広告あり

ベンチャー企業が5年後にも生き残るために必要なこと!中小企業ビジョンや強みを活かす!

中小企業経営のヒント

ベンチャー企業の5年後も存続している確率は、15%と言われています。

一般の中小企業が、倒産せずに生き残っている確率は、5年後で40%と言われています。

ベンチャー企業の場合、生き残りがかなり難しいと言えるのではないでしょうか。

ましてや、20年後の生存率は1%にも満たないようです。

ベンチャー企業の生存率が、低い理由を考えてみましょう。

ベンチャー企業の生存率が低い理由

ベンチャー企業の生存率が低いのは、事業経営をしていく上で銀行から融資を受ける際に、会社名義で銀行から融資を受けたとしても、連帯保証を経営者がしているからです。

会社が倒産すると、経営者も破産してしまうので、事業継続が不可能になるからです。

また、ベンチャー企業を行う経営者は、技術能力や営業力が高いケースが多いですが、財務に関しては強くないケースが多いです。

そのため、ベンチャー企業では、どんぶり勘定による経営が進められていたりして倒産の可能性が高まっています。

財務に弱いので、資金調達のタイミングを誤ったりするケースも多いです。

営業力が高かったり、技術力が高い経営者がベンチャーを創業した場合には、できるだけ早く財務の知識を学ぶことが求められます 。

数字に強くなる必要があります。

経営や財務の知識を身につけよう!

ベンチャー企業を経営していこうと考えるのであれば、自分の得意の営業能力や技術力に加えて、財務に関する知識や判断能力を身につけることが必須です。

特に大事なのは、会社が倒産するのは、キャッシュフローが悪化するからということを理解することです。

企業は赤字だから、にわかに倒産するというわけではない、というところをしっかりと理解しておく必要があります。

自らが、あまり財務など得意でない場合は、得意な人を片腕として雇い入れるか、あるいは外部に財務などの支援をしてもらえるコンサルタント用意する必要があります。

会計事務所やコンサルティング事務所と、うまく連携することをおすすめします。

ベンチャー企業も中小企業もビジョンが大事

ピジョンというのは、どこを目指して経営していきたいかというものを表すものです。

ベンチャー企業や中小企業の経営者の場合、家業をただ引き継いただけで、何を本当にやりたいかがわかっていない経営者も多いのではないでしょうか。

継続だけを意識する事と、ビジョンをもって経営することでは、企業の成長において、将来が大きく異なっていきます。

事業継続とビジョンの関係

多くのベンチャー企業や中小企業では、企業を継続させることだけを、目的にしているケースがあります。

経営は継続することもとても大事です。

ただ、経営するだけではなく、どういうことを社会貢献していくか、社会に問い続けていくかという、ビジョンを持つことも大事になります。

ベンチャー企業や中小企業経営は人材が不足していたり、資金の不足したりと、経営資源が限られています。

その中で、経営をしていく上では継続することに、全てを賭けるというのも分からなくはありません。

ただ、経営というだけでなく、事業という観点で考えれば、ビジョンを持って継続するということが必要になるでしょう。

ビジョンを持たずに事業を続けていくことは、なかなか現状から脱出して発展していくことには、繋がらないのではないでしょうか。

ビジョンがある経営の特徴

経営が苦しいとしても、社員や会社の中でビジョンが浸透していれば、新商品や新サービスを作り出そうという気概も生まれ、チャレンジングな事業展開が行えるのではないでしょうか。

たとえ、資金繰りが苦しかったとしても、倒産せずにビジョンを達成しようという意識も生まれます。

営業の場面においても、お客様へのアピールが明確になり、新規の顧客開拓も進んでいくのではないでしょうか。

明確なビジョンで、ブレなく経営が行われば、お客様から時や取引先からの信用も獲得できていきます。

それによって大きな成長が見込めていくのではないでしょうか

ビジョンに基づく経営のすすめ

会社が一丸となって進めていくビジョンがあると、事業の継続に加え事業の成長が期待できます。

短期的ではなく長期的なビジョンを持つことによって、会社の新たな風土も生まれるでしょう。

経営者も社員も一体となって、未来に向かってチャレンジングな経営が進められることが望ましいです。

大企業にはない中小企業の強みを活かす方法!

経営の規模や経営資源の豊富さなど比べると、ベンチャー企業や中小企業は弱い企業というイメージがあります。

ただ、小さいだけに大企業とは異なった、強みがあるのが現実です。

こでは、大企業にはなくて、ベンチャー企業や中小企業にある強みというものをピックアップして。確認していきましょう。

ベンチャー企業や中小企業業の大企業にはない強み

資源が豊富な大企業の方が、経営が安定してるとは言えますが、小さい経営だからこその中小企業の強みというのもあります。

大企業と比べて、小回りが利くという点から、ベンチャー企業や中小企業の強みが生まれてきます。

スピードある意思決定ができる

大企業では意思命令決定の流れが長く、最終的に決定判断を行う意思決定者は、現場担当から遠くにいます。

現場担当者が、お客様や取引先と触れあっている中で、意思決定を求める場合に意思決定の流れの長さがあるので、時間がかかってしまいます。

そのようなことによって、」ビジネスチャンスを失ってしまうことも考えられます。

一方、ベンチャー企業や中小企業では、現場担当者と意思決定をするべき、経営者や管理者との距離が短くなっています。

現場担当者の声が、意思決定者に届く時間が短くなります。

また、現場担当者に意思決定を委任される、場合も多くあります。

そのような場合には、さらに意思決定スピードが、上がるということが考えられます。

このように大企業と違って、スピードある意思決定ができるのは、ベンチャー企業や中小企業の強みの一つと言えます。

コミュニケーションが取りやすい

大企業では部署による縦割りの力が強く、セクショナリズムあります。

社員数も多いので、文書での管理であったり、コミュニケーションが取りやすい環境にあるとは言い切れないでしょう。

情報共有が必ずしも、スムーズになっているとは言えないと思われます。

ベンチャー企業や中小企業の場合は、人数も少なく現場担当者と経営者や管理者の距離も短くなっています。

また、担当者も一つのことに限定するのではなく、いろいろな仕事をする必要もあります。

例えば、企画と営業とか複数の業務を、兼任しているケースも多いです。

大企業と比べると、コミュニケーションはかなり取りやすく、なっているといえるでしょう。

専門分野に特化している

大企業では様々な事業を行っており、また顧客も広がっているので、ある一分野に特化しきれない点があります。

それに対して、ベンチャー企業や中小企業は特定の分野に特化して、お客様に対応することが可能となっています。

大企業は専門分野への特化というよりは、幅広い対応戦略で経営を進めていきます。

一方、ベンチャー企業や中小企業は専門特化して、一点突破の可能性が高いです。

変化への対応スピードが速い

大企業が土台が大きいぶんだけ、変化への対応するのが大変です、

組織変更ひとつとっても、人・物・金に関わる物をきちんと準備し、精査して変更していく必要があります。

それに比べて、ベンチャー企業や中小企業は資金や人員も限られているので、市場環境の変化に素早く対応することができます。

方針転換なども、経営者の意思決定一つで進めていくことも可能になっています。

求められるのはベンチャー企業や中小企業ならではの戦略

 

ベンチャー企業や中小企業が、大企業と価格競争をやったり、ブランド力というもので勝負しても勝ち目は難しいです。

大企業は大量生産によってコストを抑えることができます。

また、知名度も高くなっているので、ブランド力も強いです。

そのような点で、大企業と勝負するのではなく、ベンチャー企業や中小企業ならではの戦略で、大企業と戦っていく必要があります。

ベンチャー企業や中小企業は、大企業では作れない製品とかサービスを、生み出すことも可能になります。

また、市場へのスピードある対応とか、細かなニーズへの対応力を活かすということもできます。

upsiderの支払い.COMは、ベンチャー企業のキャッシュフローの改善に役立ちます。

\ すべての「銀行支払い」を延長! /

支払い.COMの公式サイトはこちら!

 

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細