広告あり

ペイトナーファクタリングの口コミ・評判はどう?審査落ち・審査時間・必要書類は?

ファクタリング会社一覧

資金繰りの厳しい瞬間、誰しもが「どうにかして、すぐに資金を手に入れたい」と考えることがあります。

中小企業経営者や個人事業主の方にとって、特にその思いは深いものとなるでしょう。

そんな窮地にあるとき、最短10分で手間なく資金を調達する方法として「ペイトナーファクタリング」が浮上します。

この記事では、ペイトナーファクタリングの評判や口コミ、実際の利用感に関する情報を中心に、審査の有無、審査時間、必要となる書類、について詳しく解説していきます。

資金繰りに悩む経営者や個人事業主の皆様が、明日への一歩を踏み出す手助けとなるよう、実際のユーザーの声や私の中小企業診断士としての視点からのアドバイスを交えてご紹介します。

ファクタリングと併せて利用すると、資金繰りがぐっと楽になる方法をご提案します。

資金繰りの心配を安心に変える「支払い.COM」サービス概要

✅請求書をクレジットカードで即決済、支払いは最大60日後まで延期可能。

✅無料登録で資金繰りの悩みから解放、いつでも利用可能。

✅指定日に代行振込。振込名義も自由に設定可能で、プライバシー保護


無料登録はこちら >

ペイトナーファクタリングの口コミ評判は?

ペイトナーファクタリングの口コミ評判や、利用者の声をご紹介します。

口コミ

口コミを調べると、以下のような評価がありました。

・手数料が手頃で、利用する価値があると感じました。
・迅速な審査と承認プロセスで、すぐに融資を受けることができました。
・請求書の割引率が高く、現金化が早いです。
・顧客サービスが親切で、問題が生じた際にも素早く対応してくれました。
・最初の手続きから返済までスムーズで、ストレスなく利用できました。
・今までの経験で最も手軽で迅速なファクタリングサービスでした。
・融資を受けるよりも、ファクタリングのほうが良い選択肢でした。
・資金調達のためには、手軽で使いやすいサービスだと思いました。
・手数料以外にも、追加の費用が発生することがあるので注意が必要です。
・ファクタリングを利用すると、お客様に対しての信頼感が低下すると感じました。

ペイトナーファクタリングの口コミのまとめ

ファクタリングサービスは、中小企業や個人事業主にとって、資金繰りの強力な支援ツールとなり得ます。

ペイトナーファクタリングの実際の利用者の口コミを基に、そのサービスの特徴と利用者の体験を深堀りします。

手頃な手数料と高いコストパフォーマンス

多くの利用者は、ペイトナーファクタリングの手数料が手頃であることを評価しています。

コストパフォーマンスの高さは、特に資金繰りに敏感な中小企業や個人事業主にとって、大きな魅力となります。

迅速な審査と承認プロセス

「迅速な審査と承認」は、ペイトナーファクタリングの利用者から特に高い評価を受けています。

急速な資金調達が可能であるため、緊急の資金ニーズに対応できることが大きな利点です。

請求書の高い割引率と迅速な現金化

請求書の高い割引率を通じて、利用者は迅速に現金を得ることができます。

これは、資金流動性を高め、ビジネスの機会を逃さないために重要な要素です。

顧客サービスの質の高さ

顧客サービスの質も、ペイトナーファクタリングの評価を高める一因となっています。

問題が生じた際の迅速な対応は、利用者にとって大きな安心材料となります。

利用の手軽さとスムーズなプロセス

手続きの手軽さとプロセスのスムーズさは、ペイトナーファクタリングのもう一つの強みです。

利用者は、最初の申し込みから返済まで、ストレスなくサービスを利用できると報告しています。

ファクタリングと融資の比較

多くの利用者は、従来の融資よりもファクタリングの方が優れた選択肢であると感じています。

特に、手軽さと迅速さが評価されています。

注意点:追加費用と信頼性への影響

一方で、注意が必要な点もあります。

手数料以外に追加の費用が発生する可能性や、ファクタリングの利用が顧客に与える印象について、一部の利用者は懸念を示しています。

ペイトナーファクタリングの口コミを総合すると、その手頃な手数料、迅速な審査と承認プロセス、高い割引率と迅速な現金化、優れた顧客サービス、そして手軽さとスムーズなプロセスが高く評価されています。

しかし、追加費用の発生や顧客への印象といった点については、慎重な検討が求められます。

これらの情報は、資金調達を検討している中小企業経営者や個人事業主にとって、重要な判断材料となるでしょう。

利用者の声

ペイトナーファクタリングの利用者の声を公式サイトより引用してご紹介します。

ペイトナーのおかげで大きい仕事も取れる
土木・建築業・3年
独立して3年目です。
会社員だったときに比べて自由に時間が作れたり、金銭面でも安定してきています。
しかし、工事が遅れて資金繰りが一気に厳しくなったり、目当ての材料を高くて諦めてしまったりといった悩みも少なくありません。
建築業界にとってファクタリングは一般的な資金調達方法です。
そんな中でもペイトナーは最低限の書類と最短60分で請求書を資金化できるので重宝してます。
取引先への連絡もなく、助かっている。
軽貨物ドライバー・4年
折り込みチラシの配送をやっているが、ガソリンなどの建て替えで先にお金がたくさん出て行く。
ファクタリングは初めて利用するため、取引先に使っていることが伝わらないか心配だったが、問題なかった。
直近6ヶ月で4回利用させていただいている。
少額から活用できることがありがたい。
レスポンスの速さが安心につながりました。
広告デザイナー・7年
コロナ禍での打撃で色んな融資を受けて、最終的には以前から言葉だけは耳にしていたファクタリングの利用に至りました。
フリーランスになって7年経ちますが、同業者の友人とは資金繰りに関する相談はあまりしないので自分で調べて辿り着きました。
初めは不安な部分もありましたが、ペイトナーは一連の流れが明快で簡潔していて、問い合わせの返事も早かったので信頼できました。

ペイトナーファクタリングの利用者の声のまとめ

ペイトナーファクタリングの利用者からの声は、そのサービスが多様な業界でどのように価値を提供しているかを明確に示しています。

以下は、利用者の経験に基づくペイトナーファクタリングの主な特徴の概要です。

迅速な資金調達の実現

土木・建築業の経営者は、ペイトナーファクタリングを利用することで、資金繰りの問題を迅速に解決しています。

最短60分での請求書の現金化は、特に資金が緊急に必要な場面で重宝されています。

信頼とプライバシーの保持

軽貨物ドライバーや広告デザイナーのような個人事業主も、ペイトナーファクタリングの利用において、取引先への影響を心配することなく、信頼とプライバシーを保持できると感じています。

特に、取引先にファクタリングの利用が知られることなく、スムーズに資金を調達できる点が評価されています。

手軽さと透明性

ペイトナーファクタリングは、手軽さとプロセスの透明性で高い評価を受けています。

初めての利用者でも、一連の流れが明快で、問い合わせへの返答が迅速であるため、安心してサービスを利用できるとの声が多く挙がっています。

これらの声は、ペイトナーファクタリングが中小企業や個人事業主にとって、迅速かつ信頼性の高い資金調達手段であることを示しています。

顧客のニーズに応じた柔軟なサービス提供により、幅広い業界の事業者にとって有用な選択肢となっています。

ペイトナーファクタリングの審査は?

ペイトナーファクタリングを利用する場合の審査についてまとめてご紹介します。

  1. 申し込み まずは、ペイトナーファクタリングの公式サイトからファクタリングサービスに申し込みます。
  2. 書類提出 必要書類を提出します。提出する書類は、請求書と本人確認書類、実態確認資料が必須です。
  3. 審査 提出された書類をもとに、ペイトナーファクタリングの審査部門が審査を行います。
    審査には、申し込み内容の確認や財務状況のチェック、過去の返済履歴の確認などが含まれます。
  4. 買取額の提示 審査の結果、買取が可能であると判断された場合、買取額が提示されます。
    買取額は、売掛金のうち、ファクタリングで買い取ってもらえる割合に応じて決定されます。
  5. 契約締結 買取額が決まった後、契約書を交わします。
  6. 振込 契約が締結された後、振込が行われます。
    振込金額は、売掛金の一部をペイトナーファクタリングが買い取ることで実現されます。

ペイトナーファクタリングの必要書類は何?

ペイトナーファクタリングを利用する際に、提出する必要がある必要書類をご紹介します。

請求書
請求金額・支払期日が確定していて今後、契約条件の変更の恐れがない請求書
※契約条件の変更の可能性があるものは対象外となっている
例えば、取引完了後の役務(納品物のやり直しや工事の追加受注など)が追加発生するような場合がある取引についての請求書は、利用ができない
申請日当日から支払い期日まで70日以内であること

本人確認書類
下記の書類の中からいずれか1点
運転免許証
マイナンバーカード
住基カード
パスポート(2020年以前に発行されているもの)

実態確認資料
サイトURL(SNS/HP/その他実績の分かるポートフォリオ等)
口座入出金履歴
自身の事業活動にて利用している口座の入出金履歴を3ヶ月程度

ペイトナーファクタリングは審査落ちすることがある?

中小企業経営者や個人事業主として、資金繰りの課題は避けて通れない道。

そんなとき、ペイトナーファクタリングを検討する方も多いのではないでしょうか。

しかし、心配されるのが「審査」の部分。

では、ペイトナーファクタリングでの審査に落ちるリスクはあるのでしょうか?

審査落ちの主な原因

ペイトナーファクタリングを利用しようと思った際、まず知っておきたいのが審査落ちの原因です。

具体的な原因としては以下のようなポイントが考えられます。

売掛先の信用力が低い

ペイトナーファクタリングは請求書を基に資金を調達するため、売掛先の信用力は非常に重要です。

信用力が低いと、回収のリスクが上がるため、審査に落ちる可能性が高まります。

利用者自身の信用力が低い

自身の信用情報に問題がある場合、ファクタリングサービスの利用が難しくなることがあります。

定期的に信用情報を確認し、必要があれば改善の取り組みをしておくとよいでしょう。

必要書類や情報に不備がある

申し込みの際に提出する書類や情報に不備があると、スムーズな審査が行えず落ちる可能性があります。

事前にしっかりと確認・準備をしておくことが大切です。

審査落ち後の対策とアドバイス

もし、ペイトナーファクタリングの審査に落ちてしまった場合でも、諦める必要はありません。

以下のような対策やアドバイスを参考に、再度の挑戦を考えてみてはいかがでしょうか。

信用力の向上

売掛先や自身の信用力を向上させる取り組みを始めることが求められます。

具体的な施策や改善策を模索することが大切です。

正確な書類・情報の提出

不備があった場合、次回は正確に書類や情報を提出することで審査が通りやすくなります。

他のファクタリングサービスの利用を検討

ペイトナーファクタリングだけでなく、他のファクタリングサービスも多く存在します。

条件やサービス内容を比較し、自社に合ったサービスを選択することも一つの方法です。

最後に、ファクタリングは資金繰りの一つの手段です。

審査に通らなかった場合でも、他の方法やサービスを検討し、最適な資金調達方法を見つけることが経営の鍵となります。

ペイトナーファクタリングの特徴

ペイトナーファクタリングの特徴をまとめてご紹介します。

手数料が手頃

ペイトナーファクタリングのファクタリングサービスの手数料は比較的手頃で、他社と比べても良心的と言えます。

迅速な承認プロセス

ペイトナーファクタリングは迅速な承認プロセスを備えており、融資を必要とする中小企業にとって、急な資金調達にも対応することができます。

高い割引率

ペイトナーファクタリングは、請求書の割引率が比較的高いため、現金化を希望する中小企業にとっては非常に有利です。

親切な顧客サービス

ペイトナーファクタリングは、顧客に対して親切で丁寧なサービスを提供し、利用中に生じる問題に対して迅速に対応することができます。

最低限の資格要件

ペイトナーファクタリングは、最低限の資格要件を設けており、利用資格を満たした企業にのみサービスを提供しています。

返済プランの柔軟性

ペイトナーファクタリングは、返済プランに柔軟性があるため、中小企業が自身の経営計画に合わせて返済することができます。

以上が、ペイトナーファクタリングのファクタリングサービスの特徴です。

企業が未払い請求書を資金調達の手段として利用したい場合に、ペイトナーファクタリングのサービスが適している可能性があります。

ペイトナーファクタリングのよくある質問!

ペイトナーファクタリングのよくある質問を、公式サイトから引用してまとめてご紹介します。

Qどうやってサービスを開始できますか?
Aアカウント登録完了後、サービスの案内に沿って申請を進めていただけます。
Qどんな請求書が利用できますか?
A普段の事業活動にて、取引先に提出されている請求書であればご利用可能となっております。手書き可
Q審査はいつ完了しますか?
A営業時間内に審査が開始された場合は、最短10分で完了します。
10分以内に完了しない場合でも、遅くとも当日中に審査&振込が完了いたします。
Q必要書類はなんですか?
Aご利用にあたり請求書と本人確認書類が必要となっております。(本人確認書類は初回のみ)
必要に応じて、実態確認資料をいただいております。
Q個人間での取引に「ペイトナー ファクタリング(旧yup 先払い)」は 利用できますか?
Aはい、利用可能となっております。

ペイトナーファクタリングの会社概要

ペイトナーファクタリングの会社概要をまとめてご紹介します。

会社名 ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)
住所 〒107-6003
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
代表取締役社長 阪井 優
設立 2019年2月
事業内容 BtoB決済サービスの提供、
与信モデルの企画・開発・運営
資本金 4億7,886万1,985円(資本準備金含む)
取引先金融機関 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、静岡銀行
住信SBIネット銀行、セブン銀行 GMOあおぞらネット銀行、楽天銀行

ファクタリングと併せて利用すると、資金繰りがぐっと楽になる方法をご提案します。

資金繰りの心配を安心に変える「支払い.COM」サービス概要

✅請求書をクレジットカードで即決済、支払いは最大60日後まで延期可能。

✅無料登録で資金繰りの悩みから解放、いつでも利用可能。

✅指定日に代行振込。振込名義も自由に設定可能で、プライバシー保護


無料登録はこちら >

カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細
カードで請求書の支払いを決済。
支払い.comサービスの詳細