広告あり

資金繰りの管理に、資金繰り表とキャッシュフロー計算書を作ろう!予測が重要!

資金繰りの改善

資金繰りを悪化させないための、一つの最も基本的な方法として、資金繰り表を作成して資金繰りを管理していきましょう。

資金繰り表は、決算書と違って、必ずしも作らなければいけない書類ではないです。

経営にとって資金繰りが非常に重要です。

資金の流れを管理することが、資金繰り表を作ることによって可能になります。

資金繰り表を作る

資金繰り実績表と資金繰り予定表

一般的な資金繰り表として、資金繰り実績表と、資金繰り予定表があります。

資金繰り実績表は、お金の出入りの過去の実績の流れを表したものです。

資金繰り予定表は、1年間など一定期間のお金の流れを、予測することによって予定で示すものです。

資金繰り表に記載する項目

資金繰り表の作成は、貸借対照表や損益計算書のように、決まった方法があるわけではありません。

自由に作成して構いませんが、以下の項目を記載することによって、資金繰りの管理が行いやすくなるでしょう。

前月繰越金:前月から繰り越された資金の額

当月収入額:現金で入金される予定の資金

当月支出額:現金で支出される予定の資金

次月繰越金:次月へ繰り越される資金の額

資金繰り表作成上の注意点

資金繰り表は、現金の流れを表すものなので、売掛金が発生した場合は、現金回収をするときに記載します。

買掛金も同様に、現金を支出したタイミングで、記入するようにします。

支出額の想定が難しい場合もありますが、家賃や人件費など、基本的に予測できるものは記載するようにしましょう。

資金繰り表は、1回作れば良いのではなく、更新をしていくことが必要です。

状況に応じた金額を記入するようにしましょう。

初めに過去3ヶ月程度の資金繰り表を作ってみて、支出の状況や入金の状況を確認しておきましょう。

特に固定的に発生するものやものと、変動的に発生するものを把握することが把握しておけば、予測を立てやすくなります。

出来る限り正確な資金繰りができれば、安定した経営に結びつけることが可能になります。

資金繰り表とキャッシュフロー計算書の使い方!

経営を行って上を行っていく上で、会社の状態を把握する能力が必要です。

会社の状態を把握する上で、資金繰り表とキャッシュフロー計算書は有効な資料です。

この二つの資料の使い方についても理解を進めましょう。

資金繰り表の使い方

会社経営では、資金の出入りを把握することがとても大事です。

資金の出入りを明らかにするのが、資金繰り表です。

資金が、どこからどれくらい入ってきて、どこにどのくらい出て行ったか。という流れがわかります。

資金繰り表で確認するものとしては、資金残高があります。

資金残高は毎月の経営にかかる費用の、およそ1.5倍ほどあると安定していると言えるでしょう。

資金残高と共に着目したいのが、資金がどこから供給されているかということです。

銀行からの融資によるものなのか、営業の利益から上がったものなのか、確認する必要があります。

営業上から供給されている資金が最も重要です。

キャッシュフロー計算書の使い方

キャッシュフロー計算書では、資金の流れを確認することができます。

資金がどこで生み出され、どこに資金が使われているかを、確認することができます。

キャッシュフロー計算書では、長期間の企業の業績を確認できます。

キャッシュフローには、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローの三つがあることを理解しておきましょう。

資金繰り悪化への対応

資金繰り表やキャッシュフロー計算書によって、資金繰りが悪化してることが分かった場合は、その原因と対策を考える必要があります。

資金繰りの悪化は、企業にとって重大問題です。

最悪の場合は黒字倒産の可能性もあります。

常に資金繰り表やキャッシュフローを気を使って、資金繰りの状況を把握することが大切です。

資金繰りの予測はどのようにやるとできるようになる?

会社経営を始める人にとって、見過ごしがちなスキルとして、資金繰りの予測があります。

特に中小企業の経営者は、技術であったり、営業であったりと、本業には詳しいですが、資金繰りについては弱い場合があります。

資金繰りの予測の方法を理解して、経営の安定化を図りましょう。

資金繰りの原則の理解

資金繰りを考えるということは、現金の出入りの流れを把握することです。

基本的には入金がどれだけあって、出勤がどれだけあったかということです。

このような現金の入出金を把握するためには、資金繰り表という表を作ります。

資金繰り表は経営状態を把握する上では、欠かせない資料になると言っていいでしょう。

資金繰り表は 、Excel などで簡単に作ることができるので、基本的なフォーマットの簡単な表から作成して、だんだん自社に合うように作り直して行けば良いでしょう。

資産状態の把握

現金があると言っても、その現金がどのようなものかが重要です。

例えば借入した資金として保有しているものであれば、本来的な財産とは言えないでしょう。

資産状態がほとんどのものが借金によるものであれば、経営状態は良い状態とは言えないです。

このような経営状態を把握する資料としては、貸借対照表があります。

資金ショートさせないためには、資産状態の把握もする必要があります。

専門家の力を借りる

一番身近で現金等についての相談に乗っていただけるのは、税理士です。

どこから融資を受けたらいいか、融資を受ける際の手続きなどの相談にも乗ってもらえます。

また、税理士によっては経営に関するアドバイスまで、してくれる人もいます。

資金繰りを予測する上でも力になってもらえます。

upsiderの支払い.COMは、支出を遅らせて、資金繰りを改善します。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

 

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細