広告あり

資金繰りが悪化する原因と改善方法!

資金繰りの改善

資金繰りが悪化して、困った経験がありますよね。

資金繰りが悪化する原因について、頭の中を整理しておきたいですよね。

資金繰りが悪化してしまった時の改善方法が、はっきりと分かっているといいですよね。

資金繰りが悪化するのは、手元に保有している資金が不足して、入金が遅れ、出金が早まる場合です。

原因を明らかにしたうえで、資金繰りの改善方法をご紹介します。

借入によらない、資金繰り改善の新しいサービスがあります。

upsiderの支払い.COMは、支払いを先に延ばして資金繰りを改善します!

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までカード決済が可能

資金繰り悪化の原因

資金繰りが悪化する原因として考えられることとしては、キャッシュインが減少することによる原因と、キャッシュアウトが増加することによる原因があります。

キャッシュインの減少としては、売上減少、費用の増加、売掛金の回収遅延などがあります。

キャッシュアウトが増加する原因としては、前払い金や仮払金が増えていること、買掛金や借入金の支払サイトが短くなっていること、設備投資が増加していること、不良在庫が増えていることなどが考えられます。

利益が赤字になっている

売上よりも、原価や費用が上回っていて、利益が出ていない状況です。

赤字だからといって、資金不足になるとは限りませんが、赤字が長く続くと、資金不足に落ちる可能性が高いです。

売掛金が早期に回収できていない

売上が上がって売掛金なっていても、その売掛金を回収して現金化しないと、資金不足に陥ることがあります。

特に、売掛金の回収を営業任せにしまって。全社的に売掛金の回収に対する意欲が低い場合もあります。

売掛金をできるだけ早期に回収することによって、資金繰りの悪化を防ぐ必要があります。

売掛金の回収ができずに、貸し倒れになる可能性もあります。

事業の成長

事業が成長して、売上が大きくなってくるにつれて、資金繰りが悪化することもあります。

事業が拡大して売上が上がると、仕入れ代金や、事業を継続していくための費用が拡大していきます。

仕入代金や費用を支払うための資金となる、売掛金の回収などが遅れると、資金繰りが悪化します。

不良在庫の増加

仕入れた商品が予定通り販売できずに、在庫となって滞留してしまうことがあります。

仕入れたものが販売できずに、現金化ができないため、資金繰りが悪化します。

倉庫に不良在庫を抱えることによって、保管費用がかかることになります。

借入金の返済の負担の増加

借入金が増加して、返済金額が大きくなると資金繰りが悪化してしまいます。

返済期間のリスケジュールなどよって。対策する必要あります。

資金の流れが未把握

資金の流れがしっかりと把握できていないと、支払いの計画がきちんと立てられません。

いつ入金して、いつ出金するかということを、しっかり捉えておく必要があります。

資金繰り表などを利用して、お金の流れを見える化できていないケースです。

 

資金繰りの改善方法

資金繰りが悪化してきていると感じていた場合には、まず原因を探ることが必要です。

上記のような資金繰りの悪化の原因に対して、資金繰りを改善する方法をご紹介します。

資金の流れの把握

資金繰り表を用いてない場合は資、金繰り表を作成することが必要です。

資金繰り表はあるけれども、うまく活用できていない場合には、活用方法を再度見直すことが必要になります。

資金繰り表にを作ることによって、手元に有している資金であったり、入金した資金、出金した資金の状況を、まず明確に見える化しましょう。

そして、状況を把握した上で、必要となる資金の予測を立てるようにする必要があります。

売掛金の回収を早くする

売掛金の回収を営業担当者だけに任せるのではなく、全社で売掛金の回収の早期化に対する意識を高める必要があります。

場合によっては、取引先と交渉をすることによって、売掛金の回収サイクルを早める必要がある場合もあります。

売掛のを早期に回収するサービスとして、ファクタリングサービスがあります。

ファクタリングの利用を検討しても良いでしょう。

資金調達方法を検討する

資金調達の従来の方法としては、融資を受けたり、補助金や助成金の活用があります。

最近では。新しい資金調達の方法として、ファクタリングを利用するケースも増えています。

また、クラウドファウンディングによって、ネットを通して出資を募るということも増えています。

そのような新しい資金調達方法も検討しても良いでしょう。

買掛金の支払いサイトの見直し

買掛金の支払いは原則は、遅ければ遅いほど、資金繰りは改善できます。

仕入れ先などと、買掛金の支払サイトの交渉を行ったり、仕入先そのものの変更も考えても良いでしょう。

不良在庫の解消を図る

商品が市場に合わなかったり、商品力が低下することによって、不良在庫が発生する場合があります。

不良在庫を放置していると、資金繰りの悪化につながります。

また、在庫スペースも不足するので、維持費も増える場合があります。

不良在庫が発生しないように、在庫管理を徹底すること、在庫にならないような販売価格設定などの工夫が必要です。

年度末に不良在庫を損失計上して、処分することも必要になります。

不適切な投資の改善

事業を継続し成長していくためには、投資が必要です。

投資については、フリーキャッシュフローがプラスになる範囲で、投資を行う必要があります。

回収の遅れと支払いの早期化

資金繰りを改善する基本としては、回収をできるか早くし、支払いをできるだけ遅くすることです。

回収が遅れたり、支払いが早まると、それだけで資金繰りが悪化します。

ただし回収と支払いに関しては、取引先相手との交渉が必要になります。

借入金についても返済期間を繰り延べたり、返済額を減少させたりといった交渉が必要です。

 

upsiderの支払い.COMはファクタリングより、手数料が安いです!

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

※法人、個人宛て問わず、大口の仕入・外注先への支払いから、給与振込までカード決済が可能

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細