広告あり

資金繰りのリスク減少と安定が企業存続には必要!取引の注意点!

資金繰りの改善

資金繰りにもリスクがついてきます。

リスクのない資金繰りはない、と言っても良いでしょう。

そこで資金繰りをする際には、できるだけリスクの少ない方法をとるか、リスクを減らす方法を考える必要があります。

資金繰りのリスクを減少させる

経営を安定させる

リスクを減らすには何よりも、経営を安定させることです。

赤字が多い状態とか、負債を抱えているなどの状況を、できるだけ解消する必要があります。

毛英英が不安定な状況では資金繰りも思うようにはできません。

資金繰りを受けてくれる会社がないか、あったとしても資金調達コストが非常に高いものになります。

経営が安定していると、資金繰りも安定的に行えるようになります。

銀行からの融資を受けるにしても、好条件で融資を可能になります。

無駄な融資を受けない

融資を受ける際には、事業に使う本当に必要な金額だけを借りるようにしましょう。

融資が受けられると言って、無駄にお金を借りてしまうと、利息の返済も大きくなります。

資金繰りのリスクが高まるといえます。

融資を受ける際には、金利ができるだけ低いところを、選択するとリスクが軽減できます。

一社から借りる

融資を受ける際に、複数の会社からお金を借りようと考えることがあります。

複数社からお金を借りることは、リスクは高いと言えるでしょう。

出来る限り一社からだけ、借りるようにしましょう。

複数から借りる必要があるのであれば、リスクが小さく、安定的に利用できるサービスを提供している会社を選ぶようにしましょう。

資金調達をする際には安定性のある資金を調達しよう!

毛家を長期的に安定的に行なっていくには、資金繰りについても長期的に検討する必要があります。

日々の資金調達に気を使うことも大事ですが、資金調達の必要額や目的を明確にして、計画的な資金調達をおこなう必要があります。

資金調達の方法

新たな事業展開を行う場合の資金調達では、銀行から融資を受ける、株式を発行して出資を募る、社債を発行して市場からお金を借りる、などの方法があります。

資金調達をする際の必要額や、使い道がによって、適切な資金調達方法が選べているかが重要です。

例えば、仕入代金の支払いの場合と、設備投資の場合では、資金の調達方法が異なってきます。

資金繰りの方法を間違えると、経営が困難になる場合もあります。

安定性のある資金とは

銀行から融資を受ける場合と、株主から出資を受ける場合について、どちらが安定した資金と言えるでしょうか?

出資を受ける場合は、基本的には返済義務がありません。

長期的に使い道も自由です。

銀行からの融資では、返済する義務が発生するので、短期的な資金には利用できます。

新規の事業展開などを行う場合や、設備投資のためには、安定した資金を調達したいものです。

資金調達コスト

資金調達には、コストがかかります。

銀行からの融資では、利子を支払う必要があります。

出資を受ける場合には、利息も返済義務もありません。

ただ、利益が出た際には、配当をする必要があります。

出資者に対して配当するというのは、実際にはコストになるのです。

その場限りの資金繰りは避ける

企業経営を行っていく上では、短期的に成功も大事ですが、やはり長期的に継続することが大事です。

それに合わせて、資金調達も長期的な観点から行う必要があります。

資金調達を行う目的は、最終的には資金を使って利益を上げることです。

資金調達に掛かるコストを上回るだけの、利益を上げることが必要になります。

長期的、計画的に資金調達を行っていくことが重要です。

資金繰りを安定させることが、企業の存続には不可欠!

 

たとえ利益が出ていたにしても、借入金の返済などで資金が枯渇するなど、資金繰りが悪化すると企業は存続するには厳しい状況になります。

企業を存続させるためには、資金繰りの安定が不可欠です。

現金を多く持つ

資金繰りの安定のためには、現金をできるだけ手元に多く持っている必要があります。

売上が上がって、利益が出る状態になったとしても、現金が手元にないと支払いが滞ってしまうからです。

借入金の返済であったり、仕入れ商品の支払いだったり、営業経費などの支払いがあるからです。

業績が伸びずに資金繰りが悪くなった時に、金融機関からお金を借りようとしても簡単にはいかないでしょう。

融資を受けやすい状態にしておく

資金繰りを安定化するためには、金融機関からの融資を受ける受けやすい状態にしておく必要があります。

簡易キャッシュフローの数値を高くしておく

税引き後利益+減価償却費で表せる指標です。

企業の返済能力が判定されます

債務超過に陥らないようにしておく

絶対債務超過という指標で見ることができます。

資産を資産性のない資産だったり、資本とみなすことができる負債などを修正した指標になります。

債務償還年数を10年以上にしない

簡易キャッシュフローで返済した場合に、借入金を何年で完済できるかを見る指標です。

利益を出すことが第一

資金繰りの安定化のためには、何といっても利益を出すことが第一です。

利益が出ていれば、掛け取引であってもいずれは、入金するので資金は増加する可能性が高いです。

利益を上げるためには、売上の向上と経費の削減が必要です。

売上を上げるには、売上絶対額と粗利率の向上が求められます。

経費の削減では、固定費の削減が利益には大きく影響します.

資金繰りが悪い会社と取引をしないための注意点!

企業経営していく上では、自社の経営を良い方向に向けていくことも大事ですが、取引相手を見極めて資金繰りの悪い会社と付き合わないようにすることも大事です。

特に資金繰りが悪い会社と、取引をしていて取引先が倒産してしまうと、売掛金が回収できなかったり、貸し倒れになってしまうことになります。

連鎖倒産する可能性もあります。

業績の悪い会社は和k理安いですが、資金繰りの悪い会社を見極めるのは難しいです。

資産が大きいから安心ではない

売上が伸びているにしても、入金されないで売掛金になっている場合があります。

会計上の売上を計上はしていて、利益が出ているように見えても、回収ができずに売掛金になっている場合があります。

在庫が膨らんでいて、棚卸資産が計上されていても、無価値な場合があります。

販売できずに売れ残っている商品を資産としていたり、見せかけの在庫を作って資産を膨らませている場合もあります。

資産な大きいから安心な会社とは言い切れないです。

また、利益が大きく出ているからからといっても、必ずしも安心ではありません。

しっかりと資金化されているかを、確認する必要があります。

貸付金が多い場合は注意

資産に貸付金が多い場合にも注意が必要です。

経営者が資金を持ち逃げする可能性があるからです。

事業に使うための現金を、経営者が私的に使用してしまうのは問題です。

特に生活費とか借入の返済に使ってしまっているよう場合では、貸した資金が会社に戻ってくることは期待できないです。

極端に役員報酬が少ない取引先企業も注意が必要です。

経営者が貸付をしている場合

会社の経営が苦しくなっていて、資金繰りに困っている場合に、経営者が会社に対してお金を貸し付けている場合があります。

貸付を行ったことによって、経営が改善されていれば良いですが、貸付が継続してお粉われている場合は、経営そのものが危険状態になっている可能性があります。

買掛金がない場合

買掛金や未払金といった、負債項目がない場合も問題です。

通常のビジネスを行っていれば、買掛金や未払金が発生しています。

買掛金や未払金が全くない場合は、利益が出てるように見せかけて、銀行からの融資を受けている場合もあります。

取引先を見極めることが重要

事業を進めるにあたって、倒産の可能性の高い会社と取引をするのを避ける必要があります。

取引先が倒産してしまうと、自社への影響が大きく、最悪の場合連鎖倒産の可能性もあります。

取引先を見極めるには、決算書を確認したり信用調査を行うことが重要です。

upsiderの支払い.COMは、リスクが少なく資金繰り改善ができます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細