を行うと、3営業日以内にINVOYからお客様に支払いが実行されます。

これらの手順を踏むことで、あなたのビジネスにINVOYカード請求を導入することができます。

一度導入すれば、その後の決済管理はINVOYカード請求がスムーズに行ってくれます。

今すぐにでもカード決済を導入したいという事業者の方は、是非一度、INVOYカード請求の導入を検討してみてください。

INVOYカード請求に関するよくある質問

クレジットカード決済の導入を検討している事業者や、入金サイクルを早めたい事業者の方々から、INVOYカード請求について多くの疑問や質問が寄せられます。

よくある質問とその回答をまとめています。

請求内容とカード請求

どんな請求内容でもカード請求にできますか。

はい、請求書の支払い方法が銀行振込を指定し、かつ事業に関するものであれば、INVOYカード請求を利用できます。

ただし、入金口座は日本国内の銀行の普通・当座口座のみが対象となります。

海外口座への入金は対象外となります。

また、請求書や口座の入力内容に不備がある場合や、利用規約に反する可能性がある場合は、弊社の判断によりカード請求のキャンセルを行う場合があります。

カード請求の振込状況やキャンセルについては、ご登録のメールアドレスにご連絡します。

支払者のINVOY会員登録について

支払者にもINVOY会員になってもらう必要はありますか。

支払者(取引先)にはINVOYへの会員登録は必要ありません。

INVOYを初めて利用する支払者に対しても、カード請求ONの請求書を送付すれば、支払者はカードで支払いが可能です。

カード請求の利用状況確認

カード請求の利用状況は確認できますか。

はい、確認できます。支払者がカードでの支払いを申込んだ場合、請求者にもメールでお知らせします。

また、請求書詳細または一覧から、ステータスを確認することも可能です。

カード請求のキャンセルについて

請求書作成後にカード請求をキャンセルすることはできますか。

支払者がカードで支払いを申し込む前であれば、メニュー「発行>請求書」から、作成済みの請求書のカード請求の設定(ON/OFF)を変更できます。

ですから、事前に設定を変更すれば、カード請求をキャンセルすることが可能です。

以上がINVOYカード請求に関するよくある質問とその回答です。

さらに詳しい情報や利用規約については、INVOYカード払い利用規約をご確認ください。

 

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細