広告あり

JPSのファクタリングの口コミ・評判はどう?審査・必要書類・手数料は?

ファクタリング会社一覧

経営資金が不足している中小企業経営者のあなた、JPSのファクタリングサービスをご存知ですか?

あなたの事業を成長させるための資金調達方法として、JPSは最短1日で最高1億円までの融資が可能です。

しかも、業界最低水準の2%からの手数料で、全国出張サービスを行っているため、来社が難しい場合でも利用が可能です。

あなたの事業をサポートするために、JPSがどのようなサービスを提供しているか、ぜひご確認ください。

ファクタリングに審査落ちした方、審査落ちしたくない方へ。

審査落ちなしの資金繰り改善サービスをご紹介します。(※ヤミ金ではありません)

第1位 「支払い.COM」サービス

✅請求書払いをカードで最長60日間先のばし。
✅必要なのは手持ちのカードだけ。審査も書類も必要なし。

支払いドットコムの
公式サイト >

第2位 「INVOYカード払い」

✅請求書、外注費、家賃や光熱費の支払いをカードに置き換え。
✅10万ユーザー超の事業者に登録され、累計取扱高は100億円超。

INVOYカード払いの
公式サイト >

第3位 「DGFT請求書カード払い」

✅借り入れなしで資金繰りを改善。
✅唯一ダイナースクラブでの支払いに対応。

DGFTカード払いの
公式サイト >

第4位 「LABOLカード払い」

✅手持ちのカードの枠内であれば利用上限額なし。
簡単手続きで、最短60分後に支払延長が完了。 

ラボルカード払いの
公式サイト >

JPSのファクタリングの審査について

現金流の改善を求める中小企業経営者や個人事業主の皆さん、JPSのファクタリングサービスの審査プロセスは、その迅速さと独自の基準で知られています。

その審査内容と基準について詳細に解説します。

審査の全体像

JPSのファクタリング審査は、従来の銀行融資やビジネスローンとは異なります。

特に重視されるのは、売掛金の有無や回収の見込み、そして顧客の信用度です。

資金調達を図る際、これらの要素があなたのビジネスにとってどれほど重要かを理解することが不可欠です。

売掛金の重要性

売掛金の性質や確実性は審査で特に重要視されます。

売掛金があること、そしてそれが確実に回収できると見込まれることが、審査を通過するための鍵となります。

審査期間の迅速さ

審査期間は、最短で1営業日と非常に迅速です。

最長でも3日以内に結果が出るため、急ぎの資金調達ニーズにも応えることができます。

全国出張サービスも提供されており、来社が難しい場合でもアクセス可能です。

即時性のメリット

この迅速な審査プロセスは、ビジネスチャンスを逃さないためにも大きな利点です。

短期間で資金調達が可能になるため、機会損失を最小限に抑えることができます。

審査基準の詳細

審査基準にはいくつかの重要なポイントがあります。

売掛金の信用性が低い場合、売掛先の企業状況が好ましくない場合、申込者の会社自体に問題がある場合は、審査に通りにくくなります。

審査落ちのリスク要因

他の会社にもファクタリングを依頼している場合や、売掛金が不良債権化している場合、二重譲渡の疑いがある場合も審査に通りにくいとされています。

これらの要因を理解し、事前に準備することが重要です。

以上の内容を踏まえ、JPSのファクタリング審査に臨む際は、売掛金の信用性と確実性を重視し、迅速な審査を活用することをお勧めします。

もし更なる詳細情報が必要な場合は、JPSの公式サイトや直接の問い合わせを通じてご確認ください。

審査が不安な方へのおすすめ ⇒ upsiderの支払い.COMの評判(口コミ)はどうなの?利用者3人の体験談!

JPSのファクタリングの必要書類は何?

JPSのファクタリングを利用する際に、提出する必要がある必要書類をご紹介します。

FAXまたはメールやLINEで下記の必要書類をご提示します。

JPSのファクタリングサービスを利用する際に必要な書類は以下の通りです。

一般的な必要書類

請求書

通帳のコピー

決算書

代表者の身分証明書​​​​​​

追加の必要書類

商業登記簿謄本

印鑑証明書

法人税確定申告書(決算報告書)

売掛先企業との基本契約書・売買契約書

入金確認ができる通帳​​。

これらの書類は、ファクタリングサービスの申し込みや審査プロセスを円滑に進めるために必要となります。

各書類は、申し込む企業の信用度や財務状況、売掛金の信用性などを評価する上で重要な役割を果たします。

事前にこれらの書類を準備し、JPSのファクタリングサービスの利用を検討する際には、必ず提出するようにしてください。

JPSのファクタリングの特徴

JPSのファクタリングの特徴をまとめてご紹介します。

手数料と資金調達の限度額

手数料は2%〜10%で、最短即日入金が可能です。

資金調達は最高1億円まで対応可能です​​。

2社間ファクタリングの手数料は5.0%〜10.0%、3社間ファクタリングは2.0%〜8.0%、診療報酬に関するファクタリングでは1.0%〜5.0%となっています​​。

契約方法と取引の柔軟性

対面契約とオンライン契約の両方が可能です。

個人事業主やフリーランスとの取引も対応しています​​。

審査のポイントと迅速性

審査で重視されるのは、買取先企業の規模や過去の入金実績です。

必要書類は最低限で、スピーディな対応が可能です​​。

審査から買取までのスピードは最短即日、最長でも3日以内です​​。

その他のサービス

アフターサービスとして経営コンサルティングも提供されています​​。

会社の背景

2018年に設立された比較的新しいファクタリング会社で、フットワークの軽さが特徴です​​。

これらの特徴により、JPSのファクタリングサービスは、様々なタイプの事業者に対応し、迅速かつ柔軟な資金調達を実現しています。

特に急速な対応を必要とする場合や、オンラインでの手軽な契約を求める事業者にとっては、魅力的な選択肢となるでしょう。

JPSのファクタリングの口コミ・評判は?

JPSのファクタリングの口コミ・評判や、利用者の声をご紹介します。

口コミ

口コミを調べると、以下のような評価がありました。

良い口コミ

手数料がリーズナブルで、他社からの乗り換え専用のサービスも用意されているため、現在利用中のファクタリング会社に満足できていない方には特におすすめ

資金調達が必要な際にはスピーディーに対応してくれるため、急に資金が必要になってしまった会社にとってはかなり助かる

他社からの乗り換えプランを用意しており、手数料が他社に比べて非常に低く、コスト削減に繋がる

取引実績を元にした口コミでは、利用者からの評判が高く、信頼性の高いファクタリング会社である

JPSは他社に比べて取扱先企業の業種が広く、対象となる請求書額も幅広く扱えるため、柔軟な対応が期待できる

悪い口コミ

資金調達が必要な際にはスピーディーに対応してくれる一方で、利用規約がわかりにくい

JPSは新しい会社であるため、業界内での知名度が低く、不安を感じる

取引先企業が信用力が低い場合、ファクタリングが難しい

対応が遅く、手続きに時間がかかる

口コミのまとめ

総じて、JPSのファクタリングには、手数料がリーズナブルであることや、審査が迅速であることが高く評価されています。

ただし、担当者の対応や振込手続きに関するトラブル、返済額の予想と異なる点、対応が遅いという不満の声もあります。

利用者の声

JPSのファクタリングの利用者の声を公式サイトより引用してご紹介します。

建設業 A社様(大阪府)
調達金額:1,000万円
調達日数:1日
年商:1.5億円
早急に対応していただきました!
予定してた入金がずれてしまい下請けの支払いが不足してしまいました。
どうすればいいのか悩んでいたのですが、JPSさんに相談したら翌日には資金調達することができました。
こんなに早く解決できたことに驚きです。ぜひまた利用したいです!
製造業 I社(大阪府)
調達金額:350万円
調達日数:当日
年商:5,000万円
他社で断られてしまいました。
今まで利用していたファクタリング会社に突然、契約出来ないと言われてしまいました。
当日にどうしても資金調達をしなければならない中、JPSさんにその状況を把握していただいて的確な審査をしてもらい当日に資金調達をする事が出来ました。
こんなに早く対応してくれて助かりました。
運送業 D社様(神奈川県横浜市)
調達金額:300万円
調達日数:1日
年商:5,000万円
取引先に知られずに資金調達できました!
ファクタリング契約をしたかったのですが、売掛先や銀行に知られたら今後の仕事に支障が出ると思い利用できないでいました。
しかし、給料の支払いが不足してしまい、背に腹は代えられずJPSさんに事情を説明しました。
すると2社間契約なら売掛先に通知をせずに契約ができるとのお話を聞き、すぐに申込み。登記設定もしないため、どこにも知られることなく取引をすることができました。
製造業 L社様(神奈川県横浜市)
調達金額:500万円
調達日数:1日
年商:7,000万円
他のファクタリング会社を利用中でも契約出来ました。
他のファクタリング会社を利用している時に、急にスポット支払いが発生してどうしても追加で資金調達しなければならない状況になり、追加契約をお願いしたら審査が通らないと言われ他社で打診するも債権譲渡登記が設定がされてるとの理由で断られていましたが、JPSさんは他のファクタリング会社が買取をしてない債権でスピーディーに対応してくれました。
その後JPSさんに乗り換え、他社では提示できないような安さで契約しています。
建設業 C社様(宮城県仙台市)
調達金額:3,000万円
調達日数:1日
年商:4.5億円
債務超過でも資金調達できました!
1週間後に材料代の支払いが3,000万円不足することになり、メイン銀行に融資の相談をしたところ、断られました。
元々債務超過だったため期待はしていませんでしたが、他に方法が思いつきませんでした。
そこでJPSさんに相談したところファクタリングは融資ではないため、債務超過・赤字決算・税金の滞納があっても問題なく行えるとのことでした。
翌日、無事に3,000万円の資金調達ができました。

JPSのファクタリングのよくある質問!

JPSのファクタリングのよくある質問を、公式サイトから引用してまとめてご紹介します。

手数料はいくらかかりますか?
原則、売買手数料は2社間の場合5~10%、3社間の場合2~8%となっておりますが、売掛先企業様の与信力により変動はあります。
ですが弊社は業界最安値を目指しておりますので他のファクタリング業社様と比較される場合は是非ご相談くださいませ。
登記は必要ですか?
原則登記は必要ですが、登記保留にてのご契約のご相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください。
売掛先への通知・連絡は必要ですか?
通知が必要な3社間ファクタリング、通知が不要な2社ファクタリングのサービスをご用意しております。
それぞれお客様のご要望に合わせての契約が可能です。
資金調達可能な期間はどのくらいですか?
最短で1日、遅くても3日以内の契約が可能となっております。
ただし、必要書類が揃っている事が前提です。
お急ぎの場合は直接お問い合わせください。
赤字決算でも大丈夫ですか?
御社の決算書の確認はいたしますが融資とは異なり、あくまで売掛債権の買い取りなので可能でございます。
個人事業者でも利用可能ですか?
もちろん可能でございます。

JPSのファクタリングの会社概要

JPSのファクタリングの会社概要をまとめてご紹介します。

社名 株式会社JPS
代表者 山下 慎吾
本社所在地 〒112-0006
東京都文京区小日向4-6-21 ベルメゾン茗荷谷3F
事業内容 ファクタリング事業・経営コンサルティング事業
電話番号 03-6903-1262
FAX番号 03-6903-1263
メール info@jps-tokyo.co.jp
法人番号 0133-01-042468

ファクタリングに審査落ちした方、審査落ちしたくない方へ。

審査落ちなしの資金繰り改善サービスをご紹介します。(※ヤミ金ではありません)

第1位 「支払い.COM」サービス

✅請求書払いをカードで最長60日間先のばし。
✅必要なのは手持ちのカードだけ。審査も書類も必要なし。

支払いドットコムの
公式サイト >

第2位 「INVOYカード払い」

✅請求書、外注費、家賃や光熱費の支払いをカードに置き換え。
✅10万ユーザー超の事業者に登録され、累計取扱高は100億円超。

INVOYカード払いの
公式サイト >

第3位 「DGFT請求書カード払い」

✅借り入れなしで資金繰りを改善。
✅唯一ダイナースクラブでの支払いに対応。

DGFTカード払いの
公式サイト >

第4位 「LABOLカード払い」

✅手持ちのカードの枠内であれば利用上限額なし。
簡単手続きで、最短60分後に支払延長が完了。 

ラボルカード払いの
公式サイト >