広告あり

支払いが滞る前に!ラボルカード払いでクレジットカード支払い猶予の活用法

Labolカード払い

初めまして、経営コンサルファームの元コンサルティング室長(中小企業診断士)の萩原です。

このサイトでは、資金繰り改善の知って得する情報をご紹介します。

ラボルカード払いによるクレジットカードを使った支払い猶予のメリットを簡潔にまとめると以下のようになります:

目的:支払い猶予を実現するため、クレジットカードを利用。

利点:

差し迫った請求書に対してクレジットカードで後払いが可能。

現金不足時でも支払い可能。

審査不要で即日利用が可能。

支払い関連のストレス軽減。

対象者:

個人事業主やフリーランスなど、頻繁に支払いが必要なビジネスを持つ人々。

\ フリーランス・個人事業主向け借り入れなしで資金繰りの改善 /

ラボルカード払いの公式サイトはこちら >

ラボルカード払いがクレジットカードを利用することで支払い猶予が可能になる理由

「ラボルカード払い」は、株式会社ラボルが提供するカード決済サービスです。

このサービスを利用することで、支払いが差し迫った請求書に対して、クレジットカードを利用することで支払い猶予が可能になります。

一般的にクレジットカードを利用して支払いを行う場合、その支払いに関する明細書が発行され、後日クレジットカード会社からの請求が行われます。

このため、ラボルカード払いを利用することで、現金が不足している場合でも支払いが可能になります。

また、ラボルカード払いは審査が不要で、即日利用が可能なため、急な支払いにも対応することができます。

これにより、個人事業主やフリーランスの方々が抱える支払いに関するストレスを軽減することができます。

さらに、ラボルカード払いを利用することで、支払い期限を過ぎる前に支払いを完了できます。

以上のように、ラボルカード払いはクレジットカードを利用することで、支払い猶予が可能になり、支払いに関するストレスを軽減することができます。

個人事業主やフリーランスの方々にとって、頻繁に支払いを行うことが必要なビジネスにおいて、便利なサービスと言えます。

現金不足でも支払い猶予が可能になるメリット

ラボルカード払いは、クレジットカードを利用して支払いを行うことができるサービスです。

このサービスを利用することで、現金が不足している場合でも支払い猶予が可能になるというメリットがあります。

例えば、支払い期限が迫っている請求書があり、手元に現金が不足している場合、ラボルカード払いを利用してクレジットカードで支払うことができます。

クレジットカードで支払うことで、現金が不足している場合でも支払いを猶予することができます。

また、ラボルカード払いを利用することで、支払い期限が過ぎてしまう前に支払いをすますことが可能です。

さらに、ラボルカード払いは、審査が不要で即日利用可能なため、急な支払いにも対応が可能です。

また、手続きが簡単であるため、忙しい個人事業主やフリーランスの方でも利用しやすい点があります。

以上のように、ラボルカード払いは、現金が不足している場合でも支払い猶予が可能になるメリットがあります。

個人事業主やフリーランスの方にとって、キャッシュフローの調整や資金繰りにおいて大きな支援となるサービスと言えます。

ラボルカード払いのよくある質問

ラボルカード払いのよくある質問を、ご紹介します。

Q登録時に必要な情報は何ですか?

Aご利用者様の情報(氏名・住所・電話番号・メールアドレス等)のご記載、ご本人確認書(免許証やマイナンバーカード等)のお写真のアップロードが必要となります。
Q何の支払いが先延ばしできますか?

A家賃や経費、オンラインショッピングのお支払いなどあらゆる銀行振込でのお支払いにご利用頂けます。※お申込みご本人様宛、個人宛、借金の返済等金融機関へのお振込みにはご利用頂けません。
Qオンラインショッピングの支払い先延ばし方法を教えてください。

A①オンラインショッピングでの購入時、お支払い方法で銀行振り込みを選択してください。②ラボルの「カード払い」で、支払内容が分かるメールや画面のスクリーンショットのアップロード&購入代金と振込先情報を入力③ラボルにて立替払いを行います。→支払期限の延長完了です。
Q家賃の支払い先延ばし方法を教えてください。

A①家賃のお支払い方法でを銀行振り込みを選択してください。②ラボルの「カード払い」で、家賃の金額が分かるメールや書類のアップロード&家賃の金額と振込先情報を入力③ラボルにて立替払いを行います。→支払期限の延長完了です。
Q経費の支払い先延ばし方法を教えてください。

A①経費の支払先から請求書を受領してください。②ラボルの「カード払い」で、金額が分かる請求書のアップロード&請求金額と振込先情報を入力してください。③ラボルにて立替払いを行います。→支払期限の延長完了です。
Q申請してから入金されるまでに、どれくらいの時間がかかりますか?

A申請をいただいてから、営業時間内であれば最短60分で審査が完了します。審査が完了いたしますと、ご登録の銀行口座宛に24時間365日即時で入金いたします。
Q土日祝日に入金されますか?

A土日祝日も審査・入金が可能です。※追加審査が生じた場合など入金ができない場合もありますがご容赦くださいませ。
Q「ラボルカード払い」を利用するために必要なエビデンス書類について教えてください。

A支払い内容が確認できるもの(請求書や支払案内のメールなど)のみご提出をお願いしております。※ラボルのご利用実績がない場合は、初回に限りフリーランス又は法人の活動を証明する書類(確定申告書や契約書、開業届など)が必要となります。
Q支払先に利用が知られることはありますか?

A利用が知られることはありません。当社から支払先への振り込みは、あなたの名前などあなたが指定した振込依頼人名にて行います。また当社から支払先に連絡をすることはございません。
Qいくらの支払いから利用できますか?

A1万円から申請することができます。
Qカード払いの支払期日はいつになりますか?

Aご利用のカードの支払日に引き落としがされます。ラボル宛に直接お振込み頂く必要はございません。
Q借入れやローンの審査に影響は出ないですか?

A銀行やクレジットカードの審査とは異なり、信用情報機関に照会されることはない為、影響はありません。
Q手数料はいくらかかりますか?

Aご利用のカードブランドによって異なります。申請額に対し、Visa・Mastercard®は3%、JCBは3.5%が発生いたします。

公式サイトより引用

ラボルカード払いサービスを提供する会社概要

ラボルカード払いサービスを提供する会社概要をご紹介します。

会社名
株式会社ラボル
設立 2021年12月1日
所在地 〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号
世田谷ビジネススクエア タワー 24階
資本金 5,000万円(2021年12月現在)
代表者 代表取締役 吉田 教充
事業内容 ファクタリング事業
メディア事業

現金不足で取引先からの請求書の支払いが滞った場合の問題点

現金不足で取引先からの請求書の支払いが滞ると、様々な問題が生じる可能性があります。

まず、取引先からの信頼を失うことが考えられます。

支払い期限を過ぎても請求書の支払いができない場合、取引先からは不信感を抱かれ、今後の取引が難しくなる可能性があります。

また、滞納を繰り返すと、信用情報に影響が及ぶ場合があります。

このような場合、信用情報にマイナスが付与され、今後の融資や取引に影響を及ぼすことがあります。

さらに、滞納が長期化すると、法的問題に発展する可能性もあります。

取引先が支払い督促を行う場合や、訴訟を起こすこともあります。

これらの手続きには、時間やコストがかかり、取引先との信頼関係に悪影響を与える可能性があります。

そのため、現金不足で請求書の支払いが滞ってしまった場合には、早めの対処が求められます。

クレジットカードを利用して支払いをすることで、現金不足の問題を解決し、支払い猶予が可能になります。

ラボルカード払いは、クレジットカードを利用することで支払い猶予が可能になるため、現金不足で支払いが滞った場合には、積極的に活用していくことが重要です。

現金不足で取引先からの請求書の支払いが滞りそうな時にできること

現金不足で取引先からの請求書の支払いが滞りそうな時、個人事業主やフリーランスができることはいくつかあります。

まず、取引先とのコミュニケーションを大切にすることが必要です。

請求書の支払いが滞る旨を遅れる前に伝え、支払いの日程について交渉することができます。

また、支払いを先延ばしするためにオプションがある場合は、取引先に問い合わせることができます。

さらに、金融機関に相談することも重要です。

現金不足で支払いが滞る場合、金融機関はその状況を理解し、解決策を提供してくれる可能性があります。

例えば、資金調達や資金繰りの改善などを提案することができます。

また、クレジットカードやローンなどの借入先を利用することで、現金が不足している場合でも支払いができる場合があります。

さらに、個人事業主やフリーランスは、今後同様の事態を回避するために、予算や資金計画の策定を行うことが必要です。

これにより、将来的な支払いに備えることができます。

また、取引先との契約に基づいて、支払い期限や支払い方法などを定めておくことも重要です。

これにより、請求書の支払いに関する問題を事前に回避することができます。

現金不足で取引先からの請求書の支払いが滞りそうな時、焦らず冷静に対処することが重要です。

個人事業主やフリーランスは、上記の方法を活用することで、支払いに関する問題をスムーズに解決することができます。

\ フリーランス・個人事業主向け借り入れなしで資金繰りの改善 /

ラボルカード払いの公式サイトはこちら >