広告あり

中小企業が事業を継続するために必要なこと!売上低迷の原因と対策 !

中小企業経営のヒント

日本の景気は非常に厳しい状況であり、中小企業が自助努力しながら経営革新を進めていくにも限界があります。

中小企業が経営を進めていく上での問題点について、検討してみたいと思います。

最も大事なのは売上高の確保!

大企業であっても中小企業であっても、経営を進めていく上では受注量の確保は大事です。

特に製造業や卸売業では、受注量、小売業では売上にあたります。

製造業、卸売業、小売業に関わらず、いかに売上を上げていくかというのが一番の経営課題になると思われます。

売上が低迷している原因は何か

中小企業が設立してからずっと、順調に成長していくということはあまりないでしょう。

また、右肩上りで従業員数も増えていると言う、小企業もそれほど多くはないのではないでしょうか。

逆に、売り上げが低迷してしまっている、中小企業が多くあるのが、現実ではないかと思われます。

中小企業の売上が低迷している原因は、最先端の現場では明らかになっていると思われます。

売上の低迷から脱却するために、今後の経営方針や戦略の見直しが必要になっています。

そのためには、売上が低迷している原因を、明らかにすることが必要でしょう。

売り上げが低迷する原因として考えられるのは、顧客数の減少であったり、新規顧客の獲得ができていなかったりとか、顧客の絶対数の減少することが考えられます。

また、商品ニーズが把握できずに売り上げが伸びない、商品価値が認められずに単価が伸びないっていうようなことの価格にまつわる原因も考えられます。

営業方法や販売方法のやり方に、問題がある場合も考えられます。

もちろん、一つの原因に限るわけではなく、複数の原因で売上が低迷していることも考えられます

企業の外部による原因

売上が低迷している原因として考えられるものとして、企業の外部による原因のものがあります。

例えば、市場変化や経済状況の変化、競合の状況、流行やトレンドの変化など。

企業の内部による原因

内部事情による売上が低迷してる原因としては、商品の品質が低下、営業担当者に問題がある、新規の顧客が増えていない、従業員のレベルアップが出来ていない、リピート顧客がいないなどがあります 。

改善策を立てる

企業外部の原因によっても、内部の原因によっても、いずれにしてもそれらに対応するための改善策を立案して、実行する必要があります。

改善策の実行には、PDCA のサイクルを回すことが求められます。

売上が低迷してる時に、すぐに取りがちな手段として、価格の値下げがあります。

ただ、むやみに値段を下げてしまうと、販売ができたとしても売上額そのものが減少して、利益率が低くなってしまいます。

そのため、経営の安定化にはあまり効果はないと考えられるので、無闇な値下げには注意しましょう。

売上アップの基本的な考え方

売上を向上させるための基本的な考え方として、次の公式を理解する必要があります。

売上高=客数×成約率×単価

売上高は客数と成約率と単価から構成されています。

売上を上げるためには、客数を増やすこと、成約率を高めること、単価を上げることが考えられます。

そして、これらのそれぞれの項目について、高めるための方法に分解してそれを実現していくことです。

客数を増やすには、新規顧客を新たに増やすことと、既存顧客のリピート率を高めることが挙げられます。

新規顧客を新たに増やすためには、自社の存在や商品の価値を広く多くの新しい顧客に、知らしめていく必要があります。

リピート率を高めるためには、購入していただいたお客様の満足どを高める必要があります。

自社の認知度を高めることと、既存顧客の満足度向上の2点が客数アップにつながります。

成約率や単価を高めるためには、商品力の向上が必要になります。

新たな魅力ある商品を開発することや、既存商品を改善して、より商品力を高める必要があるのです。

どうかなこれでいいかな人材マネジメントの重要性 !

なんだかんだ言っても、経営にとって最も大事なのは人材です。

優秀な人材を確保して、育成していくことが求められています。

ただ、中小企業では人手不足もあり人、材の育成がなかなか進んでいかないことが、最大の問題となっています。

優秀な社員を育成していく仕組みが、きちんとできている企業は、今後とも安定的に経営が進められると考えられます。

社員の育成と合わせて、後継者の不在というのも大きな問題になっています、

事業継続していく上では、後継者の育成が必須になってきています。

資金繰りが重要!

資金繰りにおいて借入に依存しすぎると、経営上のリスクを抱えていることになります。

融資を受けられなくなってしまったり、資金が調達できないと、事業が継続できなくなってしまいます。

資金を安定的に調達できるような、資金調達先の確保が必要になっています。

融資以外の資金調達の供給資金調達ができるルートを、確保しておくことが必要になってきてると思われます。

ファクタリングであったり、クレジットカードによる請求書への支払いなどといった、サービスの利用もこれからは有効であると思われます。

中小企業の発展が必須!

日本の企業のうち99%以上は、中小企業です。

そして、日本の雇用においては7割以上が、中小企業に雇用されています。

雇用の中心となっている中小企業の経営活動が、より安定的に進められることが求められています。

そして、中小企業がさらに発展していくことが、日本の経済基盤を強固なものにしていく上で、非常に重要な位置を占めています。

 

upsiderの支払い.COMは、借り入れをしない資金繰りの手段です。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

 

 

 

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細