広告あり

資金繰りは売上の増加よりも重要事項って本当?売掛金の管理も重要!

資金繰りの改善

資金繰りを売上増加よりも重要事項と捉えないと、会社を継続していくのは難しいです。

多くの経営者が、売上至上主義に陥っています。

売上を上げて利益を出すことがとても大事ですが、事業を継続していく運転資金が枯渇してしまうのが一番問題です。

資金繰りが重要

資金繰りを圧迫させない

売上が増加するのに任せて、資金繰りを重視しないのは問題です。

売上が増えれば、売掛金も増え、買掛金も増えていきます。

事業の拡大に合わせて設備投資などの融資も行わなければならないでしょう。

売上上がって、利益が出るということだけに安心してしまって、資金繰りが圧迫してしまうと、経営も行き詰まってしまう可能性が高まります、

特に、売掛金で入金できる期間と、買掛金で支払いをする出金の期間がタイミングがあってればいい良いです。

売掛金の入金と買掛金の出金のタイミングが悪いと、資金が不足する可能性もあります。

従業員の給料や、家賃光熱費などの固定費の支払いも、きちんと計画しておく必要があります。

売上の増加に伴って、運転資金が増加することで、資金繰りが悪化することは避けなければなりません。

資金の流れを把握する重要性

売上が増加して利益が出ているのに、資金繰りが圧迫するということがおきる場合もあります。

売掛金と買掛金のそれぞれの、支払いサイクル入金サイクルの確認が必要になります。

また銀行からの融資による支払いも、増加していないかチェックが必要になります。

これらの資金の流れの把握には、資金繰り表を活用して把握する必要があります。

資金の不足が想定される場合については、適切な資金調達の方法を準備しておく必要があります。

最近ではファクタリングと言う資金調達の方法もあるので、検討しておくと良いでしょう。

資金繰りの計画を立てる

資金繰りを行う場合には、自社でどれだけの資金繰りができる可能性があるかを、把握しておく必要があります。

資金繰り計画を立てることも非常に大事です。

また、銀行から自社がどの程度に評価されてるか、ということも確認しておくと良いでしょう。

資金繰りが悪化した場合に、講じる手段をあらかじめ、検討しておく必要もあります。

会社経営で、売掛金の管理はとても重要です!

売掛金は、商品を販売した未回収の代金にあたります。

事業では花倍したのちに、現金とした収入をきちんと得ることが大事になります。

売掛金をしっかり管理して、現金をきちんと回収する必要があります。

売掛金が回収できないと、いくら売上が伸びたとしても、資金繰りが悪化して経営が苦しくなります。

販売活動としては、売掛金の回収まできちんと行なって終了するという意識を持つ必要があります。

売掛金は取引先によって、入金タイミングが異なったりするので、残高の管理をきちんと行なっていく必要があります。

一般的な売掛金の管理

売掛金に対しての入金があった場合には、取引先の支払い通知などを確認した上で、入金された額が売上額と合っているか確認しましょう。

毎月の売掛金の金額だけでなく、残高とのチェックも必要です。

売掛金が入金されない時には、取引先に入金を催促する必要があります。

決算期末などに取引先に、残高確認情報を送るという方法もあります。

与信管理

取引先と掛け取引を安心して行うには、取引先の支払能力を評価する必要があります。

与信限度額を設定することによって、債権の回収が滞ることは減少できるでしょう。

販売管理

受注する際には、数量や価格、品質、納期などを確認して、対応できるかをチェックします。

また、取引先とのトラブルに備えて、売上伝票や納品書、出荷指示書、受領書などは保管しておくようにします。

返品処理や値引き処理といった、イレギュラーになる手続きについては、手順や方法を明確にしておきます。

回収管理

売掛金が入金された時は、不明な点が残らないように、確認できるような体制を整えておきましょう。

売掛金が発生日順にに管理できる仕組みを構築するとともに、入金が遅れるような売掛金については、チェックを行い回収を進めていきます。

全社で回収を行う

売掛金の回収にあたっては、営業部門任せにするのではなく、経理部門やその他のスタッフとも連携しながら、情報を共有して対応していく必要があります。

売掛金の残高が明確になっていないで、未回収の売掛金があると資金繰りにも影響します。

会社経営全体にも影響があります。

売掛先の数が増えれば増えるほど、会社全体での管理体制を構築することが必要になります。

売掛金はどうやって回収したらよいのか?

売掛金とは、商品を販売した時に対価としてもらえる債権です。

掛け取引の場合は、現金決済と違って、商品と現金を直接に交換はしません。

販売した後に売上た金額が、現金として入ってきます。

販売したけれども、売掛金を回収できないと貸し倒れになってしまいます。

販売行為は、売掛金を回収して、現金が入ることになります。

売掛金を回収する方法

売掛金が通常の期間で、回収できない場合に取る方法として、次のような方法があります。

直接交渉する

取引先と直接話し合いで解決を目指す方法です。

支払い期間であったり、支払いの回数であったり、といった様々な条件をもとに交渉を行い、妥結点を見つけて売掛金を回収します。

内容証明郵便を送る

一般的な方法として、内容証明郵便を送るという方法があります。

どのようなものを誰から誰に対して、提供したかを日本郵便が証明してくれます。

買掛金と相殺する

取引先買掛金がある場合では、回収できていない部分に対して、買掛金としての支払い分を、相殺して回収にします。

商品を回収する

売掛金が回収できないので、販売した商品の相当分を回収する方法です。

同意を得ずに、勝手に商品を引き上げるのは、窃盗にあたりますので注意が必要です。

売掛金回収における注意点

事業が大きくなってくると、取引先からの代金の回収が滞ることが増えてきます。

売掛金のトラブルは、精神的にも金銭的にも負担を大きく大きいです。

未収などが起きないように、与信をきちんと行なったり、取引先との関係性を密にしておく必要があります。

売掛金が未収になると、資金繰りにも影響します。

金融機関や投資家などからも信頼を失うの可能性もあります。

ビジネスとしては、商品を販売して終わりではなく、売掛金である代金を回収して完了するということを、きちんと理解しておきましょう。

売掛金の回収がうまく進まないと、経営状態が悪化する可能性が高まります。

未回収になったり、回収の遅れをが起きないようなオペレーションを構築しましょう。

upsiderの支払い.COMは、クレジットカードで支払いを先延ばしできます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細