広告あり

資金繰り危機?INVOYカード払いvsファクタリング徹底比較!

INVOYカード払い

初めまして、経営コンサルファームの元コンサルティング室長(中小企業診断士)の萩原です。

このサイトでは、資金繰り改善の知って得する情報をご紹介します。

中小企業経営者の皆さん、資金繰りに悩まされていませんか?

支払いが迫っている請求書があるけれども、手元の現金が足りず困っているという経験は誰にでもあるでしょう。

そんな時に役立つ資金調達方法として、「INVOYカード払い」と「ファクタリング」が注目されています。

今回は、これら2つの資金繰り方法の違いやメリット、デメリットを比較し、売掛金が不要な資金繰り手法を詳しく解説していきます。

\ 登録者数10万ユーザー以上・累計取扱高100億円以上 /

INVOYカード払いの公式サイト >

INVOYカード払いとファクタリングの比較

資金繰りに疎い経営者にとって、この問題を解決する方法が2つあります。

それが「INVOYカード払い」と「ファクタリング」です。

これらの方法について分かりやすく比較し、どちらがあなたのビジネスに適しているかを検討しましょう。

INVOYカード払いとは?

INVOYカード払いは、クレジットカードを利用して請求書の支払いを行う方法です。

これにより、支払い期限をクレジットカードの支払い期限まで延ばすことができ、資金繰りを助けることができます。

INVOYカード払いのメリットとデメリットを以下に示します。

メリット

クレジットカードの支払い期限まで資金繰りが楽になる

ポイントやマイルが貯まる

記帳が容易になり、経理業務がスムーズに進む

デメリット

クレジットカードの利用限度額に制約がある

クレジットカードの利用手数料が発生する場合がある

ファクタリングとは?

ファクタリングは、未収入金を第三者の金融機関に売却することで資金を調達する方法です。

これにより、請求書の支払い期限を待たずに現金化が可能となります。

ファクタリングのメリットとデメリットを以下に示します。

メリット

請求書の支払い期限を待たずに資金調達が可能

クレジットカードの利用限度額に制約がない

売掛金の回収リスクが金融機関に移るため、安心して資金調達ができる

デメリット

ファクタリング手数料が発生する

金融機関との取引が必要になるため、手続きが煩雑になることがある

INVOYカード払いとファクタリングの比較

それでは、INVOYカード払いとファクタリングの違いを比較して、どちらがあなたのビジネスに適しているかを見ていきましょう。

支払い期限の延長

INVOYカード払いは、クレジットカードの支払い期限まで資金繰りが楽になるため、一時的な資金不足に対処するのに適しています。

一方、ファクタリングは支払い期限を待たずに資金調達が可能ですが、手数料が発生します。

利用限度額

INVOYカード払いはクレジットカードの利用限度額に制約がありますが、ファクタリングは売掛金の額に応じて資金調達が可能です。

大きな資金が必要な場合、ファクタリングが適しています。

手数料

INVOYカード払いでは、利用手数料が発生します。

一方、ファクタリングでも手数料が必ず発生します。

どちらもコストがかかるため、手数料の比較を検討して選択することが重要です。

手続きの煩雑さ

INVOYカード払いは、クレジットカードを持っていればすぐに利用できるため、手続きが簡単です。

一方、ファクタリングはーサービス会社との取引が必要になるため、手続きが煩雑になることがあります。

リスク管理

ファクタリングでは、売掛金の回収リスクが金融機関に移るため、安心して資金調達ができます。

一方、INVOYカード払いではリスク管理が自社で行われるため、注意が必要です。

INVOYカード払いとファクタリングは、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。

INVOYカード払いは手続きが簡単で一時的な資金不足に対処できるため、短期的な資金繰りに適しています。

ファクタリングは大きな資金調達が可能で、回収リスクが金融機関に移るため、長期的な資金繰りや安定した資金調達に適しています。

しかし、手数料が発生し、手続きが煩雑になることがある点に注意が必要です。

あなたのビジネスのニーズや状況に応じて、適切な方法を選択することが重要です。

以下のポイントを考慮して、どちらの方法が最適か判断してください。

現金不足が短期的なものか長期的なものか
資金調達の規模と頻度
手数料や利用制約に対する考慮
資金繰りに対するリスク管理の重要度
手続きの煩雑さに対する許容度

最後に、資金繰りに関する悩みは、経営者にとって深刻な問題です。

適切な方法を選択するだけでなく、経営全体の見直しやコスト削減、売上向上に努めることも重要です。

また、経営者が資金繰りに関する知識を身につけることで、より適切な選択ができるようになります。

今回ご紹介したINVOYカード払いとファクタリングの選択肢を参考に、あなたのビジネスをより健全なものにしていきましょう。

INVOYカード払いの想定される適用事例

中小企業経営者の皆様、支払いが差し迫った請求書があり、手元の現金が不足している状況でお悩みのことでしょう。

資金繰りに疎い経営者の皆様に、INVOYカード払いの適用事例をご紹介し、その効果と活用方法を分かりやすく解説します。

以下に、実際にINVOYカード払いを活用した中小企業の事例を3つご紹介します。

飲食店経営者:仕入れの支払いに困窮

飲食店経営者のAさんは、新型コロナウイルスの影響で売上が減少し、仕入れの支払いに困っていました。

AさんはINVOYカード払いを導入し、仕入れの支払いをクレジットカードで行うようにしました。

これにより、資金繰りが改善され、経営が立て直されました。

製造業経営者:季節性の資金繰り対策

製造業経営者のBさんは、季節によって売上が変動し、資金繰りに悩んでいました。

BさんはINVOYカード払いを利用して、請求書の支払いをクレジットカードで行い、資金繰りをスムーズにしました。

また、ポイントが貯まることで、経営にプラスになる効果も得られました。

IT企業経営者:急な設備投資に対応

IT企業経営者のCさんは、業務拡大のために急な設備投資が必要になり、資金繰りに困っていました。

CさんはINVOYカード払いを活用し、設備投資や外注費用の支払いをクレジットカードで行うことができました。

これにより、資金繰りの負担を軽減し、業務拡大に集中できるようになりました。

INVOYカード払いの活用方法と注意点

INVOYカード払いを上手く活用するために、以下のポイントに注意してください。

活用方法

まずは、クレジットカード会社との契約を確認し、カード利用に関する条件や手数料を把握しましょう。

次に、INVOYカード払いが適用できる取引先やサービスをリストアップして、計画的に利用していくことが重要です。

定期的にクレジットカードの利用状況を確認し、限度額に達しないように注意しましょう。

注意点

クレジットカードの利用限度額には注意が必要です。

限度額を超えないよう、計画的に利用しましょう。

クレジットカードでの支払いはあくまで一時的な資金繰りの解決策であり、根本的な経営改善には繋がりません。

資金繰りの問題を解決するために、経営全体の見直しや売上向上策を検討してください。
まとめ

INVOYカード払いの適用事例を紹介しました。

INVOYカード払いは、支払い期限を延ばすことで資金繰りを助ける効果がありますが、注意点もあるため、上手く活用することが重要です。

資金繰りに悩む中小企業経営者の皆様には、INVOYカード払いが一つの解決策となるかもしれません。

ただし、根本的な経営改善を目指すことも大切ですので、他の資金調達方法や経営効率の向上、売上拡大策なども併せて検討していくことが重要です。

INVOYカード払いを含む様々な選択肢を比較検討し、自社に適した資金調達方法を見つけてください。

また、資金繰りの改善に限らず、中小企業経営者にとっては、ビジネスモデルの検証や市場環境の変化への対応、人材育成や組織風土の整備なども重要です。

総合的な経営改革に取り組むことで、資金繰りに悩まされることのない健全な経営を築くことができます。

NVOYカード払いとファクタリングの選択ポイント

資金繰りに疎い経営者の皆様に、INVOYカード払いとファクタリングの選択ポイントを分かりやすく解説します。

それぞれの特徴や適用シーンを理解し、自社に適した資金繰り改善策を見つけましょう。

資金繰りの緊急度

短期的な資金繰り改善が求められる場合は、INVOYカード払いが適しています。

一方、長期的な資金繰り改善が必要な場合は、ファクタリングを検討してください。

資金調達の規模

小規模な資金調達であれば、INVOYカード払いが適しています。

大規模な資金調達が必要な場合は、ファクタリングが適切です。

手数料と取引コスト

INVOYカード払いでは、利用手数料が発生すしますが、比較的低い範囲です。

ファクタリングでは、利用するファクタリングサービス会社によって手数料が異なり、場合によっては高額になることもあります。

手数料や取引コストを比較検討し、自社に適した方法を選択してください。

手続きの煩雑さ

INVOYカード払いは、クレジットカードを利用するだけで手続きが完了するため、簡単かつ迅速です。

一方、ファクタリングはファクタリングサービス会社との契約が必要であり、手続きが煩雑になることがあります。

手続きの負担を考慮して、選択を検討してください。

回収リスク

ファクタリングでは回収リスクが金融機関に移るため、安心して資金調達ができます。

回収リスクをどの程度懸念しているかによっても、適した方法が変わります。

INVOYカード払いとファクタリングは、それぞれ異なる特徴と適用シーンを持っています。

資金繰りの緊急度、資金調達の規模、手数料と取引コスト、手続きの煩雑さ、回収リスクなどを検討し、自社に最適な資金繰り改善策を選択してください。

どちらの方法も、資金繰りに悩む中小企業経営者にとって有益な選択肢ですが、最終的には根本的な経営改善を目指すことが重要です。

資金繰り改善だけでなく、ビジネスモデルの検証や市場環境の変化への対応、人材育成や組織風土の整備など、総合的な経営改革に取り組むことで、健全な経営を実現しましょう。

INVOYカード払いのよくある質問!

INVOYのカード払いに関するよくある質問です。

公式サイトより引用しています。

誰でも利用できますか?
事業者向けサービスです。
法人・個人事業主の方がご利用いただけます。

利用にあたり審査はありますか?
財務審査なくご利用いただけます。
カード会社毎のルールに従い、ご利用お断りする可能性はございます。

利用の上限、下限はありますか?
サービス上の上限、下限はございません。
上限額は、ご契約のカード会社の定める上限金額になります。

カード決済から振込みまでどのくらいかかりますか?
カード決済から、3営業日以内にお振込みします。

振込名義は指定できますか?
お申込み時に、振込依頼人名(カナ)を指定いただけます。

振込先が海外の請求書も利用可能ですか?
日本国内の銀行の普通/当座口座が対象になります。
海外口座へのお振込みはご利用いただけません。

取引先に利用を知られますか?
口座名義も指定できますので、取引先に知られることなくご利用いただけます。

利用に必要な書類は何ですか?
支払いをしたい請求書とカードがあればご利用いただけます。

利用できるカードを教えてください
VISA、MasterCard、JCBがご利用いただけます。

個人のカードでも利用できますか?
可能です。与信枠、経費の棲み分けの観点からビジネスカードを推奨しています。

日本国内の銀行の普通/当座口座が対象です。海外口座への振込は行っておりません。不明点などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。引き続き宜しくお願い致します。

INVOYのカード払いの会社概要

INVOYの会社概要をご紹介します。

内容を入力してください。

企業名:FINUX株式会社 英語名FINUX
代表者名:澤岻 優紀
住所:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 4F
設立:2018-01
\ 登録者数10万ユーザー以上・累計取扱高100億円以上 /

INVOYカード払いの公式サイト >